Azure ファイル同期エージェントの更新プログラムロールアップ–2020年5月

はじめに

この記事では、で修正される問題について説明します。 Azure ファイル同期エージェントの更新プログラムロールアップは2020年5月に公開されます。 かつ この記事には、更新プログラムのインストール手順が記載されています。

修正された改善と問題

  • 容量 Azure ファイルをインストールした後、同期エージェント (Filesat Csvc) が頻繁にクラッシュする V10 エージェントを同期します。

この更新プログラムのロールアップに関する詳細情報

  • これ windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、Windows の更新プログラムが利用可能 サーバー2019のインストール。

  • Microsoft アップグレードには、ファイル同期エージェントのバージョン4.0.1.0 またはそれ以降のバージョンが必要です 既存のエージェントのインストール。

  • 再起動は 既存の Azure ファイル同期エージェントを使用しているサーバーの場合に必要 設置.

  • エージェントのバージョン 更新プログラムのロールアップは10.0.2.0 です。

Azure File Sync Agent の更新プログラムロールアップを取得してインストールする方法

Azure ファイル同期エージェントは Microsoft Update、Microsoft Update カタログ、Microsoft から入手可能 ダウンロードセンター。

注意事項

  • Azure ファイル同期エージェントが現在の場合 サーバーにインストールされている場合は、Microsoft のエージェントインストールパッケージを使用します。 ダウンロードセンター。 Microsoft Update とのエージェントインストールパッケージ Microsoft Update カタログは、エージェントのアップグレードのみを対象としています。

  • 既存のエージェントのインストールを更新するには、 (エージェントのインストールディレクトリにある) またはダウンロードと Microsoft Update または Microsoft Update カタログから更新プログラムをインストールします。

Publisher 更新

Microsoft Update をダウンロードしてインストールするには、 Azure ファイル同期エージェントがインストールされているサーバー上で、次の手順を実行します。

サーバー2016とサーバー2019

  1. [ スタート] をクリックし、[設定] をクリックします。

  2. [設定] で、[ & のセキュリティの更新] をクリックします。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[チェック] をクリックします。 オンラインで Microsoft Update から更新できます。

  4. Azure ファイル同期エージェントの更新プログラムがどのようになっているかを確認する 一覧表示されたら、[今すぐインストール] をクリックします。

Server 2012 R2

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール] をクリックします。 パネル

  2. コントロールパネルで、[ウィンドウ] をダブルクリックします。 更新します。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[チェック] をクリックします。 更新プログラムの場合

  4. [重要な更新プログラムを使用できます] をクリックします。

  5. Azure ファイル同期エージェントの更新プログラムがどのようになっているかを確認する 選択されている状態で、[インストール] をクリックします。

Publisher カタログの更新

[ Microsoft Update からこの更新プログラムを手動でダウンロードするには、次の web サイトをお持ちください インデックス

Microsoft ファイル同期エージェント v 10.0.2.0 update: 2020 年5月 (KB4522412)

手動で 更新パッケージをインストールし、昇格したコマンドから次のコマンドを実行します。 プロンプト

  • msiexec.exe/p packagenameREINSTALLMODE = omus 再インストール = StorageSyncAgent、StorageSyncAgentAzureFileSync、StorageSyncAgentGuardFilter、StorageSyncAgentUpdater /qb/l * v KB4522412.log

たとえば、 サーバー2016用の Azure ファイル同期エージェント更新プログラムをインストールして、次を実行します。 コマンド

  • msiexec.exe/p StorageSyncAgent_WS2016_KB4522412.msp REINSTALLMODE = OMUS 再インストール = StorageSyncAgent、StorageSyncAgentAzureFileSync、StorageSyncAgentGuardFilter、StorageSyncAgentUpdater /qb/l * v KB4522412.log

Publisher ダウンロードセンター

Microsoft ダウンロードセンターに移動する 新しいエージェントのエージェントインストールパッケージを手動でダウンロードするには cru.

サイレントモードで実行する方法 新しいエージェントインストールのインストール

新しいエージェントのサイレントインストールを実行するには 既定の設定を使用するインストールの場合は、次のコマンドを実行します。 管理者特権のコマンドプロンプト:

  • msiexec/i packagename/qb /l * v AFSv10Installation

たとえば、Azure ファイル同期エージェントをインストールするには Windows Server 2016 の場合は、次のコマンドを実行します。

  • msiexec/i StorageSyncAgent_WS2016 .msi/qb/l * v AFSv10Installation

注意事項

  • 使用するもの /qb スイッチを表示して再起動のプロンプトを表示する (必要な場合)、エージェントの更新、サーバー 登録画面。 画面を非表示にして自動的に再起動するには サーバー (必要な場合) には、/qn スイッチを使用します。

  • 実行する操作 サイレントインストールのカスタム設定では、 KB4459986に記載されている手順に従ってください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×