MS17-013: Microsoft Graphics コンポーネントのセキュリティ更新プログラム: 2017 年 3 月 15 日

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows、Microsoft Office、Skype for Business、Silverlight、および Microsoft Lync の Microsoft Graphics コンポーネントの脆弱性を解決します。 これらの脆弱性により、ユーザーが特別に細工された Web サイトにアクセス、または特別に細工された文書を開いた場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。 脆弱性の詳細については、「マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-013」を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムの関連情報

以下の資料では製品バージョン別に、このセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。 資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている場合があります。

Microsoft Windows

  • 4017018 Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム: 2017 年 4 月 12 日

  • 4012584 MS17-013: Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

  • 4012497 MS17-018 および MS17-013: Windows カーネルモード ドライバーおよび Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

  • 4012212 2017 年 3 月 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用のセキュリティのみの品質更新プログラム

  • 4012215 2017 年 3 月 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用のセキュリティの月例の品質ロールアップ

  • 4012213 2017 年 3 月 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用のセキュリティのみの品質更新プログラム

  • 4012216 2017 年 3 月 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用のセキュリティの月例の品質ロールアップ

  • 4012214 2017 年 3 月 Windows Server 2012 用のセキュリティのみの品質更新プログラム

  • 4012217 2017 年 3 月 Windows Server 2012 用のセキュリティの月例の品質ロールアップ

  • 4012606 2017 年 3 月 15 日 — KB4012606 (OS ビルド 17312)

  • 4013198 2017年 3 月 15 日 — KB4013198 (OS ビルド 830)

  • 4013429 2017 年 3 月 14 日 — KB4013429 (OS ビルド 933)

Microsoft Office

  • 3127945 MS17-013: 2007 Microsoft Office スイート用のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

  • 3141535 MS17-013: 2007 Microsoft Office スイート用のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

  • 3127958 MS17-013: Office 2010 用のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

  • 3178688 MS17-013: Office 2010 用のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

  • 3178693 MS17-013: Word Viewer 用のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

  • 3178653 MS17-013: Word Viewer 用のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

Microsoft のコミュニケーション プラットフォームとソフトウェア

  • 4010299 MS17-013: Lync 2010 の Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

  • 4010300 MS17-013: Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール) の Microsoft Graphics コンポーネント用セキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

  • 4010301 MS17-013: Microsoft Lync 2010 Attendee (管理者レベル インストール) の Microsoft Graphics コンポーネント用セキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

  • 4010303 MS17-013: Live Meeting 2007 コンソールの Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

  • 4010304 MS17-013: Live Meeting アドインの Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

  • 3172539 MS17-013: Lync 2013 (Skype for Business) のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

  • 3178656 MS17-013: Skype for Business 2016 のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

Microsoft の開発者用ツールとソフトウェア

  • 4013867 MS17-013: Microsoft Silverlight 5 の Microsoft Graphics コンポーネント用セキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

Windows Vista (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版 Windows Vista:
Windows6.0-KB4017018-x86.msu
Windows6.0-KB4012584-x86.msu
Windows6.0-KB4012497-x86.msu

 

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows Vista:
Windows6.0-KB4017018-x64.msu
Windows6.0-KB4012584-x64.msu
Windows6.0-KB4012497-x64.msu

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 934307」を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

  1. は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。 WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル][セキュリティ] の順にクリックします。 [Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 4017018」を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 4012584」を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 4012497」を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

 

 

Windows Server 2008 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版 Windows Server 2008:
Windows6.0-KB4017018-x86.msu
Windows6.0-KB4012584-x86.msu
Windows6.0-KB4012497-x86.msu

 

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows Server 2008:
Windows6.0-KB4017018-x64.msu
Windows6.0-KB4012584-x64.msu
Windows6.0-KB4012497-x64.msu

 

サポートされているすべての Itanium ベース エディションの Windows Server 2008:
Windows6.0-KB4017018-ia64.msu
Windows6.0-KB4012584-ia64.msu
Windows6.0-KB4012497-ia64.msu

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 934307」を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。 WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル][セキュリティ] の順にクリックします。 [Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 4017018」を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 4012584」を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 4012497」を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

 

Windows 7 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows 7:
indows6.1-KB4012212-x64.msu
セキュリティのみ

 

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows 7:
Windows6.1-KB4012215-x64.msu
月例のロールアップ

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 934307」を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] で [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 4012212」を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 4012215」を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

 

Windows Server 2008 R2 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB4012212-x64.msu
セキュリティのみ

 

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB4012215-x64.msu
月例のロールアップ

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 934307」を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] で [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 4012212」を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 4012215」を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

 

Windows 8.1 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows 8.1:
Windows8.1-KB4012213-x64.msu
セキュリティのみ

 

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows 8.1:
Windows8.1-KB4012216-x64.msu
月例のロールアップ

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 934307」を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 4012213」を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 4012216」を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

 

Windows RT 8.1 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

展開

4012216 月例のロールアップ更新プログラムは、Windows Update を介してのみ入手できます。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 4012213」を参照してください。

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2012:
Windows8-RT-KB4012214-x64.msu
セキュリティのみ

 

サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2012:
Windows8-RT-KB4012217-x64.msu
月例のロールアップ

 

サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2012 R2:
Windows8.1-KB4012213-x64.msu
セキュリティのみ

 

サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2012 R2:
Windows8.1-KB4012216-x64.msu
月例のロールアップ

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 934307」を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 4012214」を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 4012217」を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 4012213」を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 4012216」を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

 

Windows 10 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows 10:
Windows10.0-KB4012606-x64.msu

 

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows 10 Version 1511:
Windows10.0-KB4013198-x64.msu

 

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows 10 Version 1607:
Windows10.0-KB4013429-x64.msu

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 934307」を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイル情報

Windows 10 および Windows Server 2016 の更新履歴」を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

 

Windows Server 2016 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2016:
Windows10.0-KB4013429-x64.msu

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 934307」を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイル情報

Windows 10 および Windows Server 2016 の更新履歴」を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

 

 

Microsoft Office 2007 (すべてのエディション) およびその他のソフトウェア

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

Microsoft Office 2007 Service Pack 3:
ogl2007-kb3127945-fullfile-x86-glb.exe

 

Microsoft Office 2007 Service Pack 3:
usp102007-kb3141535-fullfile-x86-glb.exe

 

Microsoft Word Viewer:
office2003-kb3178693-fullfile-enu.exe

 

Microsoft Word Viewer:
office2003-kb3178653-fullfile-enu.exe

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 912203」を参照してください。

再起動の必要性

この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。 必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。 この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。 再起動が必要となる理由の詳細については、「マイクロソフト サポート技術情報 887012」を参照してください。

アンインストール情報

コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3127945」を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3141535」を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3178693」を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3178653」を参照してください。

レジストリ キーの確認

対象外

 

Microsoft Office 2010 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (32 ビット版):
ogl2010-kb3127958-fullfile-x86-glb.exe

 

Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (64 ビット版):
ogl2010-kb3127958-fullfile-x64-glb.exe

 

Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (32 ビット版):
usp102010-kb3178688-fullfile-x86-glb.exe

 

Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (64 ビット版):
usp102010-kb3178688-fullfile-x64-glb.exe

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 912203」を参照してください。

再起動の必要性

この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。 必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。 この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。 再起動が必要となる理由の詳細については、「マイクロソフト サポート技術情報 887012」を参照してください。

アンインストール情報

コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3127958」を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3178688」を参照してください。

レジストリ キーの確認

対象外

 

Microsoft Live Meeting 2007、Microsoft Lync 2010、Microsoft Lync 2010 Attendee、Microsoft Lync 2013 (Skype for Business)、および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

Microsoft Live Meeting 2007 コンソール (4010303):
LMSetup.exe

 

Microsoft Live Meeting 2007 アドイン (4010304):
ConfAddins_Setup.exe

 

Microsoft Lync 2010 (32 ビット) (4010299):
lync.msp

 

Microsoft Lync 2010 (64 ビット) (4010299):
lync.msp

 

Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール) (4010300):
AttendeeUser.msp

 

Microsoft Lync 2010 Attendee (管理者レベル インストール) (4010301):
AttendeeAdmin.msp

 

サポートされているすべてのエディションの Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) (32 ビット) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic) (32 ビット):
lync2013-kb3172539-fullfile-x86-glb.exe

 

サポートされているすべてのエディションの Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) (64 ビット) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic) (64 ビット):
lync2013-kb3172539-fullfile-x64-glb.exe

 

サポートされているすべての 32 ビット版の Skype for Business 2016 および Skype for Business Basic 2016
lync2016-kb3178656-fullfile-x86-glb.exe

 

サポートされているすべての 64 ビット版の Skype for Business Basic 2016:
lync2016-kb3178656-fullfile-x64-glb.exe

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 912203」を参照してください。

再起動の必要性

この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。 必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。 この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。 再起動が必要となる理由の詳細については、「マイクロソフト サポート技術情報 887012」を参照してください。

アンインストール情報

コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。

ファイル情報

Microsoft Live Meeting 2007 コンソール:
マイクロソフト サポート技術情報 4010303」を参照してください。

 

Microsoft Live Meeting 2007 アドイン:
マイクロソフト サポート技術情報 4010304」を参照してください。

 

サポートされているすべてのエディションの Microsoft Lync 2010:
マイクロソフト サポート技術情報 4010299」を参照してください。

 

Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール):
マイクロソフト サポート技術情報 4010300」を参照してください。

 

Microsoft Lync 2010 Attendee (管理レベル インストール):
マイクロソフト サポート技術情報 4010301」を参照してください。

 

Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic):
マイクロソフト サポート技術情報 3172539」を参照してください。

 

Skype for Business 2016 および Skype for Business Basic 2016:
マイクロソフト サポート技術情報 3178656」を参照してください。

レジストリ キーの確認

Microsoft Live Meeting 2007 コンソール:
対象外

 

Microsoft Lync 2010 (32 ビット):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{0EEB34F6-991D-4a1b-8EEB-772DA0EADB22}
Version = 7577.4525

 

Microsoft Lync 2010 (64 ビット):
HKEY_LOCAL_MACHINE\ SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{0EEB34F6-991D-4a1b-8EEB-772DA0EADB22}
Version = 7577. 4525

 

Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{0EEB34F6-991D-4a1b-8EEB-772DA0EADB22}
Version = 7577. 4525

 

Microsoft Lync 2010 Attendee (管理レベル インストール):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\94E53390F8C13794999249B19E6CFE33\InstallProperties\DisplayVersion = 4.0.7577. 4525

 

Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic):
対象外

 

Skype for Business 2016 および Skype for Business Basic 2016:
対象外

 

Silverlight 5 for Windows (サポートされているすべてのリリース)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット リリースの Microsoft Windows にインストールされている Microsoft Silverlight 5:
silverlight.exe

 

サポートされているすべての 32 ビット リリースの Microsoft Windows にインストールされている Microsoft Silverlight 5 Developer Runtime:
silverlight_developer.exe

 

サポートされているすべての 64 ビット リリースの Microsoft Windows にインストールされている Microsoft Silverlight 5:
silverlight_x64.exe

 

サポートされているすべての 64 ビット リリースの Microsoft Windows にインストールされている Microsoft Silverlight 5 Developer Runtime:
silverlight_developer_x64.exe

インストール スイッチ

Silverlight Enterprise Deployment Guide」(英語情報) を参照してください

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。

アンインストール情報

コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目を使用します (この更新プログラムは、Silverlight を削除してから削除する必要があります)。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3193713」を参照してください。

レジストリ キーの確認

32 ビット版の Microsoft Silverlight 5:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Silverlight "Version" = "5.1. 50905.0"

 

64 ビット版の Microsoft Silverlight 5:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Silverlight "Version" = "5.1.50901.0"
および
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Silverlight "Version" = "5.1. 50905.0"

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールのヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション: セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: その他の地域のサポート

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×