KB3044952-FIX: SQL Server 2014 でバッファープール拡張機能を有効にすると、問題が発生します。

この記事では、Microsoft SQL Server 2014 で新しい機能バッファープール拡張機能を使用する場合の、Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) でのエラー報告の改善について説明します。

詳細情報

SQL Server 2014 でバッファープール拡張機能を有効にすると、次のような既知の問題が発生する可能性があります。

  • バッファープール拡張機能を有効にすると、SQL Server 2014 Standard Edition では、サイズが サーバーの最大メモリサイズの4倍になります。 たとえば、最大サーバーメモリサイズは28ギガバイト (gb) で、バッファープール拡張機能のサイズは 109 gb です。 Sql Server サービスを再起動しようとすると、SQL Server を起動できず、SQL Server エラーログに次のエラーメッセージが表示されます。

    <日付> <時刻> Server 共通言語ランタイム (clr) 機能を <ディスク名> から CLR version v 4.0.30319 を使って初期化します。 \Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\. <date> <time> spid8s は、最大12989098のページ記述子のバッファープール拡張機能のために 14299819 BUF を割り当てようとしています。 <日付> <> <spid8s エラー: 864、Severity:16、都道府県: 1。> <date> SPID8S は、最大12989098のページ記述子に対してバッファープール拡張機能の 14299819 BUF を割り当てようとします。

    SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) が適用されると、この問題が発生することなく、SQL Server を再起動することができます。

  • バッファープール拡張機能を有効にして、最大サーバーメモリサイズを、前に定義したバッファープール拡張ファイルサイズよりも大きくするように構成します (設計では、バッファープールの拡張サイズは、 サーバーの最大メモリサイズよりも大きくなければなりません)。 構成が正常に処理され、バッファープール拡張機能が正常に動作します。 ただし、SQL Server サービスを再起動すると、バッファープールの拡張機能が無効になり、SQL Server エラーログに次のエラーメッセージが表示されます。

    <日付> <時刻> サーバーバッファープールの拡張サイズは、物理メモリサイズ <最大サーバーメモリ (MB> MB) よりも大きくなければなりません。 バッファープール拡張機能が有効になっていません。

    Sql Server 2014 SP1 を適用すると、SQL エラーログのメッセージだけでなく、SQL Server Management Studio (SSMS) で次の警告メッセージも表示されます。

    指定された最大サーバーメモリ-<xxx> MB は、バッファープールの拡張ファイルサイズ ( xxx> MB <) よりも大きくなります。 バッファープール拡張機能は、再起動時に無効になります。

  • 十分な領域がない (たとえば、最大サーバーメモリサイズが 28 gb で、バッファープールの拡張サイズが 120 GB である) ディスク上にバッファープールの拡張ファイルを作成すると、SQL server エラーログに次のあいまいなオペレーティングシステムエラーメッセージが表示されます。

    <日付> <時刻> spid52 によって、オペレーティングシステムエラーが発生しました "ファイルサイズの変更に失敗しました > <" という物理ファイルを開くか作成しようとしたときに発生します。BPE '。

    SQL Server 2014 SP1 が適用されると、次のような明確なエラーメッセージが表示されます。

    オペレーティングシステムエラー (ディスク上に十分な領域がありません)

  • サイズが非常に大きいバッファープール拡張機能ファイルを構成すると、次のエラーメッセージが表示され、実際の意味を説明することはできません。

    メッセージ864、レベル16、状態1、行1は、最大12800ページ記述子のバッファープール拡張機能の 25600 BUF を割り当てようとしています。

    SQL Server 2014 SP1 を適用すると、エラーメッセージは次のように変更されます。

    Size <xxx> kb のバッファープール拡張機能を初期化しようとしましたが、許可されている最大サイズは <xxx> KB です。

  • 何らかのエラー (指定されていないディレクトリなど) が原因で、ソリッドステートドライブ (SSD) 拡張ファイルの作成に失敗した場合、SQL Server は次のエラーメッセージを出力します。

    Size <XXX> MB のパス "" のバッファープール拡張機能を作成できませんでした

    エラーメッセージ内のパスが印刷されません。SQL Server 2014 SP1 を適用すると、SSD ファイルの作成に失敗したときにパスが正しく印刷されます。

Service pack の情報

Service Pack 1 for SQL Server 2014 を入手するには、次のリンクを参照してください。

SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) の詳細については、「 Sql server 2014 Service pack 1 で修正されたバグ」を参照してください。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×