メイン コンテンツへスキップ
サポート
Microsoft アカウントでサインイン
サインインまたはアカウントを作成してください。
こんにちは、
別のアカウントを選択してください。
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

リリース日:

2024/02/29

バージョン:

OS ビルド 19045.4123

2020/11/17

Windows 更新プログラムの用語については、Windows 更新プログラムの種類と毎月の品質更新プログラムの種類に関する記事を参照してください。  バージョン 22H2 Windows 10の概要については、その更新履歴ページを参照してください。    

新しいコンテンツが Windows リリース正常性ダッシュボードに公開される時期を確認するには、@WindowsUpdate をフォローしてください。 

 ハイライト

  • 新機能! Windows 共有を使用して、WhatsApp、Gmail、Facebook、LinkedIn などのアプリに URL を直接共有できるようになりました。 X (以前の Twitter) への共有は近日公開予定です。

  • この更新プログラムは、セカンダリ ドライブにインストールするゲームに影響します。 これで、ドライブにインストールされたままになります。

  • この更新プログラムは、Windows バックアップ アプリに影響します。 アプリがサポートされていないリージョンでは、ユーザー インターフェイスに表示されなくなります。 詳細については、「 KB5032038」を参照してください。

機能追加

重要: EKB KB5015684 を使用して、Windows 10 バージョン 22H2 に更新します。

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 この KB をインストールする場合:

  • この更新プログラムは、Azure Virtual Desktop セッションに影響する問題に対処します。 サインインすると遅延が発生します。

  • この更新プログラムは、Azure Virtual Desktop 仮想マシンに影響する問題に対処します。 ランダムに再起動します。 これは、 lsass.exeのアクセス違反が原因で発生します。

  • この更新プログラムは、Windows Hello for Businessに影響する問題に対処します。 これを使用して、特定のアプリでMicrosoft Entra IDする認証を行うことはできません。 これは、Web Access Management (WAM) を使用する場合に発生します。

  • この更新プログラムは、Microsoft Edge に影響する問題に対処します。 インターネット オプションデータ設定の UI が間違っています。

  • この更新プログラムは、日本語入力メソッド エディター (IME) に影響する問題に対処します。 カスタム デスクトップでは動作しません。

  • この更新プログラムは、リモート デスクトップ Web 認証に影響する問題に対処します。 ソブリン クラウド エンドポイントに接続できない場合があります。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows 10 サービス スタック更新プログラム - 19045.4106

この更新プログラムは、Windows の更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質を向上します。 サービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることで、堅牢で信頼性の高いサービス スタックを利用し、デバイスで Microsoft の更新プログラムを受信し、インストールできるようになります。

現象

回避策

複数のモニターを使用している Windows デバイスでは、Windows (プレビュー版) で Copilot を使用しようとすると、デスクトップ アイコンがモニター間で予期せず移動する問題や、その他のアイコンの配置の問題が発生する可能性があります。

ユーザーがこの問題に遭遇しないようにするために、Windows の Copilot (プレビュー版) は、マルチモニター構成で使用されているか現在使用されているデバイスでは利用できない場合があります。

現在、解決に向けて取り組んでおります。今後のリリースで更新プログラムを提供いたします。

Windows の Copilot (プレビュー段階) は、現在、タスク バーが画面の左右に垂直方向に配置されている場合はサポートされていません。

Windows で Copilot にアクセスするには、タスク バーが画面の上部または下部に水平方向に配置されていることを確認します。

現在、解決に向けて取り組んでおります。今後のリリースで更新プログラムを提供いたします。

KB5034203 (2024 年 1 月 23 日) 以降の更新プログラムをインストールした後、DHCP オプション 235 を使用してネットワーク内の Microsoft 接続キャッシュ (MCC) ノードを検出する Windows デバイスの一部はこれらのノードを使用できなくなります。 代わりに、これらの Windows デバイスはパブリック インターネットから更新プログラムとアプリをダウンロードするようになります。 IT 管理者は、インターネット ルートでのダウンロード トラフィックの増加も確認することになります。

Windows のホーム エディションを使用しているユーザーにこの問題が発生する可能性はありません。 MCC および DHCP オプション 235 は、通常エンタープライズ環境で使用されます。

オプション 1:Cache hostname (ホスト名のキャッシュ)」に示されているように、 Microsoft 接続キャッシュ エンドポイントは DOCacheHost ポリシーで構成します。 また、DOCacheHostSource は、「Cache hostname source (ホスト名のソースのキャッシュ)」に示されているように 1 に設定するか、または削除する必要があります。 既定では、DOCacheHost ポリシーおよび DOCacheHostSource ポリシーには値が設定されていません。

オプション 2: この問題は、サポート チャネルを介して利用可能なグループ ポリシーを使用して軽減できます。 組織は、「ビジネス向けサポート」でヘルプをリクエストすることができます。

現在、解決に向けて取り組んでおります。今後のリリースで更新プログラムを提供いたします。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

Microsoft では、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) を最新の累積更新プログラム (LCU) と組み合わせて提供するようになりました。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラム」 と 「サービス スタック更新プログラム (SSU): よく寄せられる質問」 を参照してください。

必要条件:

インストールでのシナリオに基づいて、次のいずれかを選択します。

  1. オフラインの OS での画像サービスの場合は、

    画像に 2022 年 3 月 22 日 (KB5011543) 以降の LCU がない場合は、この更新プログラムをインストールする前に 2022 年 5 月 10 日の特別なスタンドアロン SSU (KB5014032) をインストールする 必要があります

  2. Windows Server Update Services (WSUS) の展開の場合、または Microsoft Update カタログからスタンドアロン パッケージをインストールする場合は、 

    デバイスに 2021 年 5 月 11 日 (KB5003173) 以降の LCU がない場合は、この更新プログラムをインストールする前に 2021 年 8 月 10 日の特別なスタンドアロン SSU (KB5005260) をインストールする 必要があります

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

使用可能

次の手順

Windows Update または Microsoft Update

はい

[設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update] に移動します。 [利用可能なオプションの更新プログラム] 領域に、更新プログラムをダウンロードしてインストールするためのリンクがあります。

ビジネス向け更新プログラム

いいえ

ありません。 これらの変更は、このチャネルに対する次回のセキュリティ更新プログラムに含まれる予定です。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスします。

Windows Server Update Services (WSUS)

いいえ

この更新プログラムは WSUS に手動でインポートできます。 手順については、Microsoft Update カタログを参照してください。

LCU を削除したい場合

SSU と LCU の統合パッケージをインストールした後に LCU を削除するには、DISM/Remove-Package コマンド ライン オプションに LCU パッケージ名を引数として指定します。 パッケージ名を調べるには、次のコマンドを使用します。DISM /online /get-packages

複合パッケージの /uninstall スイッチを使用して Windows Update スタンドアロン インストーラー (wusa.exe) を実行しても、複合パッケージに SSU が含まれているため動作しません。 インストール後に SSU をシステムから削除することはできません。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラムの5034843のファイル情報をダウンロードします。  

サービス スタック更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、SSU バージョン 19045.4106 のファイル情報をダウンロードします。 

ヘルプを表示

その他のオプションが必要ですか?

サブスクリプションの特典の参照、トレーニング コースの閲覧、デバイスのセキュリティ保護方法などについて説明します。

コミュニティは、質問をしたり質問の答えを得たり、フィードバックを提供したり、豊富な知識を持つ専門家の意見を聞いたりするのに役立ちます。

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?
[送信] を押すと、Microsoft の製品とサービスの改善にフィードバックが使用されます。 IT 管理者はこのデータを収集できます。 プライバシーに関する声明。

フィードバックをいただき、ありがとうございます。

×