現象

複数のプロセッサグループがあるコンピューターで、Microsoft SQL Server 2016 Analysis Services の表形式インスタンスを使用すると、次の1つ以上の問題が発生する場合があります。

  • Analysis Services (表形式モード) スレッドの グループアフィニティ設定は、Msmdsrv に記録されません。

  • Analysis Services (表形式モード) では、Msmdsrv ファイルの構成に関係なく、最初のプロセッサグループのプロセッサのみを使うことができます。

  • 特定のバージョンの Analysis Services (表形式モード) で使うことができるコアの数の制限は、適切に実装されていません。

解決方法

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

ソフトウェアの更新を説明するために Microsoft が使用する 用語 について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×