CInt () 関数を使用した Err Msg: 型の不一致

概要

Microsoft Visual Basic プログラミングシステムのアプリケーションエディションでは、数値に変換できない文字列で CInt () 関数を使用すると、次のエラーメッセージが表示されます。

実行時エラー ' 13 ': 型の不一致

詳細情報

CInt 関数は、式を整数に変換します。 任意の有効な数値式または文字列式を使用できますが、文字列式は数値に変換できる必要があります。 Visual Basic では、Val 関数の代わりに CInt 関数を使用して、他のデータ型から整数への国際対応変換を提供する必要があることを示しています。 ただし、2つの関数はまったく同じように動作しません。Val 関数を使用して文字列に含まれる数値を返す場合、文字列内の最初の数値のみが返されます。 Val 関数は文字列式の数値部分のみを返しますが、CInt 関数は、文字列式を数値として評価できない場合に、上のエラーメッセージを返します。次に示すのは、CInt 関数と Val 関数によって返される式と値の一覧です。 Expression Value Returned -------------------------------------------- Val("1726 56th Ave NE") 172656 CInt("1726 56th Ave NE") Error message Val("asdf") 0 Cint("asdf") Error message Val("1,000") 1 CInt("1,000") 1000 Val("1.34") 1.34 CInt("1.34") 1 Val 関数は、0または数値なしのいずれかを含む式と共に値0を返すため、入力文字列が有効な数値かどうかをテストするために使用することはできません。 ただし、プロシージャで CInt 関数を使用して、入力文字列が有効な数値かどうかを確認することはできます。

参照情報

CInt 関数の詳細については、Visual Basic リファレンスの検索ボタンを選択し、次のように入力します。

CInt

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×