関連トピック
×
メイン コンテンツへスキップ
サポート
Microsoft アカウントでサインイン
サインインまたはアカウントを作成してください。
こんにちは、
別のアカウントを選択してください。
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

Microsoft Presenter+は、Microsoft Teams の会議や通話で使用できる、Teams の認定リモートです。 これを使用して、魅力的なプレゼンテーション (人、オンライン、またはハイブリッド) を提供し、ボタンをタッチして Microsoft Teams 会議に参加します。 詳細については、「Microsoft Teams でMicrosoft Presenter+を使用する」を参照してください。 

Microsoft Presenter+のボタンを表示します。

最初の手順は、Windows PC または Mac で Bluetooth 経由でMicrosoft Presenter+をペアリングすることです。 Windows 11 Home/Pro、最新の更新プログラムを使用したWindows 10、または macOS X が必要です。

その後、PC のMicrosoft アクセサリ センター アプリで設定します。 Microsoft アクセサリ センター アプリを使用すると、Microsoft Presenter+のボタンと設定をカスタマイズして更新できます。 

以下のリンクを使用して、お使いの PC に Microsoft Store からMicrosoft アクセサリ センター アプリをダウンロードしてインストールします。 

Microsoft から入手

注: Microsoft アクセサリ センター アプリは macOS では使用できません。

Microsoft Presenter+を接続する

開始するには、Windows 10/11 PC または Mac で Bluetooth 経由でMicrosoft Presenter+をペアリングします。 

  1. Microsoft Presenter+の背面にある [電源] ボタンをスライドしてオンにします。

  2. Microsoft Presenter+の Bluetooth ボタンを約 3 秒間長押ししてペアリング モードにします。 背面の LED ライトが白く点滅します。

  3. Windows 10/11 PC で、Microsoft Presenter+の通知が表示された場合は [接続] を選択します。 

    通知が表示されない場合 Windows 10で、[スタート] を選択し、[設定 ] > [デバイス ] > Bluetooth & [Bluetooth 追加] またはその他のデバイス> [Bluetooth> 他のデバイス > の追加] > [完了] Microsoft Presenter+ >選択します。 Windows 11で、[スタート] を選択し、[Bluetooth & デバイス > 設定 ]> [デバイスの追加] > [Bluetooth > Microsoft Presenter+ >完了] を選択します

  1. Microsoft Presenter+の背面にある [電源] ボタンをスライドしてオンにします。

  2. Microsoft Presenter+の Bluetooth ボタンを約 3 秒間長押ししてペアリング モードにします。 背面の LED ライトが白く点滅します。

  3. Mac で、[システム環境設定] > [Bluetooth] > [Apple] メニューを選択します。

  4. デバイスの一覧で [Microsoft Presenter+] を選択し、[接続] を選択します。

注: Mac 上の Microsoft Teams でMicrosoft Presenter+を使用するには、Microsoft Teams の入力監視がオンになっていることを確認します。 これを行うには、[システム設定] で、[ プライバシー] & [セキュリティ] >[入力監視] を選択し、 Microsoft Teams で有効になっていることを確認します。

Microsoft アクセサリ センター アプリでMicrosoft Presenter+を設定する 

Microsoft アクセサリ センターでMicrosoft Presenter+を設定する方法を次に示します。 

  1. Microsoft Presenter+がオンになっていることを確認します。 オンになっていない場合は、[電源] ボタンをスライドしてリモートの電源をオンにします。

  2. [スタート] を選択し、アプリの一覧で [Microsoft アクセサリ センター] を選択します。 
    Microsoft Presenter+は自動的に接続されます。

  3. Microsoft アクセサリ センターで、[Microsoft Presenter+] を選択し、リモートの設定を変更します。

Microsoft アクセサリ センターでMicrosoft Presenter+をカスタマイズする 

Microsoft Presenter+のボタンやその他の設定をカスタマイズして、独自のものにして最大限に活用します。 これには、Microsoft Presenter+のボタンのカスタマイズ、レーザー ポインターのサイズと色などが含まれます。 

Microsoft Presenter+の [戻る] ボタンと [次へ] ボタンをカスタマイズするには 

既定では、[戻る] ボタンと [次へ] ボタンを押して 1 つのスライドに戻ったり、プレゼンテーション中に Microsoft Teams のPowerPoint Liveを使用して次のスライドに移動したりできます。 ただし、これらのボタンをカスタマイズして、長押しするときにさまざまな操作を実行できます。 

たとえば、[戻る] ボタンと [次へ] ボタンをカスタマイズする場合に使用できる機能の一部を次に示します。 

  • PC の音量を調整します。

  • プレゼンテーションを開始します。

  • 白い背景または黒い背景を持つ空白の PowerPoint スライドを表示します。

  • Microsoft Teams でビデオのオンとオフを切り替えます。

  • Windows でキーボード ショートカットを使用する

[戻る] ボタンと [次へ] ボタンをカスタマイズする方法を次に示します。 

  1. [Microsoft アクセサリ センター] で、[プレゼンテーション コントロールMicrosoft Presenter+>] を選択します。

  2. [前へ] ボタンと [次へ] ボタンで、次のアクションの 1 つ以上を選択します。

    • [前へ] ボタンと [次へ] ボタン: を押します 

    • 前のボタン: 長押し 

    • 次のボタン: 長押し 

  3. 次の画面で、その特定のアクションに対して [戻る] ボタンまたは [次へ] ボタンを選択します。

  4. (省略可能) [キーストローク] を選択した場合、[キーストローク] 画面で、[戻る] ボタンまたは [次へ] ボタンを長押しするときに使用するキーボード ショートカットを押します。 

    たとえば、Windows 10/11 PC で設定アプリを開くためのキーボード ショートカットは、Windows ロゴ キー + I です。 Microsoft Presenter+の [戻る] ボタンまたは [次へ] ボタンを長押しして [設定] を開く場合は、[キーストローク] 画面でボックスを選択し、Windows ロゴ キーを押しながら I キーを押してから、[適用] を選択します。 その後、[戻る] ボタンまたは [次へ] ボタン (選択したボタン) を長押しして試します。 
    Windows キーボード ショートカットの詳細については、「 Windows キーボード ショートカット」を参照してください。

レーザー ポインターをカスタマイズするには 

PowerPoint Liveを使用して Microsoft Teams 会議でレーザー ポインターを使用する場合は、プレゼンテーション中に既定のレーザー ポインターが使用されます。 ただし、他のアプリで使用する場合は、レーザー ポインターのサイズと色をカスタマイズできます。 

  1. [Microsoft アクセサリ センター] で、[プレゼンテーション コントロールMicrosoft Presenter+>] を選択します。

  2. Microsoft Presenter+何かを指す場合の感度を調整するには、スライダーを調整します。

  3. [ ポインターのサイズと色の変更] を選択します

  4. [レーザー ポインター] 画面で、次の 1 つ以上の操作を行います。

    • ポインターのサイズを変更するには、[ サイズ ] スライダーを調整します。

    • 色を変更するには、別の色を選択します。

  5. カスタマイズしたポインターが画面に表示される内容を確認するには、Microsoft Presenter+の [レーザー ポインター] ボタンを長押しします。

触覚信号を使用するには 

触覚信号は、何かが起こったときに知らせるためにあなたのMicrosoft Presenter+のための短い振動を提供します。 たとえば、Microsoft Teams 会議の開始時、ミュートまたはミュート解除時、Teams 会議で手を挙げたり下げたりする場合などです。  

  1. [Microsoft アクセサリ センター] で、[触覚信号> Microsoft Presenter+] を選択します。

  2. 信号の強度を変更するには、スライダーをドラッグします。

  3. [用途] で、特定のイベントの触覚信号が必要かどうかに応じて、チェック ボックスの 1 つ以上を選択します。

  4. それらのすべてを一度にオフにする場合は、 触覚信号をオフにします。

Microsoft Presenter+を見つけるには 

Microsoft Presenter+が見つからない場合は、振動して見つけてみてください。 

  1. [Microsoft アクセサリ センター] で、[デバイスの詳細Microsoft Presenter+> 選択します

  2. [ デバイスの検索] で、[ 振動の開始] を選択します。 
    デバイスが振動して、デバイスを見つけるのに役立ちます。

Microsoft Presenter+を充電する 

バッテリー残量が少ない場合は、Microsoft Presenter+のライトが赤く点灯します。 付属のドックと USB ケーブルを使用して、Microsoft Presenter+を充電します。 Microsoft Presenter+は、ドックと充電中でも引き続き使用できます。 Microsoft Presenter+は、完全に充電された場合に最大6日間のバッテリを取得することができます¹。  

Microsoft アクセサリ センター アプリまたは Windows 10/11 PC の Bluetooth 設定で、いつでもバッテリー レベルをチェックできます。 

Bluetooth 設定を開く

免責事項:¹Batteryの生活は、使用、設定、その他の要因によって大きく異なります。 2022 年 9 月に Microsoft が運用前デバイスを使用して実施したテスト。 テストは、Bluetooth を介して各デバイスをホストに接続し、アクティブな使用とスタンバイシナリオの組み合わせに関連するバッテリ放電を測定することで構成されました。 すべての設定は既定の設定でした。 

リモートを充電する 

  1. ドックに取り付けられている USB ケーブルをWindows 10/11 PC または電源コンセントに差し込みます (USB 電源アダプターを使用している場合は、付属していません)。

  2. ドックにMicrosoft Presenter+を配置します。 
    充電すると、Microsoft Presenter+前面の LED ライトが白く点灯します。

Microsoft Presenter+を更新する 

最新の機能強化を使用して最新の状態に保つことで、Microsoft Presenter+から最高のエクスペリエンスを得ることができます。 更新プログラムをインストールするには: 

Microsoft Presenter+をリセットする 

Microsoft Presenter+を既定の設定にリセットする場合は、Microsoft アクセサリ センター アプリでリセットできます。 これにより、アプリ内のMicrosoft Presenter+に対して行った変更がリセットされます。 Microsoft Presenter+をリセットする前に、十分に充電されていることを確認してください。 

  1. MICROSOFT PRESENTER+ PC に接続したら、Microsoft アクセサリ センターを開きます。

  2. [Microsoft Presenter+ > デバイスの詳細] を選択します

  3. [デバイスの詳細] で、[デバイスのリセット] で [ 今すぐ リセット] を選択します。

関連トピック 

ヘルプを表示

その他のオプションが必要ですか?

サブスクリプションの特典の参照、トレーニング コースの閲覧、デバイスのセキュリティ保護方法などについて説明します。

コミュニティは、質問をしたり質問の答えを得たり、フィードバックを提供したり、豊富な知識を持つ専門家の意見を聞いたりするのに役立ちます。

一般的な問題の解決策を見つけるか、サポート エージェントからサポートを受けます。

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?
[送信] を押すと、Microsoft の製品とサービスの改善にフィードバックが使用されます。 IT 管理者はこのデータを収集できます。 プライバシーに関する声明。

フィードバックをいただき、ありがとうございます。

×