Microsoft .NET Framework のセキュリティ更新プログラム パッケージのコマンド ライン スイッチ

はじめに

Microsoft .NET Framework のセキュリティ更新プログラムでは、さまざまなコマンド ライン スイッチがサポートされています。どのスイッチがサポートされるかは、更新プログラム パッケージの構築に使用されるチェーン インストーラーによって異なります。サポートされるリリースの Windows に含まれるバージョンの Microsoft .NET Framework に関しては、Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージ用の標準的なコマンド ライン スイッチがサポートされます。その他のバージョンの Microsoft .NET Framework に関しては、この資料に記載されているコマンド ライン スイッチがサポートされます。

概要

マイクロソフトでは、ソフトウェア更新プログラムをパッケージ化する際に、パッケージ内に含まれているセットアップ プログラムを自動的に実行するための自己解凍ファイル形式として複数の形式を使用しています。この資料では、Microsoft .NET Framework のセキュリティ更新プログラムで使用できるコマンド ライン スイッチについて説明します。

詳細

提供された Microsoft .NET Framework のセキュリティ更新プログラム パッケージの種類を確認する

Microsoft .NET Framework のセキュリティ更新プログラム パッケージでサポートされるコマンド ライン スイッチを確認するには、以下のいずれかの方法を実行します。

方法 1

  1. 更新プログラム パッケージのファイル名を確認します。

  2. ファイル名の先頭が "Windows..." である場合、更新プログラム パッケージの種類は Microsoft Update スタンドアロン パッケージです。

  3. ファイル名の先頭が "NDP..." である場合、更新プログラム パッケージの種類はアプリケーションです。


方法 2

  1. 更新プログラム パッケージを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  2. [詳細] タブで、[種類] プロパティの [値] フィールドを確認します。

  3. [値] フィールドには、インストーラー パッケージの種類が表示されています。例:


各更新プログラム パッケージの種類のコマンド ライン スイッチ

Microsoft Update スタンドアロン パッケージ

Windows Update スタンドアロン インストーラー (Wusa.exe) 用に構築されている Microsoft .NET Framework の更新プログラム パッケージでは、Windows の更新プログラム パッケージ用の標準的なコマンド ライン スイッチがサポートされています。サポートされているコマンド ライン スイッチの詳細と一覧については、次のサポート技術情報を参照してください。Windows の Windows Update スタンドアロン インストーラーについて.

アプリケーション

"アプリケーション" の種類の Microsoft .NET Framework のセキュリティ更新プログラム パッケージでは、以下の表に記載されているスイッチがサポートされています。

スイッチ

説明

/?

サポートされているスイッチのヘルプを表示します。

/q

QUIET モード。ユーザーの入力は不要で、出力は表示されません。

/norestart

いずれかの更新プログラムで再起動が必要であっても、再起動を求めるメッセージが表示されたり、再起動されることはありません。

/uninstall

セキュリティ更新プログラムをアンインストールします。


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×