はじめに

Microsoft Dynamics CRM オンライン 2013 のオンライン サービスの更新の 2 があるようになりました。この資料では、修正プログラムおよびオンライン サービスの更新プログラム 2 に含まれる更新プログラムについて説明します。

詳細

ビルド番号とファイル名

更新プログラム パッケージ

ビルド番号

Microsoft Dynamics CRM 2013年オンライン サービスの更新プログラム 2

6.0.1.462


組織にこの更新プログラムの適用があったかどうかを判断するのには、Microsoft Dynamics CRM Online のバージョン番号を確認してください。右上隅で、歯車アイコンをクリックし、[バージョン情報。この更新プログラムは、2014 年 2 月 3 ~ 7 日の週でグローバルに完了する予定です。

Microsoft Dynamics CRM 2013年オンライン サービスの更新プログラム 2

オンライン サービスの更新プログラム 2 には、次の問題が解決されます。

  • 複数の非アクティブの状態の理由のあるユーザー定義エンティティが適切なステータスを選択するユーザーに確認せず無効化されます。フォーム ビューではなく、フォーム内で発生します。

  • 未解決の受信者は、電子メール フォームから削除されます。

  • 予期しない形式の変更は、電子メール テンプレートを使用して電子メール メッセージを作成するときに発生します。

  • Internet Explorer 8 を使用すると、レコードが開かれたとき、関連するレコードのドロップ ダウン リストにされていません。

  • 作業中にエンティティの属性の ime 入力モードを設定すると、IME モードが無効になります。これは、単一行のテキスト、複数行のテキスト、およびその他の要素またはテキスト領域の要素を入力するのにはバインドされている属性で発生します。

  • 電話形式の設定を使用して設定されているフィールドがある場合は、連絡先カードでダイヤルできる電話番号として、フィールドが表示されます。「電話」としてマークされたフィールドのある CRM 2013 より前のバージョンの CRM ソリューションを作成する場合、2013年組織にソリューションがインポートされたとき、フィールドが「テキスト」としてマークされました。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×