Microsoft Dynamics 365 バージョン 8.2.2.19 のリリースのためのポータルの機能

概要

Microsoft Dynamics の 365 の機能バージョン 8.2.2.19 のポータルが提供されています。このアップグレードでは、Dynamics 365 で、ソリューションのアップグレードは必要はありませんし、更新が展開するポータル web サイトに自動的にマイクロソフトによってことを注意してください。更新中は Dynamics 365 の管理センターで [ポータルの管理] ページは、読み取り専用状態で短時間の。

日付とその対応する KB 資料にリリースされたすべてのポータルの更新の完全なリスト、 KB #3181191を参照してください。

ポータル機能のバージョン 8.2.2.19 へのアップグレード

このリリースには、更新されたポータル ホストのみが含まれていて、既存のすべてのポータルを自動的に更新されるためです。この更新プログラムが利用可能な新しいポータルを展開する場合、展開に自動的が含まれますこの更新プログラム内の拡張機能を。

ポータル機能のバージョン 8.2.2.19 で解決済みの懸案事項

 バージョン 8.2.2.19 には、次の問題が解決されます。

  • 管理者は、ポータルの管理センターから、既存の SSL バインドを削除することはありません。

  • エンティティ テキスト フィルター検索かかる場合が多くの時間を実行して、"eq"操作の fetchxml フィルターで検索結果が返されない。

  • 関連付けられている Dynamics 365 インスタンスをリセットした後、ポータルではエンティティのレコードに加えられた変更は反映されません。

  • ESS ポータルでは、確認の電子メールをクリックすると 404 エラー ページが返されます。

  • ESS ポータルでは、ユーザーの優先言語が無効になるし、ポータルは既定の言語を使用して代わりにします。

  • ポータル管理者センター] ページでドメイン名を入力、無効な文字は、ポータルの準備が失敗する可能性があります。

  • カスタム アイデア ステータス (statuscode) は、アイデアがステータスでフィルターした場合、ポータル上のエラーをトリガーできます。

  • キャッシュの無効化、ポータルでは、最初のエンティティ レコードに加えられた変更は反映されません。

  • ポータルの管理ページは、ユーザーが SSL バインドを削除しようとするときにハングします。

  • ポータルの管理センターが新しい SSL バインドを追加した後に自動的に更新されません。

  • いくつかの状況では、ポータルの管理センターはページはタイムアウトとポータルを準備する際にエラーが発生します。

  • ブログ内のコメントを承認するには、ユーザーことができますが表示される"この機能に必要なコンテンツの読み込み中にエラーが発生しました。 不明なエラーが発生しました。エラー ID #"ある条件下でのメッセージです。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×