詳細情報

修復ツールのオプション

.NET Framework 修復ツールは、次の 4 つの手順を実行します。

  1. セットアップの問題のトラブルシューティングを試みる

  2. 修正プログラムを適用します (ユーザーの同意が必要です)

  3. インストールされている .NET Framework のすべてのバージョンを修復する

  4. ログを収集する (ユーザーの同意が必要)

このツールは、インストールされているバージョンの .NET Framework に 1 つ以上の変更を加える場合があります。 たとえば、コンピューター上の Windows インストーラーの状態を修正したり、特定のフォルダーの任意アクセス制御リスト (ACL) をリセットしたり、無効または破損した更新登録に関連する問題を解決したりします。

オフライン サポート

.NET Framework 修復ツールには、コンピューターにインストールされている .NET Framework のバージョンを修復するオプションがあります (「修復ツールのオプション」セクションの手順 3)。 このツールでは、これらのバージョンの再頒布可能ファイルを修復時に使用できる必要があります。 既定では、ツールは修復中にインターネットからこれらのパッケージをダウンロードします。 コンピューターのインターネット接続が制限されている場合、またはインターネット接続がない場合は、修復にオフライン モードを使用する必要があります。 これを行うには、次の例のように 、/addsource オプションと再頒布可能ファイルを含むフォルダーのパスを指定します。

NetfxRepairTool.exe /addsource \\SHARE_PC\SHARE_FOLDER 修復ツールが指定したフォルダーで必要な再頒布可能ファイルを見つからない場合は、インターネットからファイルをダウンロードします。 修復ツールは、必要なファイルをダウンロードできない場合は、この操作を実行できません。 次の表に、.NET Framework 再頒布可能ファイルの一覧を示します。

バージョンとプロファイル

アーキテクチャ

インストーラー ファイル名

URL

.NET Framework 4.8

x86、x64

NDP48-x86-x64-AllOS-ENU.exe

http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=2088631

.NET Framework 4.7.2

x86、x64

NDP472-KB4054530-x86-x64-AllOS-ENU.exe

http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=863265

.NET Framework 4.7.1

x86、x64

NDP471-KB4033342-x86-x64-AllOS-ENU.exe

http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=852104

.NET Framework 4.7

x86、x64

NDP47-KB3186497-x86-x64-AllOS-ENU.exe

http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=825302

.NET Framework 4.6.2

x86、x64

NDP462-KB3151800-x86-x64-AllOS-ENU.exe

http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=780600

.NET Framework 4.6.1

x86、x64

NDP461-KB3102436-x86-x64-AllOS-ENU.exe

http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=671743

.NET Framework 4.6

x86、x64

NDP46-KB3045557-x86-x64-AllOS-ENU.exe

http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=528232

.NET Framework 4.5.2

x86、x64

NDP452-KB2901907-x86-x64-AllOS-ENU.exe

http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=328855

.NET Framework 4.5.1

x86、x64

NDP451-KB2858728-x86-x64-AllOS-ENU.exe

http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=321332

.NET Framework 4.5

x86、x64

dotNetFx45_Full_x86_x64.exe

http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=255995

.NET Framework 4 クライアント プロファイル

x86

dotNetFx40_Client_x86.exe

http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=247966

.NET Framework 4 クライアント プロファイル

x86、x64

dotNetFx40_Client_x86_x64.exe

http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=247965

.NET Framework 4 Full

x86

dotNetFx40_Full_x86.exe

http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=247964

.NET Framework 4 Full

x86、x64

dotNetFx40_Full_x86_x64.exe

http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=247962

.NET Framework 3.5 SP1、.NET Framework 3.0 SP2、.NET Framework 2.0 SP2 (.NET Framework 3.0 および 3.5 がインストールされている場合)

x86、x64

dotnetfx35.exe

http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=259762

静音モードとパッシブ モード

修復ツールのすべての機能は、ツールを静音モードまたはパッシブ モードで実行することで自動化できます。 これには、ツールを実行するためにユーザーの操作を必要としないという利点があります。 これは特に、システム管理者が (コマンド ラインを通じて) ツールを構成し、指定した場所にログを収集できる大規模な展開で役立ちます。

データ収集

.NET Framework 修復ツールは、診断インストール データの収集に加えて、ツールの使用状況に関する情報を収集します。 使用情報は.NET Framework 修復ツールの品質を向上させるために使用され、インストール データは .NET Framework のセットアップを改善するために使用されます。 この情報は、マーケティングや第三者への販売には使用されません。 詳細については 、Microsoft .NET Framework 修復ツールのプライバシーに関する声明を参照してください。 

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Microsoft サポート技術情報の次の記事を参照してください。

119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

4013443 「更新プログラムの表示または非表示」トラブルシューティング ツール パッケージマイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、 配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

メモ データ収集機能は、.NET Framework インストール ログの圧縮 CAB ファイルを作成します。 ツールがログを処理すると、"FixDotNet*.cab" という名前の .cab ファイルが作成され、現在のユーザーのデスクトップ (UI モードで実行されている場合) または指定した場所に保存されます。 ウィザードで [ 完了 ] をクリックすると、ログを含む .cab ファイルが Microsoft に送信されます。

Microsoft にデータを送信するかどうかに関係なく、FixDotNet*.cab ファイルはデスクトップ (または指定した場所) に残されます。

"/q" オプションを使用する場合は、"/logs" オプションを使用して、エンタープライズ シナリオをサポートするために、ログを特定の場所またはネットワーク共有に保存することもできます。

"/q" オプションを使用する場合は、"/logs" オプションを使用して、エンタープライズ シナリオをサポートするために、ログを特定の場所またはネットワーク共有に保存することもできます。  


バージョン履歴

リリース v1.4

サポートされている言語: 英語 (米国)

.NET Framework 4.6.2 ~ .NET Framework 4.8 のサポートを追加しました。

リリース v1.3

サポートされている言語: 英語 (米国)

.NET Framework 4.5.2、.NET Framework 4.6、.NET Framework 4.6.1 のサポートを拡張します。

リリース v1.2

サポートされている言語: 英語 (米国)

ツールには、コマンド ラインを介した静音モードとパッシブ モードのサポートが追加されます。 このツールでは、UI モードでのみ実行する必要がなっています。 そのため、タスクを自動化できます。

このツールでは、.NET Framework 4.5 と .NET Framework 4.5.1 がサポートされます。 そのため、これらの製品には、修正と修復も適用されます。

新しいオプションのコマンド ライン スイッチが追加され、特定の .NET Framework バージョンの修復を有効にして、インストールされている他のバージョンの修復を同時に上書きできます。

必要に応じて、コマンド ライン オプションを使用して、ツールで生成されたログ ファイルをユーザーが指定した場所に保存できます。 この新しいオプションは、既定の場所(UIモードの現在のユーザーのデスクトップと、静音モードまたはパッシブ モードの %temp% フォルダー) を上書きします。

新しいオプションでは、修正や修復を適用せずに、[ログ コレクション のみ ] モードで修復ツールを実行できます。 このオプションを使用すると、実際の修正プログラムを適用する前に、ログを柔軟に収集して調査できます。

新しいオプションのサポートが追加され、静音モードまたはパッシブ モードでデータ収集をオプトアウトできます。  

リリース: v1.1

サポートされている言語: 英語 (米国)
リリース v1.1 では、.NET Framework 3.5 SP1 のサポートが拡張されます (これには、.NET Framework 3.0 SP2 と .NET Framework 2.0 SP2 が含まれます)。 リリース v1.1 では、インターネット接続が制限されているコンピューターまたはインターネット接続がないコンピューターに対するオフライン サポートも追加されます。

リリース: v1.0

サポートされている言語: 英語 (米国)
リリース v1.0 は、.NET Framework 4 とその更新プログラムをサポートしていたツールの最初のバージョンです。

影響を受ける構成

.NET Framework 修復ツールを使用して、次の構成のセットアップの問題を修正できます。

  • 次のオペレーティング システムの .NET Framework 4.8:

    • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)

    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)

  • 次のオペレーティング システムの .NET Framework 4.7.2:

    • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)

    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)

  • 次のオペレーティング システムの .NET Framework 4.7.1:

    • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)

    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)

  • 次のオペレーティング システムの .NET Framework 4.6.1:

    • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)

    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)

  • 次のオペレーティング システムの .NET Framework 4.6:

    • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)

    • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)

    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)

  • 次のオペレーティング システムの .NET Framework 4.5.2:

    • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)

    • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)

    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)

  • 次のオペレーティング システムの .NET Framework 4.5.1:

    • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)

    • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)

    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)

  • 次のオペレーティング システムの .NET Framework 4.5:

    • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)

    • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)

    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)

  • 次のオペレーティング システムの .NET Framework 4:

    • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)

    • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)

    • Windows Server 2008 R2

    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)

  • 次のオペレーティング システムの .NET Framework 3.5 SP1:

    • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×