KB3021757-FIX: 関数の NEXT VALUE と並列 sp_sequence_get_range を実行すると、重複するシーケンス値が生成されます。

現象

Microsoft SQL Server 2012 または SQL Server 2014 でシーケンスオブジェクトを定義していることを前提としています。 同じシーケンスオブジェクト (たとえば、複数の同時接続またはマルチスレッドアプリケーション) で、システムストアドプロシージャとNEXT VALUEを並列でsp_sequence_get_range実行すると、重複シーケンス値が生成されます。

原因

この問題が発生するのは、システムストアドプロシージャと次の値をsp_sequence_get_rangeの競合状態が、同じシーケンスオブジェクトで並列処理されているときに発生します。 どちらも、シーケンスジェネレーターの現在の値を読み書きします。 ただし、それらの間に正しい同期メカニズムがないことがあります。

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×