Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

対象製品:

Microsoft .NET Framework 4.8

リマインダー Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Embedded Standard 7、および Windows Embedded POS Ready 7 では、メインストリーム サポートが終了し、現在は拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) のサポートが提供されています。 Windows Thin PC では、メインストリーム サポートが終了しました。 ただし、ESU のサポートは利用できません。 

2020 年 7 月以降、このオペレーティング システム用のオプションの非セキュリティ リリース (別称 「C」リリース) はなくなります。 延長サポート期間中のオペレーティング システムには、累積的なマンスリー セキュリティ更新プログラム (別称「B」リリース - 火曜日の更新) のみ提供されます。

この更新プログラムの入手方法」セクションに記載されている必須の更新プログラムがインストールされていることを確認してから、この更新プログラムをインストールしてください。 

これらのオンプレミス バージョンのオペレーティング システム用の拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) を購入したお客様が 2020 年 1 月 14 日に延長サポートが終了した後もセキュリティ更新プログラムの受信を継続するには、KB4522133 に記載されている手順を実行する必要があります。 ESU およびサポートされているエディションの詳細については、KB4497181 を参照してください。

ESU は、提供される年 (2020、2021、および 2022) ごとに個別の SKU として利用でき、特定の 12 か月の期間にのみ購入できるため、2022 年にデバイスが引き続きセキュリティ更新プログラムを受け取るには、3 年目の ESU を個別に購入し、該当する各デバイスで新しいキーをアクティブ化する必要があります。

組織が 3 年目の ESU を購入していない場合は、3 年目の MAK キーをインストールしてアクティブ化し、更新プログラムを受け取る前に、該当する Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 SP1 デバイスの 1 年目、2 年目、3 年目の ESU を購入する必要があります。 ESU のインストール、アクティブ化、および展開の手順は、1 年目、2 年目、3 年目の対象範囲で同じです。 詳細については、ボリューム ライセンス プロセスについては「Obtaining Extended Security Updates for eligible Windows devices」を、CSP プロセスについては「Purchasing Windows 7 ESUs as a Cloud Solution Provider」を参照してください。 組み込みデバイスについては、相手先ブランド供給 (OEM) にお問い合わせください。

詳しくは、ESU のブログを参照してください。

リマインダー 2019 年 8 月以降、Windows Server 2008 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1、および Windows 7SP1 用の .NET Framework 4.6 以降の更新プログラムには、SHA-2 コード署名のサポートが必要です。 インストールの問題を回避するために、すべての最新の Windows の更新プログラムがインストールされていることを確認してから、この更新プログラムを適用してください。 SHA-2 コード署名サポートの更新プログラムの詳細については、KB 4474419 を参照してください。

概要

このセキュリティ更新プログラムは、System.Data.SqlClient および Microsoft.Data.SqlClient ライブラリに存在する脆弱性に対処します。この脆弱性では、高負荷時にタイムアウトが発生し、非同期で実行されたクエリまたはコマンドの結果として正しくないデータが返される可能性があります。 詳細については、CVE-2022-41064 を参照してください。

この更新プログラムの関連情報

以下の資料では製品バージョン別に、この更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。

  • 5020678 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用 .NET Framework 4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8 のセキュリティのみの更新プログラムについて (KB5020678)

この更新プログラムの既知の問題

マイクロソフトでは、この更新プログラムに関する問題については、現在のところ何も把握していません。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

この更新プログラムをインストールする前に

必要条件:

この更新プログラムを適用するには、.NET Framework 4.8 がインストールされている必要があります。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

使用可能

次の手順

Microsoft Update カタログ

あり

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトを参照してください。

Windows Server Update Services (WSUS)

あり

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期されます。

製品: Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1

            分類: セキュリティ更新プログラム

再起動の必要性

影響を受けるファイルが使用されている場合、この更新プログラムのインストール後にコンピューターを再起動する必要があります。 この更新プログラムを適用する前に、すべての .NET Framework ベースのアプリケーションを終了することをお勧めします。

更新プログラムの展開に関する情報

このセキュリティ更新プログラムの展開の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

20221108 セキュリティ更新プログラムの展開情報: 2022 年 11 月 8 日

更新プログラムのアンインストール情報

セキュリティ更新プログラムの削除はお勧めしません。 この更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] または [プログラムと機能] を使用します。

更新プログラムに伴う再起動に関する情報

更新対象のファイルがロックされたり使用されていない限り、この更新プログラムを適用した後にシステムを再起動する必要はありません。

ファイル情報

x86

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

System.Data.dll

4.8.4585.0

3,479,968

2022 年 10 月 20 日

07:10

x64

File name

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

System.Data.dll

4.8.4585.0

3,546,528

2022 年 10 月 20 日

05:07

System.Data.dll

4.8.4585.0

3,479,968

2022 年 10 月 20 日

07:10

必要条件

この更新プログラムを適用するには、.NET Framework 4.8 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

影響を受けるファイルが使用されている場合、この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。 この更新プログラムを適用する前に、すべての .NET Framework ベースのアプリケーションを終了することをお勧めします。

この更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×