目次
×

リリース日:

2022/06/23

バージョン:

OS ビルド 17763.3113

11/17/20
Windows Update の用語については、Windows 更新プログラムの種類と毎月の品質更新プログラムの種類 関する記事を参照してください。 Windows 10 Version 1809の概要については、更新履歴ページを参照してください。  

 ハイライト

  • Windows の動作が停止し、エラー コード 0x3Bが生成される問題に対処します。

  • ファイルのコピー速度が低下する問題に対処します。 

  • Wi-Fi ホットスポット機能を使用できない可能性がある既知の問題に対処します。 

改善点

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主な変更は、次のとおりです。  

  • 新機能! セキュリティ イベント 4262 および WinRM イベント 91 で、受信 Windows リモート管理 (WinRM) 接続の IP アドレス監査を追加します。 これは、リモート PowerShell 接続のソース IP アドレスとマシン名をログに記録できない問題に対処します。

  • 新機能! サーバー メッセージ ブロック (SMB) リダイレクター (RDR) 固有のパブリック ファイル システム制御 (FSCTL) コードをFSCTL_LMR_QUERY_INFO追加します。

  • ドメイン コントローラーがシステム イベント ログに Key Distribution Center (KDC) イベント 21 を誤って書き込む原因となる問題に対処します。 これは、KDC がキー信頼シナリオ (Windows Hello for Businessおよびデバイス認証) の自己署名証明書を使用して、初期認証用の Kerberos 公開キー暗号化 (PKINIT) 認証要求を正常に処理した場合に発生します。

  • Web ベースの分散作成およびバージョン管理 (WebDAV) 接続経由での暗号化ファイル システム (EFS) ファイルの使用を妨げる問題に対処します。

  • Windows の動作が停止し、エラー コード 0x3Bが生成される問題に対処します。

  • 外部信頼を使用した Microsoft NTLM 認証が失敗する原因となる問題に対処します。 この問題は、2022 年 1 月 11 日以降の Windows 更新プログラムを含むドメイン コントローラーが認証要求を処理し、ルート ドメインに存在せず、グローバル カタログ ロールを保持していない場合に発生します。 影響を受ける操作では、次のエラーが記録される可能性があります。

    • セキュリティ データベースが開始されていません。

    • セキュリティ操作を実行するためのドメインの状態が正しくありません。

    • 0xc00000dd (STATUS_INVALID_DOMAIN_STATE)。

  • クライアント側キャッシュ (CSC) クリーンアップ メソッドが作成されたリソースを削除できない場合に、プールが破損する原因となる問題に対処します。

  • サーバー マネージャーの特定のドロップダウン メニュー リストに Windows Server 2019 と Windows Server 2022 が表示されない問題に対処します。

  • キャッシュ マネージャー内の書き込みバッファーの計算が間違っているため、ファイルのコピーが遅くなる問題に対処します。

  • Windows 2019 Server にサインインするときに発生する可能性がある Appx 展開の遅延や黒い画面を減らすのに役立つ状態リポジトリ データベースへのアクセスを最適化します。

  • Wi-Fi ホットスポット機能を使用できない可能性がある既知の問題に対処します。 ホットスポット機能を使用しようとすると、クライアント デバイスが接続した後、ホスト デバイスがインターネットへの接続を失う可能性があります。

  • ルーティングとリモート アクセス サービス (RRAS) を使用する Windows サーバーがインターネット トラフィックを正しく送信できない既知の問題に対処します。 サーバーに接続するデバイスはインターネットに接続されず、クライアント デバイスがインターネットに接続した後、サーバーがインターネットへの接続を失う可能性があります。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows 10 サービス スタック更新プログラム - 17763.3100

この更新プログラムは、Windows の更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質を向上します。 サービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることで、堅牢で信頼性の高いサービス スタックを利用し、デバイスで Microsoft の更新プログラムを受信し、インストールできるようになります。 主な変更は、次のとおりです。  

  • Windows 更新プログラムをインストールした後に、プレインストールされたアプリが期待どおりに動作しなくなる問題に対処します。

この更新プログラムに関する既知の問題

現象

回避策

KB4493509 をインストールした後、一部のアジア言語パックがインストールされているデバイスで、"0x800f0982 - PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND" というエラーが表示される場合があります。

  1. 最近追加した言語パックをアンインストールして再インストールします。 手順については、「Windows 10での入力と表示の言語設定の管理」を参照してください。

  2. [更新の確認] を選択し、2019 年 4 月の累積的な更新プログラムをインストールします。 手順については、「Windows 10の更新」を参照してください。

言語パックを再インストールしても問題が軽減されない場合は、次のように PC をリセットします。

  1. [設定] アプリの [回復] >移動します

  2. [この PC 回復をリセットする] オプションで [開始] を選択します。

  3. [ ファイルを保持する] を選択します

Microsoft は解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

KB5001342以降をインストールした後、クラスター ネットワーク ドライバーが見つからないため、クラスター サービスの起動に失敗する可能性があります。

この問題は、このサービスで使用される PnP クラス ドライバーが更新されたために発生します。  約 20 分後にデバイスを再起動でき、この問題は発生しません。
この問題の特定のエラー、原因、および回避策の詳細については、KB5003571 を参照してください。

2022 年 6 月 14 日以降にリリースされた更新プログラムをインストールした後、暗号化された PSCredential プロパティを使用した PowerShell Desired State Configuration (DSC) は、ターゲット ノードの資格情報の暗号化解除時に失敗する可能性があります。 このエラーの結果、"Desired State Configuration リソースに指定されたパスワード<リソース名>無効です。 パスワードを null または空にすることはできません。

暗号化されていない PSCredential プロパティを使用する環境では、この問題は発生しません。

DSC は PowerShell の管理プラットフォームであり、管理者は構成をコードとして使用して IT および開発インフラストラクチャを管理できます。 この問題は、Windows のホーム ユーザーでは発生しない可能性があります。

この問題は KB5015811 で解決されています。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

Microsoft では、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) を最新の累積更新プログラム (LCU) と組み合わせて提供するようになりました。 SSU は、LCU のインストール中に潜在的な問題を軽減するために、更新プロセスの信頼性を向上させます。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラム」 と 「サービス スタック更新プログラム (SSU): よく寄せられる質問」 を参照してください。

前提条件:

LCU をインストールする前に、2021 年 8 月 10 日の SSU (KB5005112) をインストールする必要があります。 

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update または Microsoft Update

はい

[設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update] に移動します。 [利用可能なオプションの更新プログラム] 領域に、更新プログラムをダウンロードしてインストールするためのリンクがあります。

ビジネス向け更新プログラム

いいえ

ありません。 これらの変更は、このチャネルに対する次回のセキュリティ更新プログラムに含まれる予定です。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスします。

Windows Server Update Services (WSUS)

いいえ

この更新プログラムは WSUS に手動でインポートできます。 手順については、Microsoft Update カタログを参照してください。

LCU を削除したい場合

SSU と LCU の統合パッケージをインストールした後に LCU を削除するには、DISM/Remove-Package コマンド ライン オプションに LCU パッケージ名を引数として指定します。 パッケージ名を調べるには、次のコマンドを使用します。DISM /online /get-packages

複合パッケージの /uninstall スイッチを使用して Windows Update スタンドアロン インストーラー (wusa.exe) を実行しても、複合パッケージに SSU が含まれているため動作しません。 インストール後に SSU をシステムから削除することはできません。

ファイル情報 

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラムの5014669のファイル情報をダウンロードします

サービス スタック更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 SSU バージョン 17763.3100 のファイル情報をダウンロードします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×