ADFS 2.0 では Windows での輻輳制御の設定値を推奨

現象

更新プログラムをインストールした後は、輻輳制御を構成できます。輻輳コントロールの既定値は、お客様の環境と一致可能性があります。

解決策

8000と64 minCongestionWindowSize要素には、 latencyThresholdInMSec要素を設定することをお勧めします。これを行うには、更新または Microsoft.IdentityServer.Servicehost.exe.config ファイルの< microsoft.identityServer.proxy > ] セクションの [次の要素を追加します。<congestionControl latencyThresholdInMSec="8000" minCongestionWindowSize="64" /> 輻輳制御の要素を構成する方法の詳細については、以下の KB 資料の輻輳回避アルゴリズム」を参照してください。

Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) の更新プログラム ロールアップ 1 の説明を 2.0

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×