概要

この更新プログラムでは、 QUERY_PLAN_PROFILEの新しい USE HINT クエリヒント引数が追加されます。 この引数を指定すると、クエリの簡易プロファイリングが有効になります。 この新しいヒントを含むクエリが終了すると、新しい拡張イベント ( query_plan_profile) が発生します。 この拡張イベントは、実行の統計情報と実際の実行プランの XML をquery_post_execution_showplan 拡張イベントと類似していますが、新しいヒントを含むクエリに対してのみ公開します。

注意事項

  • クエリに対して軽量プロファイリングが有効になっている場合は、クエリの実行時のパフォーマンス統計情報を分析できるようになります。 Sys.dm_exec_query_profilesSys.dm_exec_query_statistics_xmlライブクエリの統計情報などの機能も使用できます。

  • Query_post_execution_showplan拡張イベントの収集を有効にすると、サーバー上で実行されているすべてのクエリに標準のプロファイリングインフラストラクチャが追加され、サーバーの全体的なパフォーマンスに影響が及ぶ可能性があります。 代わりに簡易プロファイリングインフラストラクチャを使用するように収集 query_thread_profile 拡張イベントを有効にした場合、パフォーマンスが大幅に低下することになりますが、サーバーの全体的なパフォーマンスに影響します。 Query_plan_profile拡張イベントを有効にすると、QUERY_PLAN_PROFILE で実行されるクエリの軽量プロファイリングインフラストラクチャのみが有効になり、サーバー上の他のワークロードには影響しません。 このヒントを使用すると、サーバーのワークロードの他の部分に影響を与えずに特定のクエリをプロファイルできます。

標準および軽量のクエリのプロファイリングの詳細については、Microsoft ドキュメントの web サイトの sys.dm_exec_query_statistics_xml のトピックを参照してください。

詳細情報

この問題は、SQL Server の次の更新プログラムで修正されています。

SQL Server 2017 の累積更新プログラム11

SQL Server 2016 Service Pack 2 の累積更新プログラム 3

SQL Server ビルドについて

SQL Server 2016 用の新しいビルドごとに、以前のビルドで行われたすべての修正プログラムとセキュリティの修正が含まれています。 使用しているバージョンの SQL Server 用の最新のビルドをインストールすることをお勧めします。

SQL Server 2017 の最新の累積的な更新プログラム

SQL Server 2016 の最新ビルド。 

参照情報

Microsoft でソフトウェアの更新について説明する 用語 について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×