LMS で Microsoft Teams 会議を使用する

Microsoft Teams 会議は、教師と学生が Teams 会議を LMS コースに簡単に組み込むのに役立つ LTI アプリです。 ユーザーは、過去および今後の会議、個別または定期的な会議のスケジュールを表示し、コースに関連する Teams 会議にすべて LMS 内から参加できます。 手順に従って、LMS コースで Microsoft Teams 会議を有効にします。

  1. Teams 会議を追加する Canvas コースを選択します。

2.   コース ナビゲーション メニューで [設定] を選択します。

3.   [統合] タブを選択します。

注:  [設定] を選択すると、[統合] タブが表示されます。

4.   切り替えをオンにして Microsoft Sync を有効にします。 

Microsoft Sync への機能を備えた [統合] タブ

5.   [ナビゲーション] タブを選択します。

コース ナビゲーション付きの [Canvas] メニュー

6.   Teams 会議アイテムを下から上にドラッグ アンド ドロップし、完了したら [保存] を選択します。 

注:  Teams 会議は、選択した場所のコース ナビゲーションに表示される必要があります。  

7.   Teams 会議を選択して、アプリを起動します。 

  1. Microsoft Teams 会議を追加したい Moodle コースを選択します。 

  2. 右上隅にある [編集をオンにする] を選択します。 Moodle のスクリーンショット、右上隅で編集をオンにしている

  3. [アクティビティまたはリソースを追加] > [外部ツール] を選択します。 Moodle のスクリーンショット、アクティビティを追加している Moodle のスクリーンショット、外部ツールを選択している

  4. [事前構成済みツール] ドロップダウンから、登録済みの Microsoft Teams 会議ツールを選択します。 Moodle のスクリーンショット、事前構成済みツールのドロップダウンから 「Teams 会議」 を選択している。

  5. "講義" などのアクティビティ名を入力し、[保存] を選択します。

  6. [編集をオフにする] を選択します。 

  7. アプリを起動するために設定した Microsoft Teams 会議アクティビティを選択します。 Moodleのスクリーンショット、Teams 会議を開始している

議事録には、クラスで現在スケジュールされているすべての会議が表示されます。 新しい会議を追加するには:

  1. [+ 新しい会議] を選択し、会議の詳細を入力します。

  2. [保存] を選択します。

注: Moodle から直接会議に参加できます。 

  1. Microsoft Teams 会議を追加したい Open LMS コースを選択します。 

  2. 右上隅にある [編集をオンにする] を選択します。 Moodle のスクリーンショット、右上隅で編集をオンにしている

  3. [アクティビティまたはリソースを追加] > [外部ツール] を選択します。 Moodle のスクリーンショット、アクティビティを追加している Moodle のスクリーンショット、外部ツールを選択している

  4. [事前構成済みツール] ドロップダウンから、登録済みの Microsoft Teams 会議ツールを選択します。 Moodle のスクリーンショット、事前構成済みツールのドロップダウンから 「Teams 会議」 を選択している。

  5. "講義" などのアクティビティ名を入力し、[保存] を選択します。

  6. [編集をオフにする] を選択します。 

  7. アプリを起動するために設定した Microsoft Teams 会議アクティビティを選択します。 Moodleのスクリーンショット、Teams 会議を開始している

議事録には、クラスで現在スケジュールされているすべての会議が表示されます。 新しい会議を追加するには:

  1. [+ 新しい会議] を選択し、会議の詳細を入力します。

  2. [保存] を選択します。

注: Open LMS から直接会議に参加できます。 

重要: 開始する前に、管理者が D2L Brightspace と Microsoft Teams 会議間の登録を完了していることを確認します。 

  1. コースを開きます。 上部のナビゲーションで [コンテンツ] > [既存の追加] を選択します。 LMS D2L Brightspace がクラスの [コンテンツの選択] ボタンを強調表示しているスクリーンショット。

  2. [外部ツール アクティビティ] を選択します。  コースの [既存のアクティビティ] ドロップダウンを強調表示している D2L Brightspace LMS のスクリーンショット。

  3. [Microsoft Teams 会議] (管理者によって設定) を選択します。  コースでの Microsoft Teams 会議の外観を示す D2L Brightspace LMS のスクリーンショット。

議事録には、クラスで現在スケジュールされているすべての会議が表示されます。 新しい会議を追加するには:

  1. [+ 新しい会議] を選択し、会議の詳細を入力します。
    Microsoft Teams Meetings アクティビティを追加する [アクティビティの追加] モーダル オープン強調表示を含む D2L Brightspace LMS のスクリーンショット。

  2. [保存] を選択します。

注: D2L Brightspace から直接会議に参加できます。

重要: 作業を開始する前に、管理者が Schoology と Microsoft Teams 会議の間の登録を完了していることを確認します。

  1. コースを開き、[アプリのインストール] を選択します。  Schoology コースのスクリーンショット。コース ナビゲーションの下部にある [アプリのインストール] ボタンが強調表示されています。

  2. [Microsoft Teams 会議] を選択し、[送信] を選択します。 Microsoft Teams 会議オプションを示す Schoology コースのスクリーンショット。

  3. アプリがコース ナビゲーションに表示され、Schoology から直接会議に参加できるようになりました。

Blackboard Learn Ultra エクスペリエンス

  1. コースを開き、左側の [ツール] を選択 します。 LMS Blackboard のスクリーンショット。コースナビゲーションとツール オプションが強調表示されています。

  2. [Microsoft Teams 会議] を選択します。 Blackboard LMS の [ツール] の [Teams 会議] ボタンを強調表示するスクリーンショット。

  3. Blackboard Learn から直接会議をスケジュールできるようになりました。 Blackboard LMS の Teams 会議のスクリーンショット
     

Blackboard Learn クラシック エクスペリエンス

  1. コースを開き、左側の [書籍 と ツール] > [コースの表示ツールと教育機関ツール] を選択します。 LMS Blackboard のスクリーンショット。コースナビゲーションの強調表示、詳細&操作セクション、ブック&ツールセクションで、コース&表示ツール ボタンを選択します。

  2. [Microsoft Teams 会議] を選択します。 Blackboard Ultra の [ブック & ツール] ウィンドウで Microsoft Teams を選択するオプションを強調表示しているスクリーンショット。

  3. Blackboard Learn Ultra から直接会議をスケジュールできるようになりました。 Blackboard LMS の Teams 会議のスクリーンショット

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×