FIX バージョン トレラントなシリアル化の機能は正常に動作しない、.NET Framework 3.5 sp1 では、NetDataContractSerializer のシリアライザーに

現象

Microsoft.NET Framework 3.5 Service Pack 1 (SP1) で次のシナリオを検討してください。

  • および異なるバージョンのジェネリック型を逆シリアル化するには、 NetDataContractSerializerクラスを使用します。

  • 1 つのバージョンのジェネリック型を変更するのにはバージョン トレラントなシリアル化 (VTS) の機能を使用するとします。このタイプの他のバージョンと互換性があるようにするのにはこの操作を行います。

このシナリオでは、期待どおりに機能しないものです。変更されたジェネリック型は、逆シリアル化および逆シリアル化が失敗したときに例外が表示されます。

解決策

Windows Server 2000、Windows Server 2003、および Windows XP

この問題を解決するには、マイクロソフト サポート技術情報資料 976570 に記載されている修正プログラムをインストールします。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

976570 Windows XP および Windows Server 2003 の互換性に関する更新プログラムを転送する、.NET Framework 3.0 SP2 の説明

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

VTS の詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。

バージョン トレラントなシリアル化NetDataContractSerializerクラスの詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。

NetDataContractSerializer クラス

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×