はじめに

この資料では、 2019 年 12 月の日付の Azure ファイル同期エージェントの更新プログラムのロールアップ。 さらに、この資料には、更新プログラムのインストール手順が含まれています。

修正される改善と問題

Azure ファイル同期エージェントにアップグレードした後、次のいずれかのエラーで同期が失敗します。 バージョン 9.0:

  • 0x8e5e044e (JET_errWriteConflict)

  • 0x8e5e0450 (JET_errInvalidSesid)

  • 0x8e5e0442 (JET_errInstanceUnavailable)

メモAzure ファイル同期エージェントの更新プログラムのロールアップは累積されます。これ 更新プログラムには、 以前の累積的な更新プログラム。

この更新プログラムのロールアップの詳細

  • この更新プログラムは、Azure ファイル同期エージェントのバージョン 4.0.1.0 以降がインストールされている Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016 および Windows Server 2019 のインストールで使用できます。

  • この更新プログラムのロールアップのエージェントのバージョンは 9.1.0.0 です。

  • 更新プログラムのロールアップのインストール中にファイルが使用中の場合は、再起動が必要になることがあります。

Azure ファイル同期エージェントのこの更新プログラムのロールアップを取得してインストールする方法

Azure ファイル同期エージェントは次の手順を実行します。 マイクロソフトの更新プログラム、マイクロソフトの更新プログラム カタログ、およびマイクロソフトから入手できます。 ダウンロード センター。

注意事項

  • Azure ファイル同期エージェントが現在ない場合 サーバーにインストールされている場合は、Microsoft のエージェント インストール パッケージを使用します。 ダウンロード センター。Microsoft Update のエージェント インストール パッケージと Microsoft 更新プログラム カタログは、エージェントのアップグレードのみを目的としています。

  • 既存のエージェントのインストールを更新するには、 AfsUpdater.exe (エージェントのインストール ディレクトリにあります) またはダウンロードし、 マイクロソフトの更新プログラムまたはマイクロソフトの更新プログラムカタログから更新プログラムをインストールします。

マイクロソフト 更新

マイクロソフトの更新プログラムから入手してインストールするには、 Azure ファイル同期エージェントがインストールされているサーバーで、次の手順を実行します。

サーバー 2016 およびサーバー 2019

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定]をクリックします。

  2. [設定] の [更新とセキュリティ] をクリックします。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[チェック] をクリックします。 マイクロソフトの更新プログラムからの更新プログラムをオンラインで確認します。

  4. Azure ファイル同期エージェントの更新が次であることを確認します。 と表示され、[今すぐインストール] をクリックします。

サーバー 2012 R2

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[制御] をクリックします。 パネル.

  2. コントロール パネルで、[ウィンドウ] をダブルクリックします。 更新.

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[チェック] をクリックします。 更新用

  4. [重要な更新プログラムが利用可能です] をクリックします。

  5. Azure ファイル同期エージェントの更新が次であることを確認します。 をクリックし、[インストール] をクリックします。

マイクロソフト カタログの更新

手動でダウンロードするには、次の Web サイトに移動します。 マイクロソフトの更新プログラム カタログからこの更新プログラム:

Azure ファイル同期エージェント v9.1 更新プログラム: 2019 年 12 月 (KB4522360)

更新プログラム パッケージを手動でインストールするには、 管理者特権のコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

  • msiexec.exe /p パッケージ名.msp 再インストールモード=OMUS 再インストール=ストレージ同期エージェント、ストレージ同期エージェントのファイル名同期、ストレージ同期エージェントガード フィルタ、ストレージ同期エージェント更新プログラム /qb /l*v KB4522360.log

たとえば、Azure ファイル同期エージェントをインストールするには Server 2016 の更新プログラムは、次のコマンドを実行します。

  • msiexec.exe /p StorageSyncAgent_WS2016_KB4522360.msp 再インストール モード =OMUS 再インストール=ストレージ同期エージェント、ストレージ同期エージェント Azure ファイル同期、ストレージ同期エージェント ガード フィルター、ストレージ同期エージェント更新プログラム /qb /l*v KB4522360.log

マイクロソフト ダウンロード センター

マイクロソフト ダウンロード センターに移動します。 新しいエージェントのエージェント インストール パッケージを手動でダウンロードするには インストール。

サイレントを実行する方法 新しいエージェントのインストールのインストール

新しいエージェントのサイレント インストールを実行するには 既定の設定を使用するインストールでは、次のコマンドを次のコマンドで実行します。 管理者特権のコマンド プロンプト:

  • msiexec /i パッケージ名.msi /qb /l*v AFSv9 インストーラ.ログ

たとえば、Azure ファイル同期エージェントをインストールするには Windows Server 2016 の場合は、次のコマンドを実行します。

  • msiexec /i StorageSyncAgent_WS2016.msi /qb /l*v AFSv9 インストーラ.log

注意事項

  • /qb スイッチを使用して再起動を表示する プロンプト (必要な場合)、エージェントの更新、およびサーバー登録画面。宛先 画面を抑制し、必要に応じてサーバーを自動的に再起動し、 /qn スイッチを指定します。

  • カスタムを使用してサイレント インストールを実行するには KB4459986に記載されている手順に従います。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×