Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラム 13

Microsoft Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラム 13 が 2019 年 6 月 18 日にリリースされました。この累積的な更新プログラムには、セキュリティ以外の問題の修正プログラムと、以前にリリースされたすべてのセキュリティおよびセキュリティ以外の問題に対する修正プログラムが含まれています。これらの修正プログラムは、Exchange Server 2016 の後の累積的な更新プログラムにも含まれます。

この更新プログラムには、Exchange Server 2016 用の新しい夏時間 (DST) の更新プログラムも含まれています。 DST の詳細については、「Daylight Saving Time Help and Support Center」(英語情報) を参照してください。  

この累積的な更新プログラムの既知の問題

  • UPDATE で/PrepareDomainオプションを使用して Exchange がインストールされている、または以前に準備されたマルチドメイン Active Directory フォレストでは、この累積的な更新プログラムの/PrepareADコマンドが実行された後に、このアクションを完了する必要があります。が完了すると、変更はすべてのドメインにレプリケートされます。セットアップは、最初のサーバーのインストール中に/PrepareADコマンドを実行しようとします。インストールは、SETUP を開始したユーザーが適切なアクセス許可を持っている場合にのみ終了します。

  • Set-SendConnectorコマンドレットは、エッジ サーバーがインストールされているハイブリッド シナリオでは Exchange Server 2016 では機能しません。詳細については、KB 4523519を参照してください。

この累積的な更新プログラムで修正される問題

この累積的な更新プログラムは、次のマイクロソフト ナレッジ ベースの記事で説明されている問題を修正します。

  • 4502154Exchange Server 2016 で自動転送の制限に達したときに管理者に情報を提供する

  • 4502155"Exchange Server 2016 で偽装を使用する場合、メールボックスを参照する際にプライマリ SMTP アドレスを指定する必要があります" エラー

  • 4502156Exchange Server 2016 のコマンドで "-WhatIf" が$falseとして使用されている場合、監査ログは更新されません。

  • 4502157Exchange Server 2016 で HasAttachments 要素を返さない検索コマンド

  • 4502158同期フォルダアイテムは、Exchangeサーバー2016で重複したReadFlagChangeアイテムを含んでいます

  • 4502131"TLS ネゴシエーションがエラーでエラーが発生しました" エラーが発生しました が、Exchange Server 2016 ハイブリッド環境で Office 365 送信コネクタで TLSCertificateName を更新した後にエラーが発生しました。

  • 4502132古いレガシーExchangeDNが Exchange Server 2016 で移行されたメールボックスに設定されている場合でも、移行後に古いメールに返信できません。

  • 4502136IMAP の FETCH (BODYSTRUCTURE) コマンドの応答が Exchange Server 2016 の RFC 3501 に違反しています。

  • 4502140Exchange Server 2016 に複数のドメインがある場合、電子情報開示検索をプレビューできません

  • 4502141電子メール メッセージに返信して作成された予定は、Exchange Server 2016 の Outlook 予定表ビューに表示されません。

  • 4502133Exchange Server 2016 で相互の TLS を介してパートナーの電子メールに返信するには、Web 上の Outlook を使用できません。

  • 4488396 Exchange Server 2016 で Outlook で手動で追加された共有メールボックスで結果を検索できない

  • 4488078パブリック フォルダの連絡先リストに、Exchange Server 2016 の Web 上の Outlook に連絡先のプロフィール写真が表示されません。

  • 4499503組織フォーム ライブラリに Exchange Server 2016 で 500 を超えるアイテムがある場合に、具体化された制限による組織フォーム トラフィックが多い

  • 4503027Microsoft Exchange Server 2019 および 2016 のセキュリティ更新プログラムの説明: 2019 年 6 月 11 日

Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラム 13 を取得する

ダウンロード センター

Download Exchange Server 2016 (KB4488406) の累積的な更新プログラム 13 を今すぐダウンロードします。

Download Exchange Server 2016 CU13 UM 言語パックを今すぐダウンロードします。

注意事項

  • 累積的な更新プログラム 13 パッケージを使用して、Exchange Server 2016 の新規インストールを実行したり、既存の Exchange Server 2016 インストールを累積的な更新プログラム 13 にアップグレードしたりできます。

  • 累積的な更新プログラム 13 をインストールする前に、以前にリリースされた Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラムまたはサービス パックをインストールする必要はありません。

累積的な更新プログラムの情報

必要条件

この累積的な更新プログラムには、Microsoft .NET Framework 4.7.2 が必要です。

Exchange Server 内で使用されているコンポーネントには、新しい Visual C++ コンポーネントが Exchange Server と共にインストールされている必要があります。 この必要条件は、Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージでダウンロードできます。    詳細については、サポート技術情報 4295081 を参照してください。

Exchange Server 2016 のセットアップの必要条件の詳細については、「Exchange 2016 prerequisites」を参照してください。 

再起動の必要性

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後、コンピュータの再起動が必要な場合があります。

レジストリ情報

この累積的な更新プログラム パッケージを適用した後で、レジストリに変更を加える必要はありません。

アンインストール情報

この累積的な更新プログラム パッケージをインストールした後は、パッケージをアンインストールして以前のバージョンの Exchange Server 2016 に戻すことはできません。この累積的な更新プログラム パッケージをアンインストールすると、Exchange Server 2016 がサーバーから削除されます。

詳細情報

Exchange Server 2016 の展開の詳細については、Exchange 2016 のリリース ノートを参照してください。 Exchange Server 2016 と以前のバージョンの Exchange Server が同じ環境内での共存する場合の詳細については、Exchange 2016 のシステム要件を参照してください。 他の Exchange の更新プログラムの詳細については、「Exchange Server 更新プログラム: ビルド番号とリリース日」を参照してください。

関連情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×