Microsoft Security Essentials でリアルタイム保護が有効にならない

現象

Microsoft Security Essentials (MSE) でリアルタイム保護を有効にすることはできません。

原因

この問題は、ウイルス対策、スパイウェア、マルウェア対策プログラムなどの他のセキュリティソフトウェアがコンピューターに完全または部分的にインストールされている場合に発生することがあります。

解決方法

コンピューターにインストールされているセキュリティプログラムのすべてのトレースが削除されていることを確認します。 この製品には、コンピューターの購入時にプレインストールされていた無料または試用版の製品が含まれます。これらの製品は、ライセンス認証されていない場合でも対象となります。 また、Microsoft Security Essentials をインストールする前に、使用していたセキュリティプログラムが完全にアンインストールされていることを確認してください。 セキュリティプログラムによっては、独自のファイアウォールがあります。 これらの製品を削除すると、Windows ファイアウォールが有効になります。 既定では、MSE は Windows ファイアウォールを使用します。注: セキュリティソフトウェアには、通常、ウイルス対策、スパイウェア対策プログラム、マルウェア対策プログラムが含まれています。 コンピューターにインストールされているセキュリティプログラムが不明な場合は、OPSWAT の AppRemover ユーティリティを使用して、ソフトウェアを識別することができます。 AppRemover を入手するには、次の OPSWAT web サイトを参照してください。

コンピューターにインストールされているセキュリティプログラム、または部分的にコンピューターから削除されたセキュリティプログラムを特定した後は、クリーンアップツールまたはセキュリティプログラムの製造元の手順を使用して、プログラムを完全に削除できます。 特定の製品で利用できるクリーンアップツールの詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

セキュリティプログラムのクリーンアップツールとアンインストールツールの一覧他のすべてのセキュリティプログラムを削除し、クリーンアップが完了したら、コンピューターを再起動し、Windows ファイアウォールが有効になっていることを確認します。 Windows ファイアウォールの状態は、アクションセンター (Windows XP を使用している場合はセキュリティセンター)、またはコントロールパネルを使って確認できます。

  • アクションセンターの詳細については、「」を参照してください。

  • セキュリティセンターの詳細については、「 」を参照してください。

  • コントロールパネルを使用して Windows ファイアウォールの状態を確認する方法については、「 にする」を参照してください。

詳細情報

この記事で説明されている方法を実行しても、この問題が引き続き発生する場合は、次の Microsoft web サイトにアクセスしてメールサポートケースを開きます。

サードパーティの連絡先情報は、テクニカル サポートに役立つように提供されているものであり、 将来予告なしに変更されることがあります。 マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×