概要

この記事では、microsoft Dynamics 向け Microsoft FRx product suite を完全に実装するために必要な手順について説明します。 この記事では、すべてのインストール手順について説明し、プロセスの一般的な方法について説明していますが、この記事は製品インストール用のマニュアルの補足として考慮する必要があります。注: この話題では、Microsoft Forecaster については説明していません。FRx を使用しているお客様は、財務報告ソリューションとして管理記者に移行する計画を立ててください。 管理レポーターの詳細については、 「顧客ソースのこの概要」ページを参照してください。

はじめに

Microsoft FRx の主要コンポーネントはレポーターです。 レポーターで管理機能を実行します。 レポーターは、最初にインストールされるコンポーネントであり、構成されている最初のコンポーネントでもあります。Microsoft FRx を機能させるには、いくつかの構成を完了する必要があります。 これらの構成は、レポーター、Microsoft FRx WebPort、および Microsoft Report Server で行う必要があります。 この記事に記載されている情報に加えて、特定の製品の詳細については、FRx インストール CD の PDF リソースを参照してください。 

詳細情報

インストールの種類について

Microsoft FRx をインストールする場合、最初に行う必要がある最初の選択として、FRx のインストールコードを個々のワークステーション (ローカルクライアントまたは "fat クライアント" インストール) に含めるか、ネットワーク共有ドライブ (ネットワーククライアントまたは "クライアント/サーバー" インストール) に配置するかを指定します。どちらの種類のインストールにも利点があります。 個々のコードフォルダーを持つローカルインストールでは、エラーのトラブルシューティングをより柔軟に行うことができます。 ローカルインストールでは、ユーザーの負荷が高い場合にもパフォーマンスが向上します。 ネットワークインストールでは、単一の構成ポイントが提供します。 また、ネットワークインストールでは、サービスパックを適用するときや、バージョンアップグレードをインストールするときに保持する1つの場所を提供します。2つ目の選択として、FRx SysData フォルダーの場所を指定します。 SysData フォルダーは、すべてのユーザーが利用できるネットワークドライブ上に配置する必要があります。 このフォルダーは、任意の共有ネットワークドライブ上の任意の場所に作成できます。 FRx SysData フォルダーには、一般的な構成設定と会社のセットアップ情報が含まれています。 このフォルダーには、レポート定義セットも含まれます。 共通の SysData フォルダーを使用すると、すべての Microsoft FRx ユーザーがすべてのレポートの変更を利用できるようになります。 さらに、SysData フォルダーには Microsoft Access Jet データベースファイルが含まれています。 変更アクセス許可は、すべてのユーザーの SysData フォルダーに付与する必要があります。次のようなすべての Microsoft FRx ユーザー間で共有される汎用名前付け規則 (UNC) パスを使用して、共有フォルダーを設定することをお勧めします。

\\Servername\FRx\SysData注: Windows Vista との互換性を確保するために、SysData フォルダーは、コードが含まれるフォルダーの下に配置することはできません。 たとえば、次のフォルダーの下にフォルダーを配置することはできません。

C:\Program Files\SysData

Microsoft FRx 6.7 を Windows Vista ベースのワークステーションにインストールする

Windows Vista ベースのワークステーションに Microsoft FRx 6.7 をインストールする場合は、ユーザーアカウント制御 (UAC) 機能を一時的に無効にします。 Microsoft FRx 6.7 がインストールされている場合は、UAC 機能を再び有効にすることができます。 この操作を行わない場合、一部のアプリケーションでエラーメッセージが生成されます。 Windows Vista ベースのワークステーションに Microsoft FRx 6.7 をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 管理者として、または管理者権限を持つユーザーとしてワークステーションにログオンします。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。注: 左側にある [ コントロールパネル] のホーム リンクをクリックして、コントロールパネルの表示が適切なビューに設定されていることを確認します。

  3. [ ユーザーアカウント] をクリックし、[新しい ユーザーアカウント ] リンクをクリックして、[ ユーザーアカウント制御の有効化または無効化] をクリックします。

  4. [ ユーザーアカウント制御 (UAC) を使用してコンピューターを保護する ] チェックボックスをオフにし、[ OK]をクリックします。

  5. メッセージが表示されたら、[ 今すぐ再起動 ] をクリックします。

  6. ワークステーションが再起動したら、ワークステーションに管理者としてログオンします。

  7. Windows Vista 用に作成された Microsoft FRx 6.7 インストーラーをダウンロードします。 インストーラーは、一般的な元帳の最新バージョンにバンドルされています。 このインストーラーを入手するには、使用している一般的な元帳システムに応じて、次の Microsoft Web サイトのいずれかにアクセスしてください。Microsoft Dynamics GP を使用しているお客様とパートナー

    https://mbs.microsoft.com/partnersource/downloads/releases/frx67fullinstall4gp10.htmMicrosoft DYNAMICS SL https://mbs2.microsoft.com/fileexchange/?fileID=a1166bcd-c7fa-4495-92dc-04d7a6bbd42e を使用しているお客様とパートナーhttps://mbs2.microsoft.com/fileexchange/?fileID=a1166bcd-c7fa-4495-92dc-04d7a6bbd42e

  8. C ドライブのルートディレクトリに Microsoft FRx 6.7 レポートデザイナーまたは Microsoft FRx 6.7 レポートサーバーをインストールします。そのためには、次の例を使用します。 注: Windows Vista との互換性を確保するために、SysData フォルダーと IO_Data フォルダーは、コードが含まれているフォルダーに配置することはできません。 たとえば、SysData フォルダーは次のフォルダーに配置できます。

    C:\FRx\SysData インストール中に、Microsoft FRx 6.7 の [プログラムファイル] フォルダー、[SysData] フォルダー、[IO_Data] フォルダーの場所を指定するように求められます。 これらのフォルダーは、[Program Files] フォルダー以外の場所に配置することをお勧めします。 たとえば、次のフォルダーを使用します。

    • Microsoft FRx 6.7 program files (code) フォルダーは、次のフォルダーに配置できます。

      C:\FRx

    • Microsoft FRx 6.7 SysData フォルダーは、次のフォルダーに配置できます。

      C:\FRx\SysData

    • Microsoft FRx 6.7 IO_Data フォルダーは、次のフォルダーに配置できます。

      C:\FRx\IO_Data

Microsoft FRx レポートサーバーと Microsoft FRx WebPort の追加

Microsoft FRx レポートサーバーは、通常、Microsoft SQL Server、アプリケーションサーバー、または複数のプロセッサライセンスを購入した場合に専用サーバーを実行しているコンピューターにインストールされます。Microsoft FRx WebPort は、インターネットインフォメーションサービス (IIS) を実行している任意のコンピューターにインストールできます。 Microsoft FRx WebPort は、イントラネット製品としてインストールする必要があります。 インターネット経由でアクセスするには、Microsoft FRx WebPort をインストールしないでください。 既定の Web サイト (ポート 80) に Microsoft FRx WebPort をインストールすることをお勧めします。 Microsoft FRx WebPort は、Windows SharePoint Services (WSS) 2.0 と共に、Microsoft Dynamics Business ポータルと共に、または Microsoft Forecaster と共にインストールすることができます。注: WSS 3.0 の場合は、Microsoft FRx WebPort が別の Web サイトにインストールされている必要があります。

Microsoft FRx レポートデザイナーのインストール

FRx レポートデザイナーをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. インストール先のワークステーションが、インストール CD 上のシステム要件の PDF ファイルに記載されている最小要件を満たしていることを確認します。

  2. Microsoft FRx をインストールしようとしているパスをドキュメント化します。 ネットワーククライアント用に Microsoft FRx コードを共有する場合、または2台目のワークステーションの SysData フォルダーを共有する予定の場合は、UNC ベースのパスを使用していることを確認してください。

  3. FRx インストール CD で、[ FRx のインストール ] をクリックして、セットアップウィザードを開始します。 次に、[ FRx Reporter のインストール] をクリックします。

  4. 使用許諾契約に同意するには、[ はい] をクリックします。

  5. [ インストールオプション] で、[ ローカルクライアント ] をクリックして、Microsoft FRx をインストールする場所を指定します。 [ 次へ] をクリックします。

  6. [インストール先の場所の選択] ページで、[インポート先のフォルダー] の下の [参照] をクリックします。

  7. [フォルダーの選択] ウィンドウで、単一ユーザーのライセンスのインストールの場合、およびネットワーククライアントを使用しない場合は、ローカルドライブを指定します。 それ以外の場合は、UNC パスを指定します。 たとえば、[ \\Server\Applications\FRx\] をクリックします。 [ 次へ] をクリックします。

  8. [ Sysdata Files の場所 ] ページの [ 参照 ] をクリックして、共有 sysdata フォルダーのパスを選択します。 複数のワークステーションが FRx にアクセスしている場合は、UNC パスをクリックします。 たとえば、[ \\Server\Applications\FRx\SysData\] をクリックします。

  9. [ 次へ ] を2回クリックします。

  10. Microsoft FRx レポートデザイナーを起動して、必要なレジストリ設定を行ってから、必要な構成ファイルを作成して、インストールを完了します。

FRx レポートを生成する場所を決定する

Microsoft FRx は、IO_DATA という名前の共通フォルダーを使用します。 このフォルダーには、Filmworks という名前のデモンストレーション会社のデータが格納されます。 このフォルダーは、すべてのレポートの既定の出力場所でもあります。 ネットワーク上の共有を出力場所として作成するか、または各ワークステーションで既定の出力場所を生成したままにすることができます。 出力場所の既定のローカルパスは、次のパスです。

C:\Program Files\FRx ソフトウェア FRx レポーターで会社を設定するときは、このパスを設定する必要があるため、実際の場所をメモする必要があります。注: 通常のネットワークセットアップでは、共有フォルダーは FRx という名前で、2つのサブフォルダーが含まれています。 サブフォルダーは IO_DATA と SysData という名前です。

サービスパックを適用する

任意の fat クライアントワークステーションでローカルインストールを更新するには、Service Pack .zip ファイルに含まれている実行可能ファイルを実行します。 クライアント/サーバー環境にサービスパックをインストールする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

936585 ネットワーククライアントがインストールされている環境に Microsoft FRx service pack をインストールする方法

オープン財務システムインタフェース (OFSI) 指定のインストールの概要

Microsoft FRx は、一般的なインターフェイスと、すべての Microsoft Dynamics 製品間で共通する機能を維持します。 Open 財務システムインターフェイス (OFSI) では、インストールする Microsoft Dynamics 製品に必要なファイルを指定します。プログラムファイルのインストール方法の詳細については、以下の記事の番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

918262 Microsoft FRx で使用するために Microsoft Forecaster 6.7 DirectLink をインストールして構成する方法

938573 Microsoft Forecaster 7.0 DirectLink をインストールする方法と Microsoft FRx の DirectLink を構成する方法

Microsoft FRx WebPort をインストールする

以下の Microsoft Windows オペレーティングシステムは、Microsoft FRx 6.7 Web Port のすべての service pack と互換性があります。

  • Microsoft Windows 2000 Server (すべてのバージョン) と Service Pack 4

  • Windows Server 2003

Microsoft FRx 6.7 WebPort は、現在、Windows Server 2008 と互換性がありません。 Microsoft FRx WebPort は、IIS を実行している任意のコンピューターにインストールできます。 このインストールを実行する前に、次の点を考慮してください。

  • Microsoft FRx WebPort を介して PDF 印刷機能を有効にするには、Windows ユーザーアカウントが、Microsoft FRx WebPort がインストールされているサーバーにログオンしたままにしておく必要があります。 これは、FRxPDFSvr プログラムがサービスとして実行できないことが原因です。 そのため、このアプリケーションを使用するには、ユーザーがログオンして PDF 印刷を有効にする必要があります。

  • Microsoft FRx WebPort は、イントラネットアプリケーションとして実行する必要があります。 インターネット経由でプログラムに接続すると、問題が発生する可能性があります。 インターネットの構成は可能ですが、現時点では、インターネット構成については推奨もサポートも行われません。

  • Microsoft Java 仮想マシン (VM) は利用できなくなりました。 代わりに、Sun Microsystems Java を使用する必要があります。 Microsoft FRx WebPort が動作するためには、Microsoft FRx WebPort サーバーとすべてのクライアントワークステーションに Java がインストールされている必要があります。 Java をダウンロードするには、次の Sun Microsystems の Web サイトにアクセスしてください。

    http://www.java.com

  • Windows Server 2003 に Microsoft FRx WebPort をインストールする場合は、注意すべき重要な項目がいくつかあります。

    • インターネットインフォメーションサービス (IIS) は、既定ではインストールされなくなりました。 Microsoft FRx WebPort をインストールする前に、IIS をインストールする必要があります。

    • Active Server Pages (ASP) 機能は、既定では有効になりません。 Microsoft FRx WebPort が機能するためには、IIS Manager 経由で ASP を有効にする必要があります。

    • Adobe Acrobat Reader 4.0 および5.0 は、Windows Server 2003 と互換性がありません。 最新バージョンの Acrobat Reader をインストールします。

重要 Microsoft FRx WebPort をインストールする前に、IIS を実行しているコンピューターにインストールされているレポーターが fat クライアントでインストールされていることを確認します。 Microsoft FRx WebPort が正しく機能するためには、一部の共有 .dll ファイルが必要です。Microsoft FRx WebPort をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. FRx のインストール CD をドライブに挿入します。

  2. [ FRx WebPort のインストール] をクリックします。

  3. [言語の設定] をクリックします。 次に、[ 次へ ] を2回クリックします。

  4. [Yes] をクリックして使用許諾契約に同意します。

  5. FRx WebPort 6.7チェックボックスがオンになっていることを確認します。 注: このオプションでは、コンポーネントがインターネットインフォメーションサービスにインストールされます。 既定では、 FRx WebAdministrator 6.7 チェックボックスはオンのままです。 このオプションでは、管理ツールがインストールされます。

  6. [次へ] をクリックします。

  7. 既定のインストールフォルダーをそのまま使用します。 [ 次へ] をクリックします。

  8. [ UNC 名 ] フィールドに、Windows ファイル共有の共有名を入力します。 [ 次へ] をクリックします。

  9. [ 名前 ] フィールドに、Web サイトのパスを決定する仮想ディレクトリ名を入力します。 [ 次へ] をクリックします。

  10. インストールオプションを確認します。 [ 次へ] をクリックします。

  11. [ 完了 ] をクリックして、インストールを終了します。

  12. 最新の service pack を Microsoft FRx WebPort に適用します。 次に、 FRx Web コンポーネントのオプションをクリックします。

  13. 適切な方法を使用します。

    • Windows Server 2003 で Microsoft FRx WebPort をインストールする場合は、手順14に進みます。

    • 別のオペレーティングシステムに Microsoft FRx WebPort をインストールする場合は、手順15に進みます。

  14. [ スタート] をクリックし、[ 実行] をクリックして、「 gpedit.msc」と入力し、[ OK]をクリックします。 次に、次の手順を実行します。

    1. ローカルグループポリシーエディターで、[ ローカルコンピューターポリシー]、[ コンピューターの構成]、[ 管理用テンプレート] の順に展開し、[ プリンター] をクリックします。

    2. 右クリックで、[ カーネルモードドライバーを使用したプリンターのインストールを許可しない] をクリックし、[ プロパティ] をクリックします。

    3. [ プロパティ ] ダイアログボックスで、[ 無効] をクリックし、[ OK]をクリックします。

    4. ローカルグループポリシーエディターを閉じます。

    5. コンピューターを再起動して、新しい設定を有効にします。

  15. Microsoft FRx WebPort から PDF 印刷を有効にするには、BCL easyPDF をインストールする必要があります。 BCL コンポーネントがインストールされていない場合は、手順16「BCL easyPDF をインストールする」を参照してください。 Microsoft FRx インストールディスクからインストールの前提条件機能を使用して、BCL コンポーネントが以前にインストールされていた場合は、次の手順に従って、現在の BCL コンポーネントをアンインストールします。

    1. Microsoft FRx WebPort のインストールフォルダーを見つけます。注: 手順7で既定の設定を受け入れた場合は、インストールフォルダーは "c/xwebport" です。

    2. [ BCL ] フォルダーをダブルクリックします。

    3. BCLeasyPDFFullAutoファイルをダブルクリックします。

    4. [次へ] をクリックします。

    5. 現在の BCL コンポーネントをアンインストールするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[ 次へ] をクリックします。コンピューターの再起動を求めるメッセージが表示されたら、[ 今すぐ再起動] をクリックし、[ 完了] をクリックします。

  16. BCL easyPDF をインストールします。 これを行うには、次の手順を実行します。

    1. Microsoft FRx WebPort のインストールフォルダーを見つけます。注: 手順7で既定の設定を受け入れた場合は、インストールフォルダーは "c/xwebport" です。

    2. [ BCL ] フォルダーをダブルクリックして開きます。

    3. BCLeasyPDFFullAutoファイルをダブルクリックします。

    4. [次へ] をクリックします。

    5. [次へ] をクリックします。

    6. 使用許諾契約に同意し、[ はい]をクリックします。

    7. 既定のフォルダー設定のままにして、[ 次へ] をクリックします。

    8. [次へ] をクリックします。

    9. インストールが完了したら、[ 完了] をクリックします。

    10. コンピューターの再起動を求めるメッセージが表示されたら、[ 今すぐ再起動] をクリックし、[ 完了] をクリックします。

  17. BCL easyPDF をインストールしたら、PDF プリンターを構成する必要があります。 PDF プリンターを構成するには、次の手順を実行します。

    1. [ スタート] をクリックし、[ 設定] をポイントし、[ コントロールパネル] をポイントして、[ プリンターと fax] をクリックします。

    2. [BCL easyPDF] を右クリックし、[ 印刷設定] をクリックします。

    3. [ フォルダー ] タブをクリックします。

    4. [ 指定 ] オプションをクリックします。

    5. [フォルダー名] フィールドの横にある [参照] をクリックします。 Microsoft FRx WebPort フォルダーで、PDFTemp フォルダーを見つけます。

    6. [ 変換後に出力ファイルを開く ] チェックボックスと [ 各変換の後にフォルダーを保存 する] チェックボックスがオフになっていることを確認します。

    7. [ 適用] をクリックします。

    8. [ OK] をクリックして終了します。

    9. [プリンターと Fax] ウィンドウで、BCL easyPDF プリンターを右クリックし、[ プロパティ] をクリックします。

    10. [詳細設定] タブをクリックします。

    11. [ 印刷の既定値] をクリックします。

    12. [ フォルダー ] タブをクリックします。

    13. 手順 d から手順 h を繰り返して、印刷の既定値を設定します。

  18. Windows にログオンして FRxPDFSvr プログラムを実行する Windows ユーザーアカウントを確認します。 次に、FRxPDFSvr ファイルをそのユーザーの [スタートアップ] フォルダーに移動します。 これを行うには、次の手順を実行します。

    1. [ スタート] を右クリックします。 次に、[ すべてのユーザーを検索] をクリックします。

    2. [ プログラム] を展開し、[ スタートアップ ] フォルダーをクリックして、[ FRxPDFSvr] を右クリックし、[ 切り取り] をクリックします。

    3. [ ドキュメントと設定 ] フォルダーで、FRxPDFSvr プログラムを実行する Windows ユーザーアカウントのユーザー名を見つけます。

    4. [ユーザー名] フォルダーを展開し、[ スタート] メニュー フォルダー、[ プログラム] の順に展開して、[スタートアップ] フォルダーを右クリックし、[ 貼り付け] をクリックします。

    5. この設定を有効にするには、サーバーを再起動してください。 次に、FRxPDFSvr ファイルを実行するユーザーとしてログオンします。注: PDF 印刷を正しく機能させるには、このユーザーのログイン状態を維持する必要があります。

  19. 構成を完了するには、Microsoft FRx Webadministrator プログラムグループから Webadministrator プログラムを開きます。 これを行うには、次の手順を実行します。

    1. 共有の SysData フォルダーの場所をクリックします。

    2. リポジトリの .xml ファイルの場所をクリックします。 既定では、このファイルは、FRxWebPort フォルダーの下にある [データ] フォルダーにあります。

Microsoft FRx レポートサーバーをインストールする

Microsoft FRx レポートサーバーをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. FRx のインストール CD をドライブに挿入します。

  2. [ Microsoft FRx レポートサーバーのインストール] をクリックします。

  3. [言語の設定] をクリックします。

  4. [ 次へ ] をクリックしてインストールを開始します。

  5. [ 同意 する] をクリックして、使用許諾契約に同意します。 [ 次へ] をクリックします。

  6. 適切なインストールフォルダーをクリックします。 [ 次へ] をクリックします。

  7. 共有 SysData フォルダーがインストールされている UNC ネットワーク共有をポイントします。 [ 次へ] をクリックします。

  8. FRx Queue データベースをインストールする場所をポイントします。 [ 次へ] をクリックします。注: FRx Queue データベースには、Microsoft FRx レポートサーバーのスケジュールが含まれています。 通常、このデータベースは共有 SysData フォルダーにインストールされます。

  9. プログラムをインストールするプログラムフォルダーをクリックします。 [ 次へ] をクリックします。

  10. インストールを開始するには、[ インストール ] をクリックします。

  11. [完了] をクリックします。

  12. 最新の service pack を Microsoft FRx レポートサーバーインストールに適用します。

  13. Microsoft Dynamics 製品については、「Open 金融システムインターフェイス (OFSI) で指定したインストールについて」で説明されている ODBC 接続を作成してください。

  14. 1つの専用サービスアカウントで実行されるようにサーバーを指定するように Microsoft FRx レポートサーバーを変更します。 これを行うには、次の手順を実行します。

    1. [ スタート] を右クリックします。 次に、[ すべてのユーザーを検索] をクリックします。

    2. [ プログラム] を展開し、[ スタートアップ ] フォルダーをクリックして、[ FRx Report Server] を右クリックし、[ 切り取り] をクリックします。

    3. 指定したサービスアカウントのユーザー名を探して展開し、[ スタート] メニュー、[ プログラム] の順に展開して、[ スタートアップ ] フォルダーを右クリックし、[ 貼り付け] をクリックします。

    4. この設定を有効にするには、サーバーを再起動してください。

  15. FRx レポートデザイナーに Microsoft FRx レポートサーバーアイコンが表示されていることを確認します。Microsoft FRx Report Server アイコンに影響する問題を解決する方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

    859884 Microsoft FRx のレポートのカタログに [レポートスケジューラ] アイコンが表示されない

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×