Exchange Server 2013 のビルドへのアップグレード後 ActiveSync 仮想ディレクトリ用の ExternalURL 値を空にします。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

現象

次のような状況を考えます。

  • 同じサーバー上の Microsoft Exchange Server 2013 クライアント アクセスの役割とメールボックスの役割を実行しています。

  • ExternalURLプロパティは、Exchange ActiveSync の仮想ディレクトリに設定しました。

  • サーバーをアップグレードするには Exchange Server 2013 の新しいビルドをします。

このシナリオでは、ActiveSync 仮想ディレクトリ用のExternalURL値がアップグレード後空白になっています。したがって、自動検出サービスでは、モバイル デバイス ユーザーの機能しません。

原因

この問題は、コード内のロジックの欠陥のために発生します。具体的には、 ExternalURL 、 ActiveSyncVirtualDirectory属性の値が null にします。

解決策

この問題を解決するには、次のサービス パックをインストールします。

Exchange Server 2013 サービス パック 1 のの説明

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ActiveSync 仮想ディレクトリを構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

セット ActiveSyncVirtualDirectoryコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×