Excel 2013 の修正プログラム パッケージ (Excel x none.msp): 2014 年 4 月 8 日

概要

この資料では、2014 年 4 月 8 日は日にリリースされた Microsoft Excel 2013 の修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • Unicode パスの長さは 255 文字以内に、SharePoint Server 2013 ドキュメント ライブラリから Excel 2013 でブックを開くしようとするが、パスの長さのエンコードされた RFC 3986 では 255 文字を超えます、エラーは、ファイルを開くことができないことを示します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3399652 (Office15)

  • 非表示およびほとんどの非表示の行または Excel 2013 では、相互に隣接する列が含まれるブックを作成することを想定しています。プレビュー ブックを印刷または PDF または xps 形式のドキュメント、Excel 2013 としてブックを保存すると次のようにクラッシュします。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3411254 (Office15)

  • OpenXML SDK を使用して、Excel 2013 ブックを変更することを想定しています。保存して Excel Services と Excel オンラインを使用して、ブックを再度開くと、次のエラー メッセージが表示されます。

    'ファイル名' で読み取り不可能なコンテンツが見つかりました。このブックの内容を復元しますか。このブックの作成元を信頼する場合は、[はい] をクリックします。

    [はい] をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    ブックを開けないか壊れているために、Microsoft Excel を使用して修復します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3411873 (Office15)

  • 印刷する場合、または印刷プレビュー Excel 2013 でスライサーをピボット テーブルを含むブックは、Excel 2013 がクラッシュします。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3420003 (Office15)

  • Excel 2013 ブック オブジェクトが別のコンテナーに埋め込まれていると仮定します。ブックに含まれるいずれか、または実行モードでの複数の ActiveX コントロールのアクティブ化または Excel のオブジェクトを非アクティブ化、Excel 2013 がクラッシュします。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3420615 (Office15)

  • ピボット テーブルのデータ モデルの問題」および「PowerPivot の機能が発生します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3423982 (Office15)

  • Excel のアドイン (XLL) の一部のダイアログ ボックスを定義するときに正しく表示されません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3413021 (Office15)

詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×