KB3171021-SQL Server 2014 Service Pack 2 リリース情報

この記事には、Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 2 (SP2) をインストールする前に読む必要がある重要な情報が含まれています。 サービスパック、サービスパックに含まれている修正プログラムの一覧、現在インストールされているバージョンに基づいて適切なダウンロードを選択する方法、製品の著作権の attributions の一覧を取得する方法について説明します。注: この記事では、このサービスパックに関連するすべてのドキュメントを見つけるための単一のソース情報を提供します。 このファイルには、リリースノートと Readme.txt ファイルに以前に見つかったすべての情報が含まれています。

詳細情報

SQL Server 2014 SP2 の入手方法

Sql Server 2014 SP2 は、 Sql server 2014 sp2 のダウンロードページからダウンロードできます。 SQL Server 2014 SP2 機能パックは、 ここからダウンロードできます。注: Service pack をインストールした後、SQL Server サービスのバージョンが 12.0.5000.0として反映されるようにする必要があります。

SQL Server 2014 SP2 に含まれている修正プログラムの一覧

Microsoft SQL Server 2014 サービスパックは累積更新プログラムです。 Sql Server 2014 SP2 では、SQL Server 2014 のすべてのエディションとサービスレベルが SQL Server 2014 SP2 にアップグレードされています。 この記事に記載されている修正に加えて、sql server 2014 SP2 には、sql server 2014 SP1 CU1 2014 に含まれていた修正プログラムが含まれています CU7。SQL Server 2014 で使用できる累積的な更新の詳細については、「 Sql server 2014 のビルドバージョン」を参照してください。 注意事項

  • ここに記載されていないその他の修正プログラムも、Service Pack に含まれている可能性があります。

  • この一覧は、さらに資料が公開されたときに、更新される予定です。

SQL Server 2014 SP2 で修正されたバグの詳細については、次の Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

VSTS バグ番号

サポート技術情報番号

説明

5694597

3173766

FIX: DBCC CHECKDB または CHECKTABLE が、SQL Server 2014 でのデータの破損とアサーションエラーに対して false を返します。

6935655

3177838

DBCC CLONEDATABASE (Transact-sql) は、SQL Server 2014 Service Pack 2 で導入されています。

7810838

3173767

SQL Server 2014 SP2 で多数のパーティションを持つデータベースのパフォーマンスが向上しました

7579503

3173157

SQL Server 2014 SP2 で変更追跡側のテーブルを手動でクリーンアップするためのストアドプロシージャを追加します。

3913004

3172998

修正: SQL Server 2014 で sys.dm_db_uncontained_entities DMV を使用すると重大なエラーが発生する

6988068

3173156

Update で SQL Server 2014 の AlwaysOn 拡張イベントとパフォーマンスカウンターが追加される

2197153

3172997

SQL Server 2014 SP2 の Showplan XML にメモリ許可の警告を追加する更新

4297600

3170123

SQL Server 2014 のトランザクションレプリケーションに含まれているアーティクルの DROP TABLE DDL をサポートします。

6723609

3170116

FIX: 最適化されたネストされたループ結合の実行に必要なメモリ許可が SQL Server 2014 の Showplan XML に反映されない

6170324

3170115

有効なトレースフラグに関する情報が SQL Server 2014 SP2 の showplan XML に追加される

5990425

3170114

SQL Server 2014 での DMF sys.dm_db_incremental_stats_properties 追加の更新

6685025、3512277

3170113

SQL Server 2014 SP2 でのプランの XML と拡張イベントでの、演算子ごとのクエリ実行の統計の公開の更新

6170317

3170112

SQL Server 2014 の Showplan XML で1つのクエリに対して有効な最大メモリを公開するように更新する

6852946

3170044

修正: SQL Server 2014 で module_end イベントの出力を解析するときに、無効な名前のエラーが発生します。

6927342

3170043

SQL Server 2014 SP1 の複雑な述語にクエリが含まれていると、パフォーマンスが低下する

6727876

3170042

DMV sys.dm_db_index_operational_stats は、SQL Server 2014 で誤った range_scan_count 値を返します。

6936784

3170022

Update を使用すると、SQL Server 2014 はプロセスのためにすべてのユーザーモードの仮想アドレス空間を使うことができます。

6945027

3170020

SQL Server 2014 SP2 の SQL Server エラーログで tempdb 構成に追加された情報メッセージ

6944985

3170019

Sql server の起動アカウントに関する情報を SQL Server 2014 エラーログのセキュリティポリシーに追加するように更新する

7638613

3170015

DMV の sys.dm_os_memory_nodes が SQL Server 2014 の DAC ノードの pages_kb の値に 0 以外の値を返す

6651348

3156304

Sql Server 2012 および2014での SQL Server AlwaysOn リースタイムアウトのサポートの向上

7003572

3154421

FIX: SQL Server 2012 または2014で AlwaysOn レプリカを再起動した後、Filestream ディレクトリが表示されない

6715815

3136780

BCP ユーティリティの UTF-8 エンコードのサポートと SQL Server 2014 SP2 での Transact-sql コマンドの一括挿入

6589061、6589062、6589063、6589064

3112363

Sql Server 2012 および2014の SQL Server AlwaysOn リースタイムアウトのサポート強化

6588983

3112362

修正: SQL Server の可用性グループでレプリカが表示されていないときに、レプリカに関する情報が表示されない

6588982

3112361

修正: alwayson_ddl_executed 拡張イベントには、SQL Server 2012 または2014のエラー番号が含まれていません。

6588981

3107401

SQL Server 2012 で新しいクエリメモリ許可オプションが使用可能 (min_grant_percent および max_grant_percent)

6589060

3107400

SQL Server 2012 および2014のプラン表示の XML スキーマでの tempdb のスピル診断の改善

6588999

3107399

SQL Server 2012 および2014での空間的なパフォーマンスの向上

6588995

3107398

SQL Server 2012 および2014で DMV を使用すると、メモリの付与診断機能が改善されました

6589011

3107397

SQL Server 2012 および2014での残留述語のプッシュダウンに関連するクエリ実行プランの診断機能が改善されました。

6589007

3107172

SQL Server 2012 および2014の拡張イベントを使用して tempdb の記録診断を改善する

6589587

3065060

[FIX] SSMS で差分バックアップを復元すると "復元プランを作成できません。LSN チェーンが破損しています" というエラーが表示される

1046313

2925865

FIPS 対応の Windows で SSIS 2012 パッケージを実行するとエラーが発生する

その他の解決方法

以下の問題の解決方法も、SQL Server 2014 SP2 に含まれています。

VSTS バグ番号

説明

6650726

CDC が有効でなくなった場合でも、テーブルの列名を変更することはできません。

6810365

Msdistribution_history で20598の行のテーブル名と PK 値を印刷します。

6810368

詳細なログを必要とせずに、エラーエラーの原因となった Cmd を印刷します。

6821167

"Change_tracking_hardened_cleanup_version" と "safe_cleanup_version" の印刷を簡単に行う方法については、「sys.sp_flush_commit_table_on_demand」を参考にしてください。

6925734

2012/2014 でインデックスを再構築する sys.dm_db_index_usage_stats で対応する利用統計情報を削除します (2008 R2 からの回帰)

6943695

エクスポート先のテーブルが空の文字列である場合に、ログリーダーのアサートとダンプが発生する

3988550

バッチ並べ替え/最適化された入れ子になったループ演算子の存在が、非常に大きなメモリ許可になり、サーバーの安定性 & パフォーマンスの問題が発生する

3781287

UNIT64 として定義されている Query_hash、XEvent として定義されている sys.dm_exec_query_stats の XEvent query_hash と query_hash は一致しません

7168415

ユーザーが ALTER TRACE 権限を持っていない場合は、マージレプリケーションのフィルターを使用してテーブルの DELETE コマンドを実行できませんでした

7343398

フィールド名が長すぎる場合のビジネスルールの実行エラー

6167933

クライアント接続で使用される TLS/SSL プロトコルを確認するためのメソッドを提供する

6588970

フォームを使用しているオランダの FTS が期待どおりに動作しない

6588974

Msxmlsql のロードロジックが、誤って "Authenticode 署名の確認に失敗しました" というメッセージを表示する

2128386

SqlCmd は、埋め込まれたコメントと中かっこ (2 票) の組み合わせでエラーなしで終了します。

2288369

非クラスター化インデックスを作成すると、Extended_Logical_Checks の DBCC CheckDB で破損エラーが発生する場合がある

5052858

日付の YYYY/MM/DD 形式 (従来の Datetime とは異なり) BCP では処理されません。

5783955

テキストから varchar (max) に列を変更した後、NULL 値は無視されます。

6589326

EKM DEK は、拇印が最大サイズより小さいキーの初期化に失敗した

6616118

パーティションの削除後に増分統計情報を更新すると、アクセス違反が表示される CPartitionFn:: CPartitionFn

6589000

"の統計情報 io を設定する" 並べ替えの作業テーブルの統計情報を表示しません

ダウンロードしてインストールする適切なファイルを選択する

SQL Server 2014 SP2 のダウンロードページには、SQL Server 2014 SP2 と基本的なインストール手順をインストールするためのシステム要件が記載されています。 SQL Server 2014 のサービス更新プログラムで、インストールされている 2014 SP2 コンポーネントのアップグレード方法に関するその他のドキュメントについては、「 Sql server 2014 サービス更新プログラムのインストール」を参照してください。現在インストールされているバージョンに基づいて、ダウンロードするファイルの場所と名前を識別するには、次の表を使用します。 ダウンロードページには、システム要件と基本的なインストール手順が記載されています。

現在インストールされているバージョン

実行する操作

ダウンロードしてインストールするファイル

32ビット版の SQL Server 2014 のエディション

32ビット版の SQL Server 2014 SP2 にアップグレードする

SQLServer2014SP2-KB3171021-x86-ENU here

32ビット版の SQL Server 2014 RTM または SP1 Express

32ビット版の SQL Server 2014 Express SP2 にアップグレードする

SQLServer2014SP2-KB3171021-x86-ENU here

32ビット版の SQL Server 2014 用のクライアントと管理ツールのツールのみ (SQL Server 2014 Management Studio を含む)

クライアントと管理ツールを32ビットバージョンの SQL Server 2014 SP2 にアップグレードする

SQLManagementStudio_x86_ENU .exe here

32ビット版の SQL Server 2014 Management Studio Express

32ビット版の SQL Server 2014 SP2 Management Studio Express にアップグレードする

SQLManagementStudio_x86_ENU .exe here

任意のエディションの SQL Server 2014 と32ビットバージョンのクライアントと管理ツール (SQL Server 2014 RTM Management Studio を含む) の32ビットバージョン。

すべての製品を32ビット版の SQL Server 2014 SP2 にアップグレードする

SQLServer2014SP2-KB3171021-x86-ENU here

MICROSOFT Sql server 2014 RTM Feature packまたはmicrosoft SQL Server 2014 SP1 機能パックの1つ以上のツールの32ビットバージョン

ツールを32ビットバージョンの Microsoft SQL Server 2014 SP2 機能パックにアップグレードする

MICROSOFT SQL Server 2014 SP2 機能パックの1つ以上のファイル

32ビット版の SQL Server 2014 Management Studio がインストールされていない

SP2 を含む、32ビット版の SQL Server 2014 Management Studio をインストールする

SQLManagementStudio_x86_ENU .exe here

SQL Server 2014 Express の32ビット版はありません

SP2 を含む、32ビット版の SQL Server 2014 Express をインストールする

SQLEXPR32_x86_ENU .exe here

64ビット版の SQL Server 2014 のエディション

64ビット版の SQL Server 2014 SP2 にアップグレードする

SQLServer2014SP2-KB3171021-x64-ENU here

64ビット版の SQL Server 2014 RTM または SP1 Express

64ビット版の SQL Server 2014 SP2 にアップグレードする

SQLServer2014SP2-KB3171021-x64-ENU here

64ビット版の SQL Server 2014 用のクライアントと管理ツールのツールのみ (SQL Server 2014 Management Studio を含む)

クライアントと管理ツールを64ビットバージョンの SQL Server 2014 SP2 にアップグレードする

SQLManagementStudio_x64_ENU .exe here

64ビット版の SQL Server 2014 Management Studio Express

64ビット版の SQL Server 2014 SP2 Management Studio Express にアップグレードする

SQLManagementStudio_x64_ENU .exe here

任意のエディションの SQL Server 2014 と64ビットバージョンのクライアントと管理ツール (SQL Server 2014 RTM Management Studio を含む) の64ビットバージョン。

すべての製品を64ビット版の SQL Server 2014 SP2 にアップグレードする

SQLServer2014SP2-KB3171021-x64-ENU here

MICROSOFT Sql server 2014 RTM Feature packまたはmicrosoft SQL Server 2014 SP1 機能パックの1つ以上のツールの64ビットバージョン

ツールを64ビットバージョンの Microsoft SQL Server 2014 SP2 機能パックにアップグレードする

MICROSOFT SQL Server 2014 SP2 機能パックの1つ以上のファイル

64ビット版の SQL Server 2014 Management Studio がインストールされていない

SP2 を含む、64ビット版の SQL Server 2014 Management Studio をインストールする

SQLManagementStudio_x64_ENU .exe here

SQL Server 2014 Express の64ビット版はありません

SP2 を含む、64ビット版の SQL Server 2014 Express をインストールする

SQLEXPR_x64_ENU .exe here

SQL server のインストールを SQL Server 2014 SP2 にアップグレードする方法の詳細については、「 サポートされているバージョンとエディションのアップグレード」を参照してください。

  • この製品には、Xerox Secure Hash Function から派生したソフトウェアが含まれています。

  • この製品には、zlib 汎用圧縮ライブラリのソフトウェアが含まれています。

  • このソフトウェアの一部は、RSA Data Security、Inc. の制作物に基づいています。マイクロソフトは RSA Data Security, Inc. のソフトウェアを本製品に組み込んでいるため、同社のソフトウェアに付属している以下の文言を含める必要があります。

    • Copyright 1990, RSA Data Security, Inc. All rights reserved.

    • このソフトウェアの複製および使用の許諾は、このソフトウェアおよびその機能に言及するすべての文書において、ソフトウェアが "RSA Data Security, Inc., MD5 Message-Digest Algorithm" であると明記されているという条件で付与されます。 派生する制作物の作成と使用の許諾も、その制作物に言及するすべての文書において、それが "RSA Data Security, Inc., MD5 Message-Digest Algorithm からの派生" であると明記されるという条件で付与されます。

    • RSA Data Security, Inc., は、このソフトウェアの商品性および特定の目的への適合性について、いかなる表明も行いません。 ソフトウェアは現状有姿で提供され、明示的にも黙示的にも、いかなる保証も行いません。

    これらの表示は、このドキュメントまたはソフトウェアのいかなる部分の複製においても保持されなくてはなりません。

  • Reporting Services マッピング機能は、米国全数調査ビューロー (http://www.census.gov/) で提供されているトラペン/行の Shapefiles のデータを使用します。 トラペン/Line Shapefiles は、全数調査 MAF/トラデータベースから選んだ地理的な情報と cartographic の情報を抽出します。 お客様のトラ Shapefiles は、米国全数調査ビューローから無料で利用できます。 トラライン shapefiles の詳細については、 http://www.census.gov/geo/www/tigerにアクセスしてください。 トラ1行 Shapefiles の境界情報は、統計データの収集と tabulation 目的に限定されています。統計的目的での描写および指定は、jurisdictional authority、所有権、または利用資格の決定にはなりません。法的な土地の説明は反映されません。 全数調査トラは、米国全数調査ビューローの登録商標です。

Copyright 2012 Microsoft. All rights reserved.

関連情報

現在の SQL Server バージョンとエディションを確認する方法の詳細については、次の記事番号を選択して Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

321185 SQL Server のバージョンとエディションを識別する方法 この記事で説明するサードパーティ製品は、Microsoft と関連のない他社の製品です。Microsoft は、これらの製品のパフォーマンスや信頼性について、明示または黙示に従わないいかなる責任も負わないものとします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×