現象

Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 2 (SP2) と SQL Server 2014 SP1 では、新しい動的管理関数 (DMF) sys.dm_fts_index_keywords_position_by_document が、インデックス付きドキュメントのキーワードの位置情報を公開するために導入されています。 新しい DMF 仕様は、次のように指定されています。

Select * from sys.dm_fts_index_keywords_position_by_document(     DB_ID('database_name'),     OBJECT_ID('table_name') ) 

注:次のクエリの例に示すように、 document_id に述語を追加できます。 SQL Server は効率的な方法でクエリを実行します。

Select * from sys.dm_fts_index_keywords_position_by_document(     DB_ID('database_name'),     OBJECT_ID('table_name') ) where document_id = 'id'

DMF は、特定のドキュメントのインデックス付きのキーワードを、位置情報と共に出力します。 返される表は、次のようになります。

項目

データ型

定義

キーワード

varbinary(128)

インデックス付きキーワード

display_term

nvarchar(8000)

内部のフルテキスト表現

column_id

Int

列 id

document_id

Bigint

ドキュメント id

配置

Bigint

位置情報

解決方法

SQL Server 2014 の Service pack 情報

この問題を解決するには、SQL Server 2014 の Service Pack 1 を入手してください。

SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) の詳細については、「 Sql server 2014 Service pack 1 で修正されたバグ」を参照してください。

SQL Server 2012 の Service pack 情報

この問題を解決するには、Microsoft SQL Server 2012 の最新の service pack を入手してください。詳細については、以下の記事の番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

2755533 SQL Server 2012 の最新の Service Pack を入手する方法

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×