Microsoft リテール管理システムのストア操作で Epson プリンターの OPOS ドライバーを設定する方法

はじめに

この記事では、Microsoft ビジネスソリューションの T88II などの Epson プリンター (プリペイド) ドライバー用の OLE (OPOS) ドライバーをセットアップする方法について説明します。

詳細情報

注: プリンターが OPOS ドライバーに対応しているかどうかを確認するには、Epson に連絡してください。 Epson サポートに問い合わせるには、(562) ストア操作で Epson プリンターの276-1314.To ドライバー用に OLE をセットアップするには、次の手順を実行します。

  1. 次の Epson Web サイトから Epson OPOS ドライバーをダウンロードします。

    https://www.epsonexpert.com/ee/appDev/appDevOPOS.htm 次に、インストールファイルをハードディスクドライブに解凍します。 注意事項

    • Epson OPOS ドライバーをダウンロードする前に、Epson は「EpsonExpert 戦略的開発者」プログラムに登録する必要があります。 これは、北米ユーザ専用に設計された無料プログラムです。 このプログラムでは、Epson OPOS 製品とサービスに関する単一のソース情報を提供します。

    • Epson OPOS ADK バージョン 2.50 e をお勧めします。 ただし、一部のプリンターとキャッシュドロワーの組み合わせでは、以前のバージョンが必要になることがあります。

    • 一部の新しいプリンターが表示されない場合があります。 この場合、Epson OPOS 2.50 e Service Pack 10 をダウンロードしてインストールします。 たとえば、T88IV printers は Epson OPOS v 2.50 e ベースバージョンでは利用できません。

  2. 解凍した Disk1 フォルダーの setup.exe をダブルクリックして、インストールを開始します。

  3. インストール中に、 EPSON CO または コモンコントロールオブジェクト (cco)を選択するように求められた場合を除き、すべての既定値をそのまま使用します。 この場合は、[ コモンコントロールオブジェクト (CCO)] を選択します。 注: すべての既定値をそのまま使用する場合は、OPOS ドライバーを削除してから再インストールしてください。 このアクションは、Epson ドライバーではなく、ストア操作によって要求されます。 Windows アプリケーションを削除する方法については、Windows オンラインヘルプを検索してください。

  4. [ スタート] をクリックし、[ プログラム]、[ OPOS] の順にポイントして、[ setuppos バージョン 2.00] をクリックします。

  5. [ POSPrinter] を右クリックし、[ 新しいデバイスの追加] をクリックします。

  6. 使用しているデバイス名をクリックします。 たとえば、[ TM-T88II] をクリックします。

  7. [詳細モデル] をクリックします。 USB の場合は "P"、並列の場合は "U" を選択します。 COM ポートに接続するシリアルデバイスには、通常、サフィックスはありません。

  8. [ Add NEW LDN ] ボックスに名前を入力します。 たとえば、「 プリンター」と入力します。 この名前をメモしておきます。 この名前は、ストア運営マネージャーで register を設定するときに使用します。

  9. [次へ] をクリックします。

  10. このプリンターが接続されている LPT または COM ポートをクリックします。

  11. [ 状態の確認] をクリックします。 プリンタードライバーが正しく構成されている場合は、テストの確認メッセージが表示されます。 プリンタードライバーは、このテストに合格して、ストア操作で動作する必要があります。 [ 完了 ] をクリックして、プリンターの OPOS インストールを完了します。注: オンの状態を確認する対話型テストでエラーが発生した場合は、Epson にテクニカルサポートまでお問い合わせください。 Microsoft ビジネスソリューションは、ハードウェア OPOS ドライバーのセットアップをサポートしていません。 Epson サポートに問い合わせるには、(562) 276-1314 にお電話ください。

  12. Epson プリンターに接続されているキャッシュドロワーがある場合は、次の手順に従って、ドロアーをセットアップします。

    1. [ CashDrawer] を右クリックし、[ 新しいデバイスの追加] をクリックします。

    2. デバイス名として [ 標準 ] をクリックして選択します。 LDN 名として ドローワ を入力します。

    3. [ Standardp ] をクリックして詳細モデルとして選択し、[ 次へ] をクリックします。

    4. キャッシュドロワーと同じ LPT ポートをクリックします。 これは、手順7で選択したのと同じポートになります。

    5. キャッシュドロワーの [ 健康の確認 ] をクリックします。 ドロワーが開きます。

    6. ストア運用マネージャーで、[レジスタのプロパティ] を開きます。 この操作を行うには、[ データベース] をクリックし、[ 登録] をポイントして、[ 登録] をクリックします。

    7. [ レシートプリンター 1 ] タブをクリックします。

    8. OPOS デバイスの場合は、「 printer」と入力します。ここ では、 手順8で作成した LDN 名を指定します。

    9. レシートのプリンターの確認メッセージ形式が選択されていることを確認します。 キャッシュドロワーの OPOS デバイス名については、[ キャッシュドロワー ] タブをクリックして、 「ドローワ」と入力します。ここで、 ドローワ は、手順11B で作成した LDN 名です。

    10. POS に売上トランザクションを入力して、プリンターとキャッシュドロワーをテストします。 販売取引の入力に関するヘルプを表示するには、 F1 キーを押して、ユーザーのガイドまたはマネージャーまたは POS のオンラインヘルプを参照してください。

注: オンの状態を確認する対話型テストでエラーが発生した場合は、Epson にテクニカルサポートまでお問い合わせください。 Microsoft Dynamics リテールサポートは、ハードウェア OPOS ドライバーのセットアップをサポートしていません。 Epson サポートに問い合わせるには、(562) 276-1314 にお電話ください。注: Epson のセットアッププログラムでプリンターとキャッシュドロワーのテストが正常に完了しても、ストア操作では動作しない場合があります。 このような場合は、コントロールパネルの Windows の [アプリケーションの追加と削除] を使って、2.50 e ドライバーを削除してから、以前のバージョンの Epson OPOS ドライバーをダウンロードしてインストールします。 以前の Epson OPOS ドライバーを入手するには、次の Epson Web サイトを参照してください。

https://www.epsonexpert.com/ee/appDev/appDevOPOS.htmこの資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

関連情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×