Microsoft Dynamics NAV の SMTP 通信の既定のポートを変更することはできません。

テンプレート: CPR の Navision のコードの修正プログラムのテンプレート

BUG #: 138457 (コンテンツ管理)

この資料は、すべての言語ロケールには、Microsoft Dynamics NAV に適用されます。

現象

Microsoft Dynamics NAV. 内の SMTP 通信の既定のポートを変更することはできません。
この問題は、次の製品で発生します。

  • Microsoft Dynamics NAV 2009 サービス パック 1

  • Microsoft Dynamics NAV の R2

  • Microsoft Dynamics NAV 2009

  • Microsoft Dynamics NAV 5.0 のサービス パック 1

  • Microsoft Dynamics NAV 5.0

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールした場合、またはその他のテクニカル ・ サポートのご質問がある場合、パートナーにお問い合わせくださいまたは場合は、マイクロソフトから直接サポート プランに登録すると、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡して新しいサポート要求を作成します。 これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

https://mbs.microsoft.com/support/newstart.aspxこれらのリンクを使用して、国の特定の電話番号を電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。 これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

パートナー

https://mbs.microsoft.com/partnersource/resources/support/supportinformation/Global+Support+Contactsお客様

https://mbs.microsoft.com/customersource/support/information/SupportInformation/global_support_contacts_eng.htmかかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。

この修正プログラムではない正式に公開された (つまり、この資料でこの修正プログラムの入手先の URL が設定されていません)、配布には、技術責任者、エスカレーション チームのメンバー、または管理者の承認が必要で、次の情報が適用されます。

  • 修正プログラムを受信するには、「現象」に記載されているバグが発生していること必要があるとします。

  • これを送信し、(service pack がリリースされた) 場合に使用可能になったら、次の service pack の提供は、顧客を追跡する必要があります。

この修正プログラムは、Microsoft Dynamics NAV の service pack に含まれる予定はありません。



Microsoft Dynamics NAV の修正プログラムを入手するか、ファイルを更新する方法

Microsoft Dynamics NAV の修正プログラムを要求すると後のハイパーリンクを電子メールに送信されます。


電子メールのハイパーリンクとパスワードが含まれます。ハイパーリンクを使用すると、Microsoft Dynamics NAV の修正プログラムまたは更新プログラムのファイルをダウンロードします。ハイパーリンクをクリックすると、ファイルのダウンロード-セキュリティ警告] ダイアログ ボックスが開きます。次に、実行、保存、またはダウンロードをキャンセルする求められます。


実行をクリックすると、ファイルはダウンロードし、抽出処理を開始します。新しいファイル用のフォルダーを指定し、パスワードを入力し、必要があります。


保存] をクリックする場合は、圧縮されたファイルを保存するパスを指定する必要があります。保存したファイルを開くと、ファイルのパスを指定するのには求められます。電子メールに記載されているパスワードを入力する必要があります。


[キャンセル] をクリックする場合、ダウンロード処理を停止します。



Microsoft Dynamics NAV の修正プログラムまたは更新プログラム ファイルをインストールする方法

Microsoft Dynamics NAV のプラットフォームの修正プログラムおよび更新可能に 1 つのファイルとなります。Microsoft Dynamics NAV の修正プログラムまたは更新プログラムをインストールするには、Microsoft Dynamics NAV のインストールで既存のファイルの修正プログラムまたは更新プログラムのファイルを置き換える必要があります。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンには、次の表に記載されているファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が含まれています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Microsoft.navision.mail.dll

7.0.0.0

26,480

13-Mar-2010

09:14

x86

Microsoft.navision.mail.tlb

該当なし

3,564

12-Mar-2010

23:45

該当なし

これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. 次のフォルダーに修正プログラムのファイルから抽出したファイルをコピーします。
    %ProgramFiles%\Common を指定して Dynamics NAV\Mail

  2. 次のコマンドを使用して、アセンブリ登録ツール (Regasm.exe) による新しい Microsoft.Navision.Mail.dll アセンブリを登録します。
    regasm/codebase/tlb:Microsoft.Navision.Mail.tlb Microsoft.Navision.Mail.dll

    たとえば、Regasm.exe ファイルはステップ 1 で作成したメール フォルダーでコマンド プロンプトを開き、"C:\Program Files (x86) \Common Files\Microsoft Dynamics NAV\Mail"ディレクトリに変更し、Microsoft.Navision.Mail.dll アセンブリを登録するのには次のコマンドを実行していることを確認の操作を行うことができます。
    RegAsm.exe /codebase /tlb:Microsoft.Navision.Mail.tlb Microsoft.Navision.Mail.dll

  3. SMTP メール設定 (409)、テーブルの場所、InitValue は、25 の SMTP ポート列の整数値を追加します。たとえば、50000 の列を追加します。

    { 50000 ; ;SMTP Server Port ;Integer ;InitValue=25; }
  4. SMTP メール設定のフォーム (409) では、次のように SMTP サーバーのポート] フィールドを追加します。

    { 14;TextBox;3850;1540;5500;440;Name=<SMTP Server Port>;ParentControl=1; InPage=0; DecimalPlaces=0:0;NotBlank=Yes; Numeric=Yes; SourceExpr="SMTP Server Port"; MinValue=1 }{ 15;Label;440;1540;3300;440;ParentControl=14; }
  5. SMTP メール Codeunit (400) で次のようにバージョン 7 にメール変数グローバル変数を変更します。
    Existing
    'Microsoft Navision メール' です。SmtpMessage
    交換
    'Microsoft Dynamics NAV のメール ヘルパー' です。SmtpMessage

  6. 送信関数は次のように、SMTP メールの codeunit (400) で構成されている SMTP ポート番号を含めるコードを変更します。

    既存のコード

    ...Mail.Send( "SMTP Server",Authentication <>SMTPMailSetup.Authentication::Anonymous,"User ID", Password);
    ...

    置換用コード

    ...   Mail.Send( "SMTP Server",Authentication <>Authentication::Anonymous,"User ID",Password,"SMTP Server Port");            
    ...


必要条件

この修正プログラムを適用するのにはインストールされている製品は次のいずれかが必要です。

  • Microsoft Dynamics NAV 2009 SP1

  • Microsoft Dynamics NAV 2009 R2

  • Microsoft Dynamics NAV 2009

  • Microsoft Dynamics NAV 5.0 SP1

  • Microsoft Dynamics NAV 5.0



アンインストール情報

この修正プログラムを削除することはできません。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×