Microsoft デバイスのアプリケーション固有の設定を構成する方法

Microsoft マウス キーボード センターをインストールして開くと、PC に接続中でサポートされている Microsoft マウスおよびキーボードが自動的に検出され、表示されます。 サポートされているデバイスを新たに追加した場合や、既存のデバイスを取り外した場合は、UI に表示されているデバイスの画像が自動的に更新されます。

注: Microsoft マウス キーボード センター UI で使用可能なアプリに固有の設定は、選択した特定のデバイス モデルに基づいています。

Microsoft デバイスを選択する

  • 表示されているデバイスの一覧をスクロールして、構成するデバイスを見つけます。 デバイスが表示されない場合は、デバイスを取り外し、Microsoft マウス キーボード センターをシャットダウンした後、再起動します。 それでもデバイスが表示されない場合は、デバイスがサポートされていることを確認し、デバイスのセットアップに関するトラブルシューティングの記事で他の解決策を参照してください。

デバイスのアプリケーション固有の設定を構成する

さまざまなプログラムでさまざまなコマンドを実行するために、ボタンやキーを割り当てることができます。 たとえば、PowerPoint ではデジタル インクのアクティブ化、ゲームではマクロのアクティブ化、その他のアプリケーションでは拡大鏡のアクティブ化を、同じボタンやキーに割り当てることができます。

特定のアプリケーション用にボタンやキーを再割り当てする

  1. [アプリケーション固有の設定] をクリックします。 既にアプリケーションを追加している場合は、アプリケーションの一覧が表示されます。

  2. リストに新しいアプリケーションを追加するには、[新規追加] をクリックし ます。

  3. 表示されたコンピューターにインストール済みのアプリケーションの一覧から、追加するアプリケーションをクリックします。

  4. ボタンやキーの割り当てを変更するアプリケーションをクリックします。 現在のボタン/キー コマンドの割り当ての一覧が表示されます。

  5. 割り当てを変更するボタンやキーをクリックします。 よく使用されるコマンドの一覧が表示されます。

  6. その他のコマンドを表示するには、[すべてのコマンドを表示] をクリックし ます。

  7. 一部のコマンドでは、左側にヒント アイコンが表示されます。 このアイコンをクリックすると、コマンドの詳細情報が表示されます。

  8. 割り当てを変更するには、目的のコマンドをクリックします。

  9. ボタン/キーを無効にするには、[このボタンを無効にする] をクリックします。

  10. 元のダイアログ ボックスに戻るには、[戻る] をクリックします。

  11. 割り当てを変更する各ボタン/キーについて、手順 4 ~ 8 を繰り返します。

既定の設定を復元する

[既定の設定に戻す] をクリックし、[復元] をクリックして確認します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×