Linux では、Teradata の ODBC の設定

概要

この資料では、セクション 10.2 RevoScaleR Teradata 入門ガイド アカウントへの配布および Teradata 14.10 の ODBC クライアント ドライバーをパッケージ化して番組ガイドの発行後の変更の指示を Linux で Teradata のクライアントを更新します。

詳細

Rpm で unixODBC がインストールされていないことを確認します。ある場合は、unixODBC 2. 3.1 をインストールしようとする前に削除します。

# rpm -qa | grep unixODBC



これは何を返す必要があります。すべてのパッケージがある場合は、それらを削除するのには yum を使用します。

# yum remove <package>



ビルドが成功したとドライバーのインストールに必要なその他の必須コンポーネントのパッケージをインストールします。

# yum install ksh


# yum install gcc


# yum install make


Tdodbc rpm を適切にインストールされますので、ksh へのリンクを作成します。

# ln -s /bin/ksh /usr/bin/ksh


ビルドし、unixODBC 2.3.1 ドライバー マネージャーをインストールします。

# mkdir ~/downloads


# cd ~/downloads


# wget ftp://ftp.unixodbc.org/pub/unixODBC/unixODBC-2.3.1.tar.gz


# tar -zxf unixODBC-2.3.1.tar.gz


# cd unixODBC-2.3.1



既定の構成は/usr/の下にインストールするのには unixodbc が発生します。

# ./configure


# make


# make install



Teradata の ODBC ドライバーをインストールします。

ファイルを取得します。

# cd ~/downloads


# mkdir teradata_odbc


# cd teradata_odbc



Http://downloads.teradata.com/download/connectivity/odbc-driver/linuxにサインインして、ディレクトリ teradata_odbc にtdodbc__linux_indep.14.10.00.00 1.tar.gzをダウンロードします。

# tar -zxf tdodbc__linux_indep.14.10.00.00-1.tar.gz


# tar -zxf tdicu__linux_indep.14.10.00.00-1.tar.gz 


# tar -zxf TeraGSS_linux_x64__linux_indep.14.10.00.06-1.tar.gz

Rpm パッケージをインストールします。

# rpm -ihv tdicu/tdicu-14.10.00.00-1.noarch.rpm


# source /etc/profile


# rpm -ihv TeraGSS/TeraGSS_linux_x64-14.10.00.06-1.noarch.rpm 


# rpm -ihv tdodbc/tdodbc-14.10.00.00-1.noarch.rpm


ODBC の ini ファイルを更新します。検索するのには ini ファイルは次のとおり入力します。

# odbcinst -j


Odbcinst.ini (ドライバー) を編集し、以下を追加します。

[Teradata]


Driver=/opt/teradata/client/14.10/odbc_64/lib/tdata.so


APILevel=CORE


ConnectFunctions=YYY


DriverODBCVer=3.51


SQLLevel=1


Odbc.ini (Dsn) を編集し、以下を追加します。 それ以外の場合のままに空白が必要な場合は、ユーザー名、パスワード、データベースを変更します。

[ODBC Data Sources]


TDDSN=tdata.so



[ODBC]


InstallDir=/opt/teradata/client/14.10/odbc_64


Trace=0


TraceDll=/opt/teradata/client/14.10/odbc_64/lib/odbctrac.so


TraceFile=/usr/joe/odbcusr/trace.log


TraceAutoStop=0



[TDDSN]


Driver=/opt/teradata/client/14.10/odbc_64/lib/tdata.so


Description=Teradata database


DBCName=<MachineName or ip>


LastUser=


Username=


Password=


Database=


Isql を使用して、Teradata の接続を確認します。

# isql tddsn <username> <password>


+---------------------------------------+


| Connected!                            |


|                                       |


| sql-statement                         |


| help [tablename]                      |


| quit                                  |


|                                      |


+---------------------------------------+


SQL> select * from Database.Table;


SQL> quit; 


革命 R エンタープライズのドライバーが検出されるように LD_LIBRARY_PATH を変更します。

# export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:$(odbc_config --lib-prefix)


# echo $LD_LIBRARY_PATH


革命 R エンタープライズ (DSNless) での使用例です。必要に応じて、TeradataConnString パラメーターを変更します。

TeradataConnString <- "DRIVER=Teradata;DBCNAME=machinename;DATABASE=databasename;UID=username;PWD=password;"


rxOdbcDS <- RxOdbcData(sqlQuery = "SELECT * FROM db.table", connectionString = TeradataConnString)


rxImport(rxOdbcDS)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×