関連トピック
×
We couldn’t sign you in
Select the account you want to use.

リリース日:

2022/03/22

バージョン:

OS ビルド 19042.1620、19043.1620、19044.1620

3/15/22
重要なWindows 10、バージョン 20H2 は、Home、Pro、Pro Education、および Pro for Workstations エディションを実行しているデバイスのサービスが 2022 年 5 月 10 日に終了する予定です。 2022 年 5 月 10 日以降、これらのデバイスは、最新のセキュリティ脅威からの保護を含む毎月のセキュリティと品質更新プログラムを受け取らなくなります。 セキュリティと品質の更新プログラムを引き続き受け取るには、最新バージョンのWindows 10またはWindows 11に更新することをお勧めします。

Enterprise、IoT Enterprise、Windows on Surface Hub、Windows Server バージョン 20H2 のエディションに引き続きサービスを提供します。

01/11/22
REMINDER Windows 10バージョン 2004 は、2021 年 12 月 14 日にサービスの終了に達しました。 セキュリティと品質の更新プログラムを引き続き受け取るには、最新バージョンのWindows 10に更新することをお勧めします。

新しいバージョンのWindows 10に更新するには、適切な Enablement パッケージ KB (EKB) を使用することをお勧めします。 EKB を使用すると、更新が迅速かつ簡単になり、1 回の再起動が必要になります。 特定の OS の EKB を見つけるには、[ 機能強化] セクションに移動し、OS 名をクリックまたはタップして折りたたみ可能なセクションを展開します。

2020/11/17

Windows update の用語については、Windows update の種類毎月の品質更新プログラムの種類についての記事をご覧ください。 Windows 10バージョン 20H2 の概要については、更新履歴ページを参照してください。 

新しいコンテンツが Windows リリース正常性ダッシュボードに公開される時期を確認するには、@WindowsUpdate をフォローしてください。

 ハイライト

  • 新機能! 検索のハイライトの概要

    検索のハイライトでは、休日、記念日、その他の教育的な時間など、世界中と地域の両方で、毎日の特別な点の注目すべき興味深い瞬間が表示されます。 一目で詳細を表示するには、検索ボックスの図をポイント、クリック、またはタップします。 

    エンタープライズのお客様の場合、検索のハイライトには組織の最新の更新プログラムが表示され、ユーザー、ファイルなどが提案されます。 

    検索の強調表示は、今後数週間にわたってWindows 10顧客に展開されます。 段階的かつ測定的なアプローチを取っています。 広範な可用性は、今後数か月で発生します。 詳細については、「グループ構成: Windows での検索の強調表示」を参照してください。

    Enterprise

    個人のお客様

    代替テキスト

    代替テキスト

  • 更新、Android デバイス ユーザーが Microsoft Outlook や Microsoft Teams などの一部の Microsoft アプリケーションにサインインできないという問題が発生します。

  • 更新、サインインした資格情報ウィンドウの [戻る] ボタンがハイ コントラストの黒モードで非表示になる原因となる問題です。

改善点

注: 対応済みの課題の一覧を表示するには、OS 名をクリックまたはタップして折りたたみ可能なセクションを展開します。

重要: EKB KB5003791 を使用して、Windows 10 バージョン 21H2 に更新します。

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主な変更は、次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10 バージョン 20H2 のすべての機能強化が含まれています。

  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。 

重要: EKB KB5000736 を使用して、Windows 10 バージョン 21H1 に更新します。

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主な変更は、次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10 バージョン 20H2 のすべての機能強化が含まれています。

  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

重要: EKB KB4562830 を使用して、Windows 10 バージョン 20H2 に更新します。

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主な変更は、次のとおりです。

  • 新機能! 検索のハイライトの概要

    検索のハイライトでは、休日、記念日、その他の教育的な時間など、世界中と地域の両方で、毎日の特別な点の注目すべき興味深い瞬間が表示されます。 一目で詳細を表示するには、検索ボックスの図をポイント、クリック、またはタップします。

    エンタープライズのお客様の場合、検索のハイライトには、組織の最新の更新プログラムも含まれており、ユーザー、ファイルなどを提案します。

    検索の強調表示は、今後数週間にわたってWindows 10顧客に展開されます。 段階的かつ測定的なアプローチを取っています。 広範な可用性は、今後数か月で発生します。 詳細については、「グループ構成: Windows での検索の強調表示」を参照してください。

  • 新機能! OS で Windows 通知を使用して通知を送信するアプリの成功と重要なシナリオをより簡単に識別するために、トースト ボタンの色を変更する機能を提供します。 この機能により、通知が視覚的にコンパクトになります。

  • 新機能! OS の Windows 通知を使用して通知を送信するアプリのアクション センターで、既定でアプリの上位 3 つの通知を展開する新しいポリシーを追加します。 この機能では、同時に操作できる複数の通知が表示されます。

  • searchindexer の原因となる問題に対処します。exe を使用して、リモート デスクトップセットアップ環境でのマウント解除操作中に応答を停止します。

  • searchindexer に影響する問題に対処します。exe を使用すると、Microsoft Outlook のオフライン検索で最近のメールが返されなくなります。

  • 各国語サポート (NLS) バージョンを 6.3 から 6.2 に変更すると、Windows が非アクティブになる可能性がある問題に対処します。

  • 最新のブラウザーが gpresult/h によって生成された HTML を正しくレンダリングできない問題に対処します。

  • AppLocker の PowerShell テスト中にファイルの "アクセス拒否" 例外が発生する問題に対処します。

  • グループ ポリシー サービスがグループ ポリシーレジストリ環境設定のテレメトリ情報の処理を停止する可能性がある問題に対処します。

  • 完全修飾ドメイン名 (FQDN) とサブネットの条件を指定すると、DNS Server クエリ解決ポリシーが期待どおりに機能しなくなる可能性がある問題に対処します。

  • ドメイン コントローラーのパフォーマンスを低下させる PacRequestorEnforcement のヒープ リークに対処します。

  • キー配布センター (KDC) プロキシに影響する問題に対処します。 KDC プロキシは、Key Trust Windows Hello for Businessにサインインするための Kerberos チケットを適切に取得できません。

  • Azure Active Directory (AAD) Web アカウント マネージャー (WAM) での Microsoft アカウント (MSA) パススルー シナリオのサポートを追加します。

  • フェールオーバー クラスター名オブジェクト (CNO) または仮想コンピューター オブジェクト (VCO) のパスワード変更など、特定のパスワード変更シナリオでイベント ID 37 を記録する問題に対処します。

  • Silent BitLocker 有効化ポリシーを使用するときに、信頼済みプラットフォーム モジュール (TPM) 保護機能を意図せずに追加する可能性がある問題に対処します。

  • 管理者特権を要求しているアプリケーションがユーザー アカウント制御 (UAC) ダイアログに正しく表示されない問題に対処します。

  • ドメイン間でコンピューター アカウントを移動すると 、Move-ADObject コマンドが失敗する問題に対処します。 エラー メッセージは、「1 つの値しか持つことができない属性に対して複数の値が指定されました」です。

  • イベント 4739 がポリシー変更後に特定の属性の新しい値を表示できない問題に対処します。

  • Android デバイス ユーザーが Microsoft Outlook や Microsoft Teams などの一部の Microsoft アプリケーションにサインインできない問題に対処します。 この問題は、トークンの署名と証明書の暗号化解除、ユーザーのパスワードのリセット、または管理者が更新トークンを取り消した後に発生します。

  • 不整合な DNS ホスト名を使用する環境でドメイン参加が失敗する可能性がある問題に対処します。

  • サインインする資格情報ウィンドウの [戻る ] ボタンがハイ コントラストの黒モードで表示されない問題に対処します。

  • SMB セキュリティ強化が有効になっている場合に、IP アドレスを使用してサーバー メッセージ ブロック (SMB) 共有にアクセスできない問題に対処します。

  • SMB のベスト プラクティス アナライザー (BPA) の値が最新のプラットフォームで更新されていない場合に発生する問題に対処します。

  • SMB サーバー (srv2.sys) の停止エラー 0x1Eの原因となる問題に対処します。

  • クラスターを作成するときに NetBIOS ドメイン名と DNS Active Directory ドメイン名が一致しない原因となる問題に対処します。

  • テキスト ファイルを PDF に変換するときに、ネットワーク ファイル システム (NFS) リダイレクターが動作を停止する (エラー 0x50) 問題に対処します。

  • 一部のデバイスが Bluetooth デバイスとペアリングされている場合に、一部のデバイスでブルー スクリーンでエラー メッセージが表示される可能性がある既知の問題に対処します。 この問題は、Bluetooth A2dp プロファイルに影響を与える特定の 構成サービス プロバイダー (CSP) ポリシーが設定されている場合に発生します。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows 10 サービス スタック更新プログラム - 19042.1613、19043.1613、19044.1613

この更新プログラムは、Windows の更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質を向上します。 サービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることで、堅牢で信頼性の高いサービス スタックを利用し、デバイスで Microsoft の更新プログラムを受信し、インストールできるようになります。

この更新プログラムに関する既知の問題

現象

回避策

カスタム オフライン メディアまたはカスタム ISO イメージから作成された Windows インストールを使用するデバイスは、この更新プログラムによって削除Microsoft Edge 従来版が、新しい Microsoft Edge に自動的に置き換えられるわけではありません。 この問題は、2021 年 3 月 29 日以降にリリースされたスタンドアロン サービス スタック更新プログラム (SSU) を最初にインストールせずに、この更新プログラムをイメージに滑り込むことによってカスタム オフライン メディアまたは ISO イメージが作成された場合にのみ発生します。

更新プログラムを受信するためにWindows Updateに直接接続するデバイスは影響を受けられません。 これには、Windows Update for Business を使用するデバイスも含まれます。 Windows Updateに接続するすべてのデバイスは、追加の手順なしで、常に SSU と最新の累積的な更新プログラム (LCU) の最新バージョンを受け取る必要があります。

この問題を回避するには、LCU をスリップストリームする前に、2021 年 3 月 29 日以降にリリースされた SSU をカスタム オフライン メディアまたは ISO イメージにまずスリップストリームしてください。 Windows 10, バージョン 20H2 および Windows 10, バージョン 2004 で今使用される SSU パッケージと LCU パッケージを組み合わせてこれを行うには、組み合わせたパッケージから SSU を抽出する必要があります。 次の手順で、SSU を抽出します。

  1. 以下のコマンド ライン (KB5000842 のパッケージを例として使用) を使用して、msu から cab を抽出します: expand Windows10.0-KB5000842-x64.msu /f:Windows10.0-KB5000842-x64.cab <コピー先のパス>

  2. 次のコマンド ラインを使用して、以前に抽出した cab から SSU を抽出します: expand Windows10.0-KB5000842-x64.cab /f:* <コピー先のパス>

  3. 次に、この例では、SSU-19041.903-x64.cab という名前の SSU cab を得られます。 このファイルを最初にオフライン イメージ、次に LCU にスリップストリームします。

影響を受けるカスタム メディアを使用して OS をインストールしてこの問題が既に発生している場合は、新しい Microsoft Edge を直接インストールすることで、この問題の発生を軽減できます。 ビジネス向けに新しい Microsoft Edge を幅広く展開するする必要がある場合には、「ビジネス向けに Microsoft Edge をダウンロードして展開する」をご覧ください。

2021 年 6 月 21 日 (KB5003690) 更新プログラムをインストールした後、一部のデバイスでは、2021 年 7 月 6 日 (KB5004945) 以降の更新プログラムなどの新しい更新プログラムをインストールできません。 "PSFX_E_MATCHING_BINARY_MISSING" というエラー メッセージが表示されます。

詳細と回避策については、KB5005322 を参照してください。

影響を受けるバージョンの Windows に 2022 年 1 月 11 日以降にリリースされた Windows 更新プログラムをインストールした後、コントロール パネルでバックアップと復元 (Windows 7) アプリを使用して作成された回復ディスク (CD または DVD) が起動できない場合があります。

2022 年 1 月 11 日より前にリリースされた Windows 更新プログラムがインストールされているデバイス上のバックアップと復元 (Windows 7) アプリを使用して作成された回復ディスクは、この問題の影響を受けず、想定どおりに起動します。

注意現在、この問題の影響を受けることがわかっているサード パーティのバックアップ アプリまたは回復アプリはありません

この問題は KB5014023 で解決されています。

この更新プログラムをインストールしたら、一部のアプリでコンテンツが正しくレンダリングされなかったり、アプリのウィンドウの外側に表示されたりする場合があります。 影響を受けるアプリは、ローカルで生成されたコンテンツやインターネットからダウンロードされたコンテンツをレンダリングするために WebView2 を使用しています。

この問題は、既知の問題のロールバック (KIR) を使用して対処されます。 KIR がコンシューマー デバイスおよび非管理対象のビジネス デバイスに自動的に適用されるには、最大で 24 時間かかる場合があります。 Windows デバイスを再起動すると、KIR がデバイスに適用される時間を短縮できる可能性があります。 影響を受ける更新プログラムをインストールし、この問題が発生したエンタープライズ管理デバイスの場合は、以下に記載の特別なグループ ポリシーをインストールして構成することで対処できます。

重要 お使いのバージョンの Windows に対して正しいグループ ポリシーを使用していることを確認します。

次のグループ ポリシー名を持つグループ ポリシーをダウンロードします。

重要 この問題に対処するには、お使いの Windows に固有のグループ ポリシーをインストールして構成する必要があります。

特別なグループ ポリシーを構成するには、次の手順に従います。

  1. KIR グループ ポリシーがインストールされていない場合、上記のリンクからインストールします。

  2. [グループ ポリシー エディター] を開き、ドメイン コントローラーで [ローカル コンピューター ポリシー] または [ドメイン ポリシー] に移動します。次に、[管理用テンプレート] -> <上記の名前> に移動し、このグループ ポリシーを使用する Windows のバージョンを選択します。 

    メモ 使用しているサーバーのバージョンと同じ更新プログラムを使用する Windows 10 バージョンを選択する必要がある場合があります。 たとえば、Windows Server 2019 を使用している場合は、Windows 10 バージョン 1809 を選択する必要があるかもしれません。

  3. [無効] に設定します。

  4. ドメイン コントローラーでこれを設定する場合は、グループ ポリシーが Active Directory と SYSVOL でグループ ポリシーの変更をレプリケートするのを待つ必要があります。

  5. ローカルまたはドメイン ポリシーで KIR GP を適用するデバイスは、グループ ポリシーの更新をバックグラウンドまたは手動で適用する必要があります。

  6. 影響を受けるデバイスを再起動します。

    注 このグループ ポリシーをインストールした後、ドメイン コントローラーを再起動する必要はありません。

  7. 影響を受ける Windows 更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるデバイスでグループ ポリシーを更新できるようにします。

これらの特別なグループ ポリシーのデプロイと構成について詳しくは、「グループ ポリシーを使用して既知の問題のロールバックを展開する方法」を参照してください。

切り取り & スケッチ アプリがスクリーンショットのキャプチャに失敗し、キーボード ショートカット (Windows キー + shift + S) を使用して開けなくなる可能性があるという報告を受け取っています。 この問題は、KB5010342 (2022 年 2 月 8 日) 以降の更新プログラムをインストールした後に発生します。

この問題は KB5014666 で扱われています。

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリは、Windows デバイスのリセットを受けたデバイスで開かない可能性があります。 これには、モバイル デバイス管理 (MDM) を使用して開始された操作 (この PC のリセット、プッシュ ボタンリセット、Autopilot Reset など) が含まれます。

Microsoft Store からダウンロードした UWP アプリは影響を受けません。 影響を受けるアプリのセットは限られています。以下が含まれます:

  • フレームワークの依存関係を持つアプリ パッケージ

  • ユーザー アカウントごとではなく、デバイスごとにプロビジョニングされたアプリ。

影響を受けるアプリは、エエラーメッセージや他の目に見える症状がなくても開けなくなります。 機能を復元するには、再インストールする必要があります。

この問題は、2021 年 6 月 21 日以降のすべてのリリースについて KB5015878で対処されています。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

Microsoft では、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) を最新の累積更新プログラム (LCU) と組み合わせて提供するようになりました。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラム」 と 「サービス スタック更新プログラム (SSU): よく寄せられる質問」 を参照してください。

前提条件:

Windows Server Update Services (WSUS) 展開の場合、または Microsoft Update Catalog からスタンドアロン パッケージをインストールする場合:

デバイスに 2021 年 5 月 11 日更新プログラム (KB5003173) 以降の LCU がない場合は、2021 年 8 月 10 日の特別なスタンドアロン SSU (KB5005260) をインストールする必要があります

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update または Microsoft Update

はい

[設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update] に移動します。 [利用可能なオプションの更新プログラム] 領域に、更新プログラムをダウンロードしてインストールするためのリンクがあります。

ビジネス向け更新プログラム

いいえ

ありません。 これらの変更は、このチャネルに対する次回のセキュリティ更新プログラムに含まれる予定です。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスします。

Windows Server Update Services (WSUS)

いいえ

この更新プログラムは WSUS に手動でインポートできます。 手順については、Microsoft Update カタログを参照してください。

LCU を削除したい場合

SSU と LCU の統合パッケージをインストールした後に LCU を削除するには、DISM/Remove-Package コマンド ライン オプションに LCU パッケージ名を引数として指定します。 パッケージ名を調べるには、次のコマンドを使用します。DISM /online /get-packages

複合パッケージの /uninstall スイッチを使用して Windows Update スタンドアロン インストーラー (wusa.exe) を実行しても、複合パッケージに SSU が含まれているため動作しません。 インストール後に SSU をシステムから削除することはできません。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラムの5011543のファイル情報をダウンロードします。  

サービス スタック更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、SSU - バージョン 19042.1613、19043.1613、19044.1613 のファイル情報をダウンロードします。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×