重要: この資料には、コンピューターのセキュリティ設定を低くする方法や、コンピューターのセキュリティ機能を無効にする方法を示す情報が記載されています。 これらの変更によって特定の問題を回避できますが、 変更を行う前に、特定の環境でこの回避策を実行した際に生じるリスクを評価することをお勧めします。 この回避策を実行する場合は、コンピューターを保護するために、ここに記載された処理以外にも適切な処理を実行してください。

概要

この記事では、Outlook または Outlook Express で電子メール メッセージを送受信するときに発生することがある問題のトラブルシューティングに役立つ一般的な方法について説明します。

次のエラーが発生した場合、これらの方法を試してください。

注: 一般的な方法で問題が解決しない場合は、表に記載されている追加の方法を試してください。

エラー メッセージまたはエラー コード

その他の方法

対象のコンピューターによって拒否されたため、接続できませんでした。

サーバーが見つかりませんでした。 (アカウント: アカウント名, POP サーバー: 'mail', エラー番号: 0x800ccc0d)。

タスク 'サーバー名 - 送受信中' はエラー (0x800ccc0f) を報告しました: 'サーバーへの接続が中断されました。 この問題が引き続き起こる場合は、サーバー管理者かインターネット サービス プロバイダー (ISP) に連絡してください。 サーバーが応答しました: ? K'

サーバーは接続を解除しました。 サーバーまたはネットワークに問題があるか、またはアイドル時間が長すぎた可能性があります。 アカウント: アカウント名, サーバー: 'サーバー名', プロトコル: POP3, サーバーの応答: '+OK', ポート: 110, セキュリティ (SSL): なし、エラー番号 : 0x800ccc0f

タスク 'SMTP サーバー名 - 送受信中' はエラー (0x80042109) を報告しました: '送信 (SMTP) メール サーバーに接続できません。 このメッセージを引き続き受信する場合は、サーバー管理者かインターネット サービス プロバイダー (ISP) に問い合わせてください。'

受信 (POP) サーバーからの応答を待機中に操作がタイム アウトになりました。0x8004210a

サーバーのタイムアウト設定を増やします。

サーバーと通話しようとして、タイムアウトが発生しました。0x800ccc19

サーバーのタイムアウト設定を増やします。

エラー コード: 0x800ccc15、0x80042108、0x800ccc0e、0x800ccc0b、0x800ccc79、0x800ccc67、0x80040900、0x800ccc81、0x80040119、0x80040600

エラー コード: 0x8007000c

MAPI 修復ツールを実行します。

エラー コード: 0x800C013b

Sent Items.dbx ファイルを再作成します。

エラー コード: 0x8004210b

配布リストの SMTP 電子メール アドレスを確認します。


解決方法

この問題を解決するには、以下のいずれかまたは複数の方法を使用します。 各方法を完了したら、自分宛てにテストの電子メール メッセージを送信し、エラー メッセージを受信せずにメッセージを送受信できることを確認します。 エラーが引き続き発生する場合は、次の方法を試してください。

 

不審な電子メール メッセージが Outlook での受信エラー メッセージをブロックする可能性があります。 不審な電子メール メッセージがある場合は、次のいずれかの方法で削除します。

  • ISP の Web ベースの電子メール プログラムを使用して、メールボックスにアクセスします。 次に、電子メール メッセージを削除します。

  • ISP に連絡して、不審な電子メール メッセージの削除を依頼します。

 

警告: この回避策によって、コンピューターやネットワークが、悪意のあるユーザーやウイルスなどの悪質なソフトウェアからの攻撃を受けやすくなる場合があります。 この資料の情報は、記載されている回避策をユーザーが自己の判断で使用することを前提に提供されているものであり、この回避策をお勧めするものではありません。 この回避策は、自己の責任において使用してください。

次のファイルがインターネットにアクセスできるようにファイアウォール ソフトウェアを構成します。

  • Outlook.exe (Outlook の場合)

  • Msimn.exe (Outlook Express の場合)

デフォルトでは、ポート 25 は送信アクセス用であり、ポート 110 は着信アクセス用です。 ポートがわからない場合は、ISP またはシステム管理者に問い合わせてください。

McAfee Personal Firewall および Norton Personal Firewall (Symantec) の詳細情報

McAfee Personal Firewall の構成方法については、McAfee の Web サイトを参照してください。

または、McAfee Personal Firewall を削除して再インストールすることもできます。 この再インストール処理により、ファイアウォールで使用するプログラム署名ファイルが再作成されるため、インターネット アクセスを許可するプログラムの一覧に Outlook と Outlook Express が確実に含まれるようになります。

Symantec の Norton Personal Firewall 2002、Norton Internet Security、Norton SystemWorks のいずれかのソフトウェアを実行している場合は、この問題を解決するためのアップグレードまたは再構成の手順について、Symantec の製品サポートに問い合わせてください

注: 次の方法は Outlook 専用です。

Outlook をセーフ モードで起動するには、インストールしているオペレーティング システムに応じて、以下の手順を実行します。

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 または Windows Vista

  1. Windows 10 では、タスク バーの検索ボックスを選択します。 Windows 8.1 または 8 では、画面の右端から中央にスワイプし、[検索] をタップします。 または、マウスを使用している場合は、画面の右下隅をポイントして、[検索] をクリックします。 Windows 7 または Windows Vista では、[スタート] ボタンをクリックします。

  2. 検索ボックスに「outlook.exe /safe」と入力します。

  3. Enter キーを押します。

Windows Server 2003、Windows 2000 または Windows XP

  1. [スタート] をクリックします。

  2. [実行] をクリックします。

  3. 「outlook.exe /safe」と入力します。

  4. [OK] をクリックします。

電子メール プロファイルが破損しているか、競合するサードパーティ製アプリケーションまたはアドインがインストールされていることを示す通知が表示された場合は、方法 3 の手順に従って新しい電子メール プロファイルを作成します。

[送信トレイ] をクリックし、送信トレイに残っている電子メール メッセージがないかどうかを確認します。 残っているメッセージがある場合は、次の手順に従ってこれらのメッセージをクリアします。

  1. Outlook で [送信/受信] タブ、[オフライン作業] の順に選びます。

    注: これにより、Outlook がすべてのメール メッセージを送信しようとする試みを停止します。

  2. [送信トレイ] を選びます。 次のいずれかの操作を行おうとした可能性があります。

    • メッセージを移動する: メッセージを下書きフォルダーに移動します。 メッセージを下書きフォルダーにドラックするか、またはメッセージを右クリックして、リストから [移動] > [その他のフォルダー] > [下書き] フォルダーの順に選ぶことができます。

      注: これにより、メール メッセージを再送信するまえに、大きなメール メッセージを開いたり、削除したり、サイズを変更したり、添付ファイルをもう一度添付したりできます。

    • メッセージを削除する: メッセージを右クリックし、[削除] を選びます。


    重要:「メッセージを送信しています」メッセージを受信した場合は、Outlook を閉じて終わるまで待ちます。 Windows のタスク マネージャーを使って、Outlook.exe の処理が完了したことを確認する必要があることがあります。 Outlook をもう一度再起動し、手順 2. を繰り返します。

  3. [送信/受信] タブ、[オフライン作業] の順に選んで選択を解除します。

詳細情報

この問題が生じることが判明しているサードパーティ製品には、以下のものがあります。

  • Marketscore (Netsetter) Internet Accelerator

  • Net Nanny

  • Panicware Pop-Up Stopper


Mapi32.dll ファイルが破損している、または正しくない場合、Outlook で電子メール メッセージを送受信すると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

送受信でエラー (0x8007000E) が報告されました: メモリ不足またはシステム リソース不足。 一部のウィンドウまたはプログラムを閉じて、もう一度やり直してください。


この問題を解決するには、MAPI 修復ツール (Fixmapi.exe) を実行します。 Fixmapi.exe ファイルは、以下のフォルダーのいずれかにあります。

  • C:\Winnt\System32

  • C:\Windows\System32


Sent Items.dbx ファイルが破損している場合、Outlook Express でメッセージを送信すると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。


不明なエラーが発生しました。 プロトコル: SMTP, ポート: 0, セキュリティ (SSL): なし、エラー番号 : 0x800C013B


この問題を解決するには、Outlook Express 電子メール ファイルから Sent Items.dbx ファイルの名前を変更します。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] をクリックし、[検索] をポイントして、[ファイルまたはフォルダ]をクリックします。

  2. [名前] ボックスに Sent Items.dbx と入力します。

  3. [探す場所] ボックスの一覧でプライマリ ハード ディスク (通常はドライブ C) をクリックし、[検索開始] をクリックします。

  4. Sent Items.dbx ファイルを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。

  5. 「Sent Items.old」と入力し、[OK] をクリックします。

  6. Outlook Express を再起動します。 このアクションでは、新しい Sent Items.dbx ファイルが自動的に作成されます。


配布リスト内の 1 つの SMTP アドレスが破損しているか、正しく形成されていない場合は、エラー 0x8004210b が発生する可能性があります。 配布リスト内のすべての電子メール アドレスを調べて、正しいことを確認する必要があります。 さらに、各配布リスト メンバーに個別のテスト電子メール メッセージを送信して、無効な電子メール アドレスを識別できます。

エラー コードと共にタイムアウト エラー メッセージが表示される場合は、Outlook または Outlook Express でサーバーのタイムアウト値に大きな値を設定すると、この問題が解決することがあります。 サーバーのタイムアウト値の設定を大きくするには、インストールしている Outlook または Outlook Express のバージョンに応じて、次のいずれかの方法を使用します。

Outlook 2010 以降

  1. Outlook を起動します。

  2. [ファイル] メニューの [情報] をクリックします。

  3. [アカウント設定] をクリックし、一覧から [アカウント設定] を選択します。

  4. 対象の POP3 アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。

  5. [詳細設定] をクリックします。

  6. [詳細設定] タブをクリックします。

  7. 問題が解決するまで、サーバーのタイムアウト設定値を徐々に大きくします。

Outlook 2007

  1. Outlook を起動します。

  2. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

  3. 対象の POP3 アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。

  4. [詳細設定] をクリックします。

  5. [詳細設定] タブをクリックします。

  6. 問題が解決するまで、サーバーのタイムアウト設定値を徐々に大きくします。

Outlook 2003 および Outlook 2002

  1. Outlook を起動します。

  2. [ツール] メニューの [電子メール アカウント] をクリックします。

  3. [既存の電子メール アカウントの表示と変更] をクリックし、[次へ] を順にクリックします。

  4. 使用している POP3 アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。

  5. [詳細設定] をクリックします。

  6. [詳細設定] タブをクリックします。

  7. 問題が解決するまで、サーバーのタイムアウト設定値を徐々に大きくします。

Outlook 2000 企業/ワークグループ モード (CW)

  1. Outlook を起動します。

  2. [ツール] メニューの [サービス] をクリックします。

  3. [サービス] タブで、[インターネット電子メール] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。

  4. [詳細設定] タブをクリックします。

  5. 問題が解決するまで、サーバーのタイムアウト設定値を徐々に大きくします。

Outlook 2000 インターネット メールのみ (IMO)

  1. Outlook を起動します。

  2. [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。

  3. 該当するアカウントをクリックし、[プロパティ] をクリックします。

  4. [詳細設定] タブをクリックします。

  5. 問題が解決するまで、サーバーのタイムアウト設定値を徐々に大きくします。

Outlook Express 6.0 および 5.x

  1. Outlook Express を起動します。

  2. [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。

  3. [メール] タブをクリックします。

  4. 使用している POP3 アカウントをクリックし、[プロパティ] をクリックします。

  5. [詳細設定] タブをクリックします。

  6. 問題が解決するまで、サーバーのタイムアウト設定値を徐々に大きくします。


他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、 将来予告なしに変更されることがあります。 マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×