現象

Microsoft Office 365 環境の 2 人のユーザー (ユーザー A とユーザー B) における次のシナリオを考えます。Windows PowerShellで、Add-RecipientPermission コマンドレットを使用し、ユーザー B のメールボックスに対し、ユーザー A に Send As 権限を付与します。次に、Get-RecipientPermission コマンドレットを使用して、Send As 権限が適用されていることを確認しました。

ただし、ユーザー A が新しい電子メール メッセージの [差出人] ボックスでユーザー B のアドレスを適用してメッセージを送信しようとすると、ユーザー A は十分な権限がないことを示す配信不能レポート (NDR) を受け取ります。こうした現象は、Outlook Web App では発生しません。ユーザー A は、Outlook Web App 電子メール メッセージの [差出人] ボックスでユーザー B のアドレスを適用すると、正常に電子メール メッセージが送信できます。

原因

ユーザー A が [差出人] ボックスにユーザー B のアドレスを適用する際に、ローカルでキャッシュに残っていた古い情報が自動的に入力されたため、この問題が発生した可能性があります。この現象は、オフライン アドレス帳への変更がOutlook に反映されない場合に発生することがあります。

解決方法

この問題を解決するには、以下の手順に従ってください。

  1. Outlookの新しい電子メールで、[差出人]、[他の電子メール アドレス] の順にクリックします。

  2. [他の電子メールアドレスから送信] ウィンドウで、[差出人] をクリックし、アドレス帳をグローバルアドレス一覧 (GAL) に変更し、Send As 権限を付与されたメールボックスのユーザーを選択します (例: ユーザー B を選択します)。

詳細

Office 365 でオフライン アドレス帳をトラブルシューティングする方法についての詳細は、以下の資料を参照してください。

2666477 「Office 365 で Outlook オフライン アドレス帳をトラブルシューティングする方法」追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×