概要

Microsoft Dynamics の 365 の機能バージョン 8.2.3.10 のポータルが提供されています。このアップグレードでは、Dynamics 365 で、ソリューションのアップグレードは必要はありませんし、更新が展開するポータル web サイトに自動的にマイクロソフトによってことを注意してください。更新中は Dynamics 365 の管理センターで [ポータルの管理] ページは、読み取り専用状態で短時間の。

日付とその対応する KB 資料にリリースされたすべてのポータルの更新の完全なリスト、 KB #3181191を参照してください。

ポータル機能のバージョン 8.2.3.10 へのアップグレード

このリリースには、更新されたポータル ホストのみが含まれていて、既存のすべてのポータルを自動的に更新されるためです。この更新プログラムが利用可能な新しいポータルを展開する場合、展開に自動的が含まれますこの更新プログラム内の拡張機能を。

ポータル機能のバージョン 8.2.3.10 で解決済みの懸案事項

バージョン 8.2.3.10 には、次の問題が解決されます。

  • 検索を無効にすると、[エンティティ] ボックスの一覧で Web ページの NullReference の例外がスローされます。

  • 非常に大規模な検索文字列は、[エンティティ] ボックスの一覧を検索するときに使用する場合は、エラーがスローされます。

  • モバイル ブラウザーでの参照] ダイアログ ボックスでは、HTML スクリプトが表示されます。

  • ポータルの Dynamics 365 のインスタンスを変更することはいくつかの条件下で失敗します。

  • カスタムの考え方のステータス値は、[状態] ドロップダウン リストは表示されません。

  • 日付/時刻フィールドは、[エンティティ] ボックスの一覧から Excel にエクスポートするときに予期された形式従っていません。

  • エンティティ] ボックスの一覧のレコードは、ポータルの言語を変更した後、適切な言語を反映することはしません。

  • 外部 OAuth2 を使用してポータルにログインする認証プロバイダーは 302 リダイレクトではいくつかの条件下で失敗します。

  • 「新しいウィンドウで開く」への Web リンクを変更しても、期待どおりには機能しません。

  • 生産/試用版のオプションは、[ポータルの管理ページで、編集を無効になっている場合でもにドロップダウン リストとして表示されます。

  • ナレッジ記事がある同じキーワードでも検索結果の上部にあるポータルの Url が返されます。

  • フル ページ テンプレートは、いくつかの条件下では適切にレンダリングされません。

  • いくつかの条件下では、検索インデックスには、最新のレコードが含まれません。

  • ユーザーは、SAML2 といくつかの条件下で ADFS を使用してポータルにサインインすることはありません。

  • [エンティティ] ボックスの一覧の [カレンダー] ビューを使用すると、いくつかの条件下でエラーをトリガーできます。

  • 5,000 を超えるレコードが検索結果が存在する場合、最初のページの結果が重複しています。

  • 新しい CSS ファイルをアップロードするポータルのフロント サイド ・ エディターを使用して、ファイルの拡張子は部分的な URL の値には含まれません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×