KB4014962-Microsoft SQL Server Management Studio (SSMS) 17.0 RC3: 2017 年3月

SQL Server Management Studio (SSMS) のリリース候補 17.0 RC3 へようこそ。 このリリース候補には、SQL Server vNext のサポートが含まれています。

SSMS のリリース候補、17。 RC3 は、一般公開されているリリースと並行して動作しますが、実際に使用する場合はお勧めできません。

SSMS のドキュメント

適用性

この更新プログラムは、Windows Server Update Services (WSUS) を通じて適用される場合にのみ適用され、コンピューターに SSMS 17.0 RC2 がインストールされている場合にのみ適用されます。 コンピューターに SSMS 17.0 RC1 (またはそれ以前) または SSMS 16 がある場合。x (以前) がインストールされている場合、コンピューターには SSMS 17.0 RC3 update は提供されません。

概要

  • 新しいアップグレードパッケージ

    • 17日前にアップグレードします。現在のバージョンへのxのインストール

    • ダウンロードサイズを小さくする

    • RC2 から RC3 へのアップグレードに固有の問題については、下記の「 既知の問題」を参照してください。

  • アイコンの更新

    • SSMS 17.0 のアイコン更新プログラムの最終的なセット

    • 16を区別するための新しい SSMS とプロファイラーのプログラムアイコン。x と17。x バージョン

  • プレゼンテーションモード

    • クイック起動 (Ctrl + Q) では、3つの新しいタスクを利用できます。

      • プレゼンテーションモードをオンにします。

      • プレゼンテーションモード用にプレゼンテーションのフォントサイズを編集します。 クエリエディターの "テキストエディターのフォント"。 その他のコンポーネントの場合は "環境フォント"。

      • RestoreDefaultFonts-既定の設定に戻します。

    • 注: 現在、 PresentOff コマンドはありません。 Restoredefaultfontsを使用してプレゼンテーションモードをオフにする

  • SQL PowerShell モジュール

    • その他の機能強化によって、一部の SMO オブジェクトのプレゼンテーション (書式) が考慮されます (たとえば、データベースのサイズと利用可能領域が表示されるようになりました。テーブルには、行数とスペース使用量が表示されます)。

    • PowerShell コマンドプロンプトが、オブジェクトエクスプローラーの [PowerShell の開始] メニューから呼び出された場合の色付け

    • AG コマンドレット (New-SqlAvailabilityGroup、Join-sqlavailabilitygroup、Set-SqlAvailabilityGroup コマンドレット) への ClusterType と-RequiredCopiesToCommit パラメーターが追加されました。

    • パラメーターを追加しました-SqlAzureAuthenticationContext コマンドレット AzureKeyVaultResourceId ActiveDirectoryAuthority

  • Linux の SQL Server

    • ログ配布の全般的な改善と修正

  • 色付けと IntelliSense を使用した分析サーバーの DAX クエリエディター

  • 新しい "一意の制約の追加" テンプレート

  • プラン

    • [プロパティ] ウィンドウの [スレッド全体で、合計ではなく最大値を表示する] の経過時間を表示する

    • 新しい mem grant operator プロパティを公開する

    • インターリーブ実行のためのライブクエリ統計サポートで [クエリの編集] ボタンを有効にする

  • 登録されているサーバーエクスプローラーから Configuration Manager を削除する

  • Azure blob storage からの監査ログの読み取りを有効にする

更新プログラムの情報

Microsoft ダウンロードセンターから以下の更新プログラムをダウンロードできます。 今すぐ更新プログラムをダウンロードする Microsoft サポートファイルのダウンロード方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、 配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

バグ修正

  • ユーザー定義のテーブル型で既定値がスクリプト化されていない問題を修正しました。 項目を接続する

  • インデックスのコンテキストメニューのパフォーマンスが向上しました。 項目を接続する

  • 実行プランで欠落しているインデックスの上にマウスポインターを置くと、余分なちらつきが発生する問題が修正されました。 項目を接続する

  • スクリプトを実行しているときに SSMS がデータベースをオフラインにするという問題が修正されました。 項目を接続する

  • SSMS のローカライズ版 (英語以外) で行われたその他の UI 修正。

  • SQL 2016 SP1 Standard Edition のターゲットとして、"常に暗号化されたキー" ノードが見つからないという問題が修正されました。

  • 常に暗号化される

    • "常に暗号化されています" メニューが、SQL 2016 RTM 標準エディションまたは任意の SQL 2014 (およびその下位) サーバーを対象として正しく有効になっていない問題が修正されました。

    • 作成または変更の構文を使用したときに IntelliSense によってエラーが報告される問題が修正されました。

    • CMK/CEK の場合に、エスケープする必要がある文字 (角かっこで囲むなど) が含まれている問題を修正しました。

    • SSMS で "メモリが不足しています" 例外が発生し、代わりにネイティブ (64 ビット) PowerShell を使用するように勧めるエラーメッセージが表示される問題を修正しました。

    • ユーザーが従来の Azure サブスクリプションではなくリソースグループマネージャーのサブスクリプションを使用しているときに、AE ウィザードが失敗する問題が修正されました。

    • ユーザーがいずれかのサブスクリプションでアクセス許可を付与されていない場合や、いずれのサブスクリプションにも Azure Key コンテナーが含まれていない場合に、AE ウィザードで間違ったエラーメッセージが表示される問題を修正しました。

    • 複数の AAD が存在する場合に、Azure Key Vault のサインインページに Azure サブスクリプションが表示されていない AE ウィザードの問題が修正されました。

    • このユーザーが閲覧権限を持つ Azure サブスクリプションが表示されなかった、AE ウィザードの問題が修正されました。

  • SSMS のセットアップページのハイパーリンクのコントラストが改善されました。

  • SQL Server Express (2016 SP1) に接続しているときに Polybase ノードが表示されない問題が修正されました。

  • SSMS で Azure SQL データベースの互換性レベルを v140 に変更できない問題が修正されました。

  • Azure データベースの一覧を展開したときのオブジェクトエクスプローラーのパフォーマンスが向上しました。 項目を接続する

  • 非リレーショナルサーバーの種類 (AS\R \ \R) で [SQL Server ログの表示] コンテキストメニュー項目が誤って表示される問題を修正しました。

  • SQL Server 認証を使用して Analysis Services のパーティションクエリの構文をチェックすると、"ログインに失敗しました" というメッセージが表示される問題が修正されました。

  • プレビュー1400の名前の変更が、SSMS ではテーブルモデルとして失敗する問題が修正されました。

  • まれな状況で、同一の操作を実行しようとしたときに発生する可能性がある "モデルでの操作に失敗しました"という問題が修正されました。

  • [Analysis Services の同期データベース] ポップアップダイアログボックスで入力ミスが修正されました。

既知の問題

  • RC2 から RC3 にアップグレードする

    • 「、RS」、「IS」のメニューオプションにアクセスできません

    • プロファイラーとデータベースチューニングエンジンアドバイザーが "ツール" メニューに表示されない

    • 回避策: SSMS 17.0 RC3 のセットアップを再実行して、[修復] を選択します。

  • Linux での SQL のサポート:

    • "SQL on Linux" でのネイティブパスのサポートは、SSMS の今後の更新プログラムに含まれます。

    • 現在、SSMS の一部のシナリオは期待どおりに動作しない可能性があります。 次に例を示します。

      • "バックアップデータベース" フォームに表示されるパスは、c/opt のように表示されます。(ネイティブの Linux パスの代わりに)。

      • データベースのバックアップウィザードの [ コンテンツ ] をクリックすると、エラーが発生します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×