Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

概要

  • トンネルが別の GW VM に移動され、VGW が削除された場合に、仮想サブネットがクリーンアップされない問題を修正しました。

  • 登録と内部シークレットのローテーションが失敗する可能性がある問題を修正しました。

以前の修正プログラム リリースからロールアップされた修正プログラム

  • クラッシュ ダンプ設定にメモリ固有の設定を追加しました。

  • TableServer の ESENT エラー 59 イベントによってトリガーされた、修復された SMB ハンドル無効化の問題。

  • 後続の更新プログラムのダウンロードの信頼性に影響する問題を修正しました。

  • 予期しないエラーが発生した後の NuGet パッケージのインストールの信頼性が向上しました。

  • ユーザーが RG 書き込みアクセス許可のみを持っている場合に、サブスクリプションドロップダウンの検証が失敗する問題を修正しました。

  • 大きなアイテムをダウンロードするときに BLOB ダウンロード ページに問題がある問題を修正しました。

  • 削除されたストレージ アカウントの保有期間の構成が元に戻る問題を修正しました。

  • ネットワーク コントローラーの安定性が向上しました。

  • 診断を支援するために、ネットワーク コントローラーのログリテンション期間が増加しました。

  • 証明書検証エラーが原因でマーケットプレースのダウンロードが失敗する可能性がある問題を修正しました。

  • 内部シークレット ローテーションにデプロイ プロバイダー ID 証明書を含めます。

  • ストレージ管理操作の信頼性を向上させるために、呼び出しの応答性を維持するために Windows ストレージ WMI を修正しました。

  • 物理ホストの TPM ステータス モニターを追加しました。

  • ポータルへのアクセスに影響を与えるデータベース アクセスに関する潜在的な問題を軽減するために、SQL VM を再起動しました。

  • ストレージ BLOB とテーブル サービスの信頼性が向上しました。

  • UI を使用した STANDARD_DS2_V2 SKU での VMSS の作成が常に失敗する問題を修正しました。

  • 構成更新プログラムの機能強化。

  • ディスク操作の信頼性を向上させるために、DiskRP の KVS 列挙子リークを修正しました。

  • ホストクラッシュ ダンプを生成し、ハングの NMI クラッシュをトリガーする機能を再度有効にします。

  • CVE-2020-1350 で説明されている DNS サーバーの脆弱性に対処しました。

  • クラスターの不安定性に対処した変更。

  • JEA エンドポイント作成の信頼性が向上しました。

  • バッチ サイズが 20 以上の同時実行 VM 作成のブロックを解除するバグを修正しました。

  • ポータルの信頼性と安定性が向上し、ダウンタイムが発生した場合にホスティング サービスを再起動するための監視機能が追加されました。

  • 更新中に一部のアラートが一時停止されなかった問題に対処しました。

  • DSC リソースのエラーに関する診断が改善されました。

  • ベア メタル展開スクリプトで予期しないエラーによって生成されるエラー メッセージが改善されました。

  • 物理ノード修復操作中の回復性を追加しました。

  • HRP SF アプリが異常になる場合があるコードの欠陥を修正しました。 また、更新中にアラートが中断されるのを防ぐコードの欠陥も修正されました。

  • ターゲット パスが予期せず存在しない場合に、イメージ作成コードに回復性を追加しました。

  • ERCS VM 用のディスク クリーンアップ インターフェイスを追加し、それらの VM に新しいコンテンツをインストールする前に確実に実行されるようにしました。

  • 自動修復パスでの Service Fabric ノード修復のクォーラム チェックが改善されました。

  • クラスター ノードをオンラインに戻すことに関するロジックが改善されました。まれに外部の介入によって予期しない状態になります。

  • ノードの追加と削除に手動アクションを使用する場合に、マシン名の大文字と小文字の区別に誤入力が発生しても ECE 構成で予期しない状態が発生しないようにするために、エンジン コードの回復性が向上しました。

  • 以前のサポート セッションから部分的に完了した状態で残された VM または物理ノード修復操作を検出するための正常性チェックを追加しました。

  • 更新オーケストレーション中に NuGet パッケージからコンテンツをインストールするための診断ログを改善しました。

  • ID システムとして AAD を使用し、ERCS 送信インターネット接続をブロックする顧客の内部シークレットローテーションエラーを修正しました。

  • AzsScenarios のTest-AzureStackの既定のタイムアウトを 45 分に増やしました。

  • HealthAgent の更新の信頼性が向上しました。

  • 修復アクション中に ERCS VM の VM 修復がトリガーされない問題を修正しました。

  • 古いインフラストラクチャ VM ファイルをクリーンアップするためのサイレント エラーが原因で発生した問題に対して、ホスト更新が回復性を持たせた。

  • ランダムに生成されたパスワードを使用する場合の certutil 解析エラーに対する予防的な修正を追加しました。

  • エンジンの更新前に一連の正常性チェックを追加しました。そのため、失敗した管理者操作を元のバージョンのオーケストレーション コードで実行し続けることができます。

  • ACSSettingsService のバックアップが最初に完了したときの ACS バックアップエラーを修正しました。

  • Azure Stack AD FS ファームの動作レベルを v4 にアップグレードしました。 1908 以降でデプロイされた Azure Stack Hubs は、既に v4 上にあります。

  • ホスト更新プロセスの信頼性が向上しました。

  • 内部シークレットのローテーションが失敗する可能性がある証明書の更新の問題を修正しました。

  • 新しいタイム サーバー同期アラートを修正し、時刻ソースが0x8 フラグで指定されたときに時刻同期の問題が誤って検出される問題を修正しました。

  • 新しい自動ログ収集インターフェイスを使用しているときに発生した検証制約エラーを修正し、検出しました

  • 無効な Azure AD エンドポイントとして https://login.windows.net/。

  • SQLIaaSExtension を使用して SQL 自動バックアップを使用できない問題を修正しました。

  • ネットワーク コントローラー証明書を検証するときにTest-AzureStackで使用されるアラートを修正しました。

  • Azure Stack AD FS ファームの動作レベルを v4 にアップグレードしました。 1908 以降でデプロイされた Azure Stack Hubs は、既に v4 上にあります。

  • ホスト更新プロセスの信頼性が向上しました。

  • 内部シークレットのローテーションが失敗する可能性がある証明書の更新の問題を修正しました。

  • 不要なプロアクティブ なログ収集を回避するために、アラート トリガーを減らしました。

  • Windows Health Service WMI 呼び出しタイムアウトを排除することで、ストレージのアップグレードの信頼性が向上しました。

修正プログラムの情報

この修正プログラムを適用するには、バージョン 1.2002.0.35 以降が必要です


大事な 2002 更新プログラムのリリース ノートで説明されているように、Test-AzureStack の実行に関する更新アクティビティ チェックリスト (指定されたパラメーターを使用) を参照し、すべての警告とエラーを含む運用上の問題を解決してください。 また、アクティブなアラートを確認し、アクションが必要なアラートを解決します。

ファイル情報

次のファイルをダウンロードします。 次に、Microsoft Learn Web サイトの [Azure Stack で更新プログラムを適用する] ページの指示に従って、この更新プログラムを Azure Stack に適用します。

zip ファイルを今すぐダウンロードします。


修正プログラム xml ファイルを今すぐダウンロードします。

詳細情報

Azure Stack Hub の更新リソース

Azure Stack での更新の管理の概要

Azure Stack で更新プログラムを適用する

特権エンドポイントを使用して Azure Stack の更新プログラムを監視する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×