Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

この記事では、2022 年 9 月にリリースされた Azure File Sync Agent v15.1 リリースで修正された機能強化と問題について説明します。 さらに、この記事では、このリリースのインストール手順について説明します。

修正された機能強化と問題

クラウド階層化を使用するときにディスク領域が不足するのを防ぐためのディスク領域の不足モード

ディスク領域の不足モードは、空き領域が少ないボリュームをより効果的に処理するように設計されています。 クラウド階層化が有効になっているサーバー エンドポイントで、ボリューム上の空き領域がしきい値を下回った場合、Azure File Syncはボリュームを低ディスク領域モードと見なします。  

このモードでは、Azure File Syncはボリューム上の領域を解放するために 2 つのことを行います。 

  • ファイルは、より積極的に Azure ファイル共有に階層化されます。

  • ユーザーがアクセスした階層化されたファイルは、ディスクに保持されません。

詳細については、クラウド階層化の概要に関するドキュメントの 「ディスク領域の不足モード 」セクションを参照してください。

v15.0 エージェントのインストール後に CPU 使用率が高くなるクラウド階層化の問題を修正しました

その他の信頼性とテレメトリの向上

Azure File Sync エージェント v15.1 リリースの詳細

  • このリリースは、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、Windows Server 2019、および Windows Server 2022 のインストールで使用できます。

  • このリリースのエージェント バージョンは 15.1.0.0 です。

Azure File Sync エージェントを取得してインストールする方法 

クラウド階層化のバグにより、Azure File Sync エージェント v15.1 リリースは使用できなくなりました。

v15.1 がサーバーにインストールされていて、クラウドの階層化が有効になっている場合、次のいずれかの問題が発生する可能性があります。

  • v15.1 にアップグレードした後のメモリ使用量が多くなります

  • ストレージ同期エージェント (FileSyncSvc) サービスが断続的にクラッシュする

  • エラー ERROR_INVALID_HANDLEでファイルを呼び戻すことができませんでした (0x00000006)

v15.1 がインストールされているサーバーでこれらの問題のいずれかが発生している場合は、サポート ケースを開き、サポート チームが問題を解決する手順を説明します。

この問題は、Azure File Sync エージェント v15.2 リリース (Azure File Sync Agent v15.2 リリース – 2022 年 11 月) で修正されました。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×