KB3058865-SQL Server 2014 Service Pack 1 リリース情報

この記事には、Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) をインストールする前に読む必要がある重要な情報が含まれています。 サービスパック、サービスパックに含まれている修正プログラムの一覧、現在インストールされているバージョンに基づいて適切なダウンロードを選択する方法、製品の著作権の attributions の一覧を取得する方法について説明します。注: この記事では、このサービスパックに関連するすべてのドキュメントを見つけるための単一のソース情報を提供します。 このファイルには、リリースノートと Readme.txt ファイルに以前に見つかったすべての情報が含まれています。 注:SQL Server 2014 (ビルド番号 12.0.2560.0) の累積更新プログラム11でインスタンスを SQL Server Service Pack 1 に更新しようとすると、Sqlservr.exe と qds .dll ファイルとのバイナリ不一致のために、Service Pack のセットアップが失敗します。その後、SQL Server を起動することはできません。 この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • SQL Server 2014 の累積更新プログラム11のまま続行するには、未完了の Service Pack のインストールをアンインストールすることができます。 これを行うには、コントロールパネルの [プログラムの追加と削除] を使用し、SQL Server を再起動します。

  • Service Pack 1 を CU11 からアップグレードしても、CU11 を通じて修正プログラムを保持するには、次の手順を実行します。

    1. コントロールパネルの [プログラムの追加と削除 ] を使用して CU11 をアンインストールします。

    2. MICROSOFT SQL Server 2014 Service Pack 1 (sp1)で、ダウンロードセンターから sp1 をダウンロードしてインストールします。

    3. SQL Server 2014 sp1 の累積更新プログラム 4から SP1 の CU4 をダウンロードしてインストールします。

詳細情報

SQL Server 2014 SP1 の入手方法

Sql server 2014 SP1 は、 Sql server 2014 SP1 のダウンロードページからダウンロードできます。 SQL Server 2014 SP1 機能パックは、 ここからダウンロードできます。注: Service pack をインストールした後、SQL Server サービスのバージョンが12.0.4100.1 として反映されるようにする必要があります。

SQL Server 2014 SP1 に含まれている修正プログラムの一覧

Microsoft SQL Server 2014 サービスパックは累積更新プログラムです。 SQL Server 2014 SP1 では、SQL Server 2014 のすべてのエディションとサービスレベルが SQL Server 2014 SP1 にアップグレードされます。 この記事に記載されている修正に加えて、sql server 2014 SP1 には、sql server 2014 CU1 から SQL Server 2014 CU 5 への修正プログラムが含まれています。 SQL server 2014 で利用可能な累積的な更新プログラムの詳細については、「 Sql server 2014 ビルドバージョン」を参照してください。 注意事項

  • ここに記載されていないその他の修正は、service pack にも含まれている可能性があります。

  • この一覧は、さらに資料が公開されたときに、更新される予定です。

SQL Server 2014 SP1 で修正されたバグの詳細については、次のリンクをクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

VSTS バグ番号

サポート技術情報番号

説明

2275929

3044954

修正: SQL Server 2014 で AutoClose を有効にすると、i/o 完了ルーチンでアクセス違反が発生します。

2364636

2969781

修正: SSIS 2014 デザイナーでカスタム接続マネージャーを追加するとエラーが発生する

2580631

2963404

解決: ロールバックすると、SQL Server 2012 または SQL Server 2014 でデータベースが問題ありモードに移動する

2580750

2806979

修正: SQL Server 2012 または2014で RCSI 対応データベースのテーブルに対してクエリを実行すると、パフォーマンスが低下する

2580628

2965035

SQL Server 2012 Service Pack 2 での SSAS 2012 ログ機能の改善

2581015

2963412

SQL Server 2012 SP2 と SQL Server 2014 SP1 の新しい DMF sys.dm_fts_index_keywords_position_by_document

2581019

2966520

修正: SSRS で Reporting Services Windows サービスを再起動したときに、新しいログファイルが作成されない1月1日

2581025

3051521

修正: model データベースのログの最後のバックアップ後に SQL Server を再起動すると、"データベース ' モデル ' は開くことができません" というエラーが表示される

2581225

2964762

修正: SSAS 2012 で Discover コマンドを使用すると、イベント ID 22 またはエラー0xC1000016 が記録されます。

2581168

2966522

修正: ファイル共有サブスクリプションで、SSRS 2012 または SSRS 2014 の [説明] 列が設定されない

2581259

2966523

修正: SSRS 2012 または SSRS 2014 でレポートを指定すると、"Name" ドロップダウンリストが空になる

2581317

2963382

修正: SSAS 2012 または SSAS 2014 でキューブ作成 MDX クエリを実行するとサーバーに接続できない

2581323

2963384

修正: SQL server 2012 または SQL Server 2014 で tempdb データベースのログファイルがいっぱいになると、SQL Server がクラッシュする

2581360

2927741

FIX: SSRS 2012 または2014レポートでドリルスルーアクションを使用すると、web ページに画像が正しく表示されない

2581371

2963383

修正: HPB レンダラーを使用して SSRS 2012 または SSRS 2014 のレポートを表示すると、テキストが切り捨てられる

2700155

3044958

解決: DBCC CHECKDB を実行すると、SQL Server が予期せずに終了すると、スナップショットのロールバックの回復が失敗する

3860819

3030619

修正: SQL Server 2014 のクエリで、日付データ型を修飾子として使用すると、誤ったデータが返される

3879685

3020112

FIX: SQL Server 2014 で DML ステートメントを実行すると、発生しないエラーが発生する

3919713

3027860

SQL Server の起動中にエラー17066または17310が発生する

3933346

3044953

修正: SQL Server 2014 でバッファープール拡張ファイルにページを書き込むときに、生成されないスケジューラの問題

4011750

3029977

修正: SQL Server 2014 の列ストアインデックスを含むデータベースに対して DBCC CHECKDB コマンドを実行すると、OS エラー665が発生する

4033440

3021757

修正: 関数の NEXT VALUE と並列 sp_sequence_get_range を実行すると、重複するシーケンス値が生成される

4034813

3029825

修正: sql CLR Udt が SQL Server 2012 または SQL Server 2014 に関与している場合、DBCC CHECKDB と DBCC CHECKTABLE の実行に時間がかかる

4050109

3026082

解決 SOS_CACHESTORE: システムテーブルの行セットキャッシュでのスピンロックの競合が発生すると、SQL Server 2012 または2014で CPU 使用率が高くなる

4075490

3034679

修正: AlwaysOn 可用性グループが同期されていないと報告される

4093558

3035165

修正: SQL Server 2014 で、クラスター化された列ストアインデックスを持つテーブルに対して DML ステートメントを実行すると、エラー8646が表示される

3534419、3534439、2512250、1456033、2274636

3044952

修正: SQL Server 2014 でバッファープール拡張機能を有効にすると、問題が発生します。

3731772、3731776

3044519

修正: SQL Server 2014 で新しい基数の推定が有効になっていると、クエリパフォーマンスの問題が発生する

2581312

2904152

修正: 公開されている SSRS 2014 サービスアプリケーションの SharePoint 統合で、リモートファームでレポートを使うことができない

その他の解決方法

以下の問題の解決方法も、SQL Server 2014 SP1 に含まれています。

VSTS バグ番号

説明

1957464

データベースの暗号化されたバックアップファイルの HEADERONLY を復元すると、バックアップが暗号化されているかどうかは表示されません。SP1 を適用した後、復元ヘッドの出力には、KeyAlgorithm、暗号化されたバックアップに関する追加情報を提供できる3つの追加の列があります。 詳細については、「SQL Server Books Online で HEADERONLY のトピックを 復元 する」を参照してください。

2366022

Windows 8 で SQL server 2014 Express Edition (データベースエンジンのみ) をインストールする場合、SQL Server セットアップで .NET Framework 3.5 が必要です。 この種類のメディアをインストールすると、アプリはスキップされるようになりました。

2535853

/qs SQL SERVER 2014 RTM の高速パッケージをインストールする場合は、ユーザーによる入力が必要です。

2580641

複数の文書で公開されているアーティクルをドロップすると、ストアドプロシージャのクエリ構文が無効になります。

2580651

ピアツーピア (P2P) の競合メッセージには、追加の詳細情報が必要です。 注: 2014用の2012または SP1 の SP2 を適用すると、エラーメッセージ22815には、テーブル名、主キー、現在のバージョン、プレバージョン、および Post バージョンの情報が表示されます。 テーブル名と主キーを除いて、3種類の競合 (削除、更新、挿入) については、Post バージョンが存在します。 現在のバージョンは削除の競合の種類には適用されません。競合の種類の挿入には、PreVersion は適用されません。

2580686

更新プログラムまたは書き込みを使用してテキスト列に更新が行われた場合に、更新プログラムまたは更新プログラムの競合が P2P レプリケーションで競合する。

2580693

ブロックモードの単項演算子を使用すると、結果が正しく表示されません。

2580746

AlwaysOn セカンダリを含むサーバー上の DPM の完全バックアップは copy_only バックアップに変換されます

2581191

マージレプリケーションのログ機能の改善: merge agent の出力の詳細レベルが 4に設定されているときに、マージレプリケーションのパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティングを行うために、TraceFlag 101 の出力を追加します。

2581192

トランザクションレプリケーションのログ機能の改善: トランザクションレプリケーションのパフォーマンスの問題のトラブルシューティングを行うには、履歴テーブルの統計情報に冗長なメッセージを追加し、エージェントログで詳細なメッセージを追加します。

2581222

"最初の SUB_PLAN 名" の保守計画の名前が同じである場合、SSMS はメンテナンスプランタスクの移行中にクラッシュします。

2581197

End SCOPE ステートメントが、開始スコープのステートメントと一致していません。

2581377

無効な InstanceIdを使って SSRS 構成ファイルを解析するときの "ACTIONABLE_HEAP_CORRUPTION"。

2581382

SSRS 2014 のログにプラットフォーム情報を提供します。

2733205

オブジェクトエクスプローラーのレポートサーバーインスタンスのコンテキストメニューから [<名> が見つかりませんでした] というメッセージが表示される

2841734

コマンドラインスイッチ/? を使って SQL Server 2014 累積更新プログラムパッケージ (SQLServer2014-KB2967546-x64 など) を実行すると、例外が発生します。

3143194

LOB 読み取りは、クラスター化された列ストアインデックスを持つクエリを実行しているときに、"SET STATISTICS IO" がオンになっているときに0と表示されます。

3506361

SSDT BI バージョン12.0.2299.1 と SQL Server 2014 が並行してインストールされている場合、一部の共有コンポーネントを後で処理できるように修正することはできませんでした。

3731350

複数のソケットを備えたシステムでログプールキャッシュ (たとえば、Always On) に依存する機能を使用すると、"ログ書き込み待機" カウンターの値が高くなることがあります。 SP1 より前に、SQL Server 2014 でこの問題の修正プログラムを有効にするには、トレースフラグ T9024 を有効にする必要があります。 SP1 を開始すると、手動でトレースフラグを追加する必要はありません。修正プログラムは既に含まれています。 詳細については、「 FIX: SQL Server 2012 のインスタンスでの高 "ログ書き込み待機" カウンター値」を参照してください。

3732057

接続プールにより、SQL Server のインスタンスが何千の接続のリセットを処理している場合、SQL Server でデータベースのロックアクティビティが増加すると、パフォーマンスの問題が発生します。 この問題は、SQL Server 2014 用の CU1 で修正されており、修正プログラムを有効にするには、開始パラメーターにトレースフラグ T1236 を追加する必要があります。 Service Pack 1 for SQL Server 2014 には、既定でこの修正が含まれており、トレースフラグを追加しなくても修正プログラムを有効にすることはできません。 詳細については、「 FIX: SQL Server でデータベースロックのアクティビティが増加するとパフォーマンスの問題が発生する」を参照してください。

3909490

読み込みと TF4199 の高速読み込みコンテキスト (TF610) が有効になっている場合、データベーススキーマとデータの一部の組み合わせでエラー4819が発生します。

3938420

Sql server エージェントジョブディレクトリが存在しないため、システムが不完全な状態であるため、sql server インスタンスを SQL Server 2014 にアップグレードできません。

項目の接続の修正

接続項目の次の解決策は、コミュニティによって送信されたものであり、SQL Server 2014 SP1 にも含まれています。

バグ ID を接続する

説明

714689

複数のサーバーに対してエンタープライズ管理フレームワークを実装しているときに、リスト内のいずれかのサーバーに対してエラーが発生すると、出力 xml ファイルに評価結果が複数回書き込まれます。

735543

データベースのバックアップが同じインスタンス上の別のデータベースとして復元された場合、データベースは復元モードになります。

736509

SQL Server Management Studio (SSMS) で sp_executesql を呼び出すストアドプロシージャをデバッグすることはできません。 F11 キーが押されると、' オブジェクト参照がオブジェクトのインスタンスに設定されていません ' エラーメッセージが表示されます。

740181

SSMS では、SQL Server Express でフルテキストは完全に管理されません。

745566

Sql Server の SMO は、SQL Server 2012 および SQL Server 2014 の既定の制約を無視します。

764197

SSMS では、番号付きのストアドプロシージャの処理に一貫性がありません。

769121

"列 ' <列名> ' はテーブルサマリーに属していません。 (システムデータ) "テーブルを複製すると、同じ名前であるが、別のスキーマにあるというエラーメッセージが表示されます。

773710

フルテキストインデックスを含むデータベーススナップショットに戻すと、SQL Server を再起動してから、データベースをデタッチしてからアタッチするか、データベースをオフラインにしてから、データベースをオンラインで設定するまで、ft_catalogs を作成することはできません。

774317

SSMS が閉じるときにクラッシュすることがあります。これにより、自動的に再起動されます。

785064

ビジネスインテリジェンス開発 Studio (入札) でカスタマーパイプラインコンポーネントを操作すると、"stream ' の値が有効ではありません" というエラーメッセージが表示されます。

785151

[実際のクエリプランの表示] がオンになっているクエリを実行すると、 Null の結果が返され、次のエラーメッセージが表示されます: エラー: メッセージ5万、レベル16、状態10、プロシージャテスト、行34文字列、またはバイナリデータが切り捨てられます。

791929

トリガーがある分割ビューにデータを挿入すると、"システムアサーションチェックに失敗しました。" というエラーメッセージが表示されます。

797967

作成スクリプトは、SSMS で列レベルの権限をスクリプト化するときに、ステートメントを複製します。

799430

SSMS は、タスクバーの SSMS ウィンドウのアイコンを更新しようとするとクラッシュすることがあります。

804901

大規模なプロジェクトの新しいバージョンを展開すると、SSIS カタログデータベース (SSISDB) への展開中にタイムアウトが発生します。 さらに、次のエラーメッセージが表示されます: project の展開に失敗しました。 詳細については、操作識別子 ' 219 ′の operation_messages ビューにクエリを実行してください。 (Microsoft SQL Server、エラー: 27203)プロジェクトの展開に失敗しました。 問題を解決し、後でもう一度やり直してください。: タイムアウトの期限切れ。 処理が完了する前にタイムアウトの期間が経過したか、サーバーが応答していません。 ステートメントが終了しました。

805659

"SQL ステートメントの一部が深すぎます。 クエリを再作成するか、ストアドプロシージャの解析または実行時にエラーメッセージに分割します。

ダウンロードしてインストールする適切なファイルを選択する

SQL Server 2014 SP1 のダウンロードページには、SQL Server 2014 SP1 と基本的なインストール手順をインストールするためのシステム要件が記載されています。 SQL Server 2014 のサービス更新プログラムを使用して、インストールされている 2014 SP1 コンポーネントのアップグレード方法に関するその他のドキュメントについては、「Sql server 2014 サービス更新プログラムをインストールする」を参照してください。現在インストールされているバージョンに基づいて、ダウンロードするファイルの場所と名前を識別するには、次の表を使用します。 ダウンロードページには、システム要件と基本的なインストール手順が記載されています。

現在インストールされているバージョン

実行する操作

ダウンロードしてインストールするファイル

32ビット版の SQL Server 2014 のエディション

32ビット版の SQL Server 2014 SP1 にアップグレードする

SQLServer2014SP1-KB3018269-x86-ENU here

32ビット版の SQL Server 2014 RTM Express

32ビット版の SQL Server 2014 Express SP1 にアップグレードする

SQLServer2014SP1-KB3018269-x86-ENU here

32ビット版の SQL Server 2014 用のクライアントと管理ツールのツールのみ (SQL Server 2014 Management Studio を含む)

クライアントと管理ツールを32ビット版の SQL Server 2014 SP1 にアップグレードする

SQLManagementStudio_x86_ENU .exe here

32ビット版の SQL Server 2014 Management Studio Express

32ビット版の SQL Server 2014 SP1 Management Studio Express にアップグレードする

SQLManagementStudio_x86_ENU .exe here

任意のエディションの SQL Server 2014 と32ビットバージョンのクライアントと管理ツール (SQL Server 2014 RTM Management Studio を含む) の32ビットバージョン。

すべての製品を32ビット版の SQL Server 2014 SP1 にアップグレードする

SQLServer2014SP1-KB3018269-x86-ENU here

MICROSOFT SQL Server 2014 RTM Feature Packからの1つ以上のツールの32ビットバージョン

ツールを32ビット版の Microsoft SQL Server 2014 SP1 機能パックにアップグレードする

MICROSOFT SQL Server 2014 SP1 機能パックの1つ以上のファイル

32ビット版の SQL Server 2014 Management Studio がインストールされていない

SP1 を含む32ビット版の SQL Server 2014 Management Studio をインストールする

SQLManagementStudio_x86_ENU .exe here

SQL Server 2014 RTM Express の32ビット版はありません

SP1 を含む32ビット版の SQL Server 2014 Express をインストールする

SQLEXPR32_x86_ENU .exe here

64ビット版の SQL Server 2014 のエディション

64ビット版の SQL Server 2014 SP1 にアップグレードする

SQLServer2014SP1-KB3018269-x64-ENU here

64ビット版の SQL Server 2014 RTM Express

64ビット版の SQL Server 2014 SP1 にアップグレードする

SQLServer2014SP1-KB3018269-x64-ENU here

64ビット版の SQL Server 2014 用のクライアントと管理ツールのツールのみ (SQL Server 2014 Management Studio を含む)

クライアントと管理ツールを64ビット版の SQL Server 2014 SP1 にアップグレードする

SQLManagementStudio_x64_ENU .exe here

64ビット版の SQL Server 2014 Management Studio Express

64ビット版の SQL Server 2014 SP1 Management Studio Express にアップグレードする

SQLManagementStudio_x64_ENU .exe here

任意のエディションの SQL Server 2014 と64ビットバージョンのクライアントと管理ツール (SQL Server 2014 RTM Management Studio を含む) の64ビットバージョン。

すべての製品を64ビット版の SQL Server 2014 SP1 にアップグレードする

SQLServer2014SP1-KB3018269-x64-ENU here

MICROSOFT SQL Server 2014 RTM Feature Packからの1つ以上のツールの64ビットバージョン

ツールを64ビット版の Microsoft SQL Server 2014 SP1 機能パックにアップグレードする

MICROSOFT SQL Server 2014 SP1 機能パックの1つ以上のファイル

64ビット版の SQL Server 2014 Management Studio がインストールされていない

SP1 を含む64ビット版の SQL Server 2014 Management Studio をインストールする

SQLManagementStudio_x64_ENU .exe here

SQL Server 2014 RTM Express の64ビット版はありません

SP1 を含む64ビット版の SQL Server 2014 Express をインストールする

SQLEXPR_x64_ENU .exe here

SQL server のインストールを SQL Server 2014 SP1 にアップグレードする方法の詳細については、「 サポートされているバージョンとエディションのアップグレード」を参照してください。注:バージョン12.0 を使用している場合。4050.0 SQL Server 2014 Service SP1 (KB3018269) がインストールされている場合は、この更新プログラムをインストールする前に、すべてのインストールインスタンスからその更新プログラムをアンインストールする必要があります。 これを行うには、コントロールパネルの [ プログラムの追加と削除 ] を使用します。 詳細については、「 KB 3018269」を参照してください。 次のいずれかの理由により、KB3018269 がインストールされている可能性があることに注意してください。

  • SQL Server 2014 の既存のインスタンスに更新プログラムを適用した場合

  • KB3018269 "スリップストリームパッケージ" を使って SQL Server 2014 SP1 の新しいインスタンスをインストールした場合 (たとえば、SQLServer2014SP1-FullSlipstream ストリーム-x64-ENU)

  • SQL Server 2014 SP1 Express Edition パッケージのいずれかをインストールした場合

  • この製品には、Xerox Secure Hash Function から派生したソフトウェアが含まれています。

  • この製品には、zlib 汎用圧縮ライブラリのソフトウェアが含まれています。

  • このソフトウェアの一部は、RSA Data Security、Inc. の制作物に基づいています。マイクロソフトは RSA Data Security, Inc. のソフトウェアを本製品に組み込んでいるため、同社のソフトウェアに付属している以下の文言を含める必要があります。

    • Copyright 1990, RSA Data Security, Inc. All rights reserved.

    • このソフトウェアの複製および使用の許諾は、このソフトウェアおよびその機能に言及するすべての文書において、ソフトウェアが "RSA Data Security, Inc., MD5 Message-Digest Algorithm" であると明記されているという条件で付与されます。 派生する制作物の作成と使用の許諾も、その制作物に言及するすべての文書において、それが "RSA Data Security, Inc., MD5 Message-Digest Algorithm からの派生" であると明記されるという条件で付与されます。

    • RSA Data Security, Inc., は、このソフトウェアの商品性および特定の目的への適合性について、いかなる表明も行いません。 ソフトウェアは現状有姿で提供され、明示的にも黙示的にも、いかなる保証も行いません。

    これらの表示は、このドキュメントまたはソフトウェアのいかなる部分の複製においても保持されなくてはなりません。

  • Reporting Services マッピング機能は、米国全数調査ビューロー (http://www.census.gov/) で提供されているトラペン/行の Shapefiles のデータを使用します。 トラペン/Line Shapefiles は、全数調査 MAF/トラデータベースから選んだ地理的な情報と cartographic の情報を抽出します。 お客様のトラ Shapefiles は、米国全数調査ビューローのお客様は無料で利用できます。 トラライン shapefiles の詳細については、 http://www.census.gov/geo/www/tigerを参照してください。 トラ1行 Shapefiles の境界情報は、統計データの収集と tabulation 目的に限定されています。統計的目的での描写および指定は、jurisdictional authority、所有権、または利用資格の決定にはなりません。法的な土地の説明は反映されません。 全数調査トラは、全数調査の米国に登録されている商標です。

Copyright 2012 Microsoft. All rights reserved.

関連情報

現在の SQL Server バージョンとエディションを確認する方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

321185 SQL Server のバージョンとエディションを識別する方法 この記事で説明するサードパーティ製品は、Microsoft と関連のない他社の製品です。Microsoft は、これらの製品のパフォーマンスや信頼性について、明示または黙示に従わないいかなる責任も負わないものとします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×