現象

このMicrosoft Outlook 2010、次の現象が発生します。

  • [オンライン アーカイブ] はフォルダー一覧に表示されません。

  • メールボックスを展開すると、オンライン アーカイブの内容が表示されます。

  • 新しいメール メッセージを受信しません。 [フォルダーの更新 ] をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    タスク '<プロファイル名>' という報告エラー (0x8004011D) : 'サーバーは使用できません。 この条件が保持される場合は、管理者にお問い合わせください。

原因

この問題は、クライアントまたはサーバーの変更によって Outlook が別の通信プロトコルを使用する必要がある場合に発生します。 場合によっては、メッセージ プロファイルからのメールボックス情報が正しく保存されない原因となる Outlook のタイミングの問題が発生します。 Outlook では、この誤ったメールボックス情報が使用され、プライマリ メールボックスとアーカイブ メールボックスにエラーが発生し、問題が表示されます。

解決方法

この問題を解決するには、Outlook 2010 の更新プログラム、2015 年 8 月 11 日をインストールします。 この更新プログラムの詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示します。

3055041 2015年 8 月 11 日、Outlook 2010 の更新プログラム (KB3055041)

回避策

「解決方法」セクションに記載されている更新プログラムをインストールしてこの問題を解決できない場合は、次の手順に従って新しい Outlook プロファイルを作成することで問題を回避できます。

  1. Outlook を終了します。

  2. コントロール パネルで、メール アイテムを開きます。

    メール アイテムを見つけるには、コントロール パネルを開き、ウィンドウの上部にある検索ボックスに「メール」と入力します。 Windows XP のコントロール パネルで、[アドレス] ボックスに「メール」と入力します。

  3. [プロファイル] をクリックします。

  4. [追加] をクリックします。

  5. プロファイルの名前を入力し、[OK] をクリックします。

  6. アカウントの追加ウィザードの手順に従って、メール アカウントを追加します。 完了したら、[完了] をクリックします。

  7. [メール] で、[常にこのプロファイルを使用する] オプションが選択されていないことを確認し、一覧から新しいプロファイル名を選択します。

    代替テキスト

  8. [OK] をクリックします。

詳細情報

プロトコルの変更には、「原因」セクションに記載されている 2 つの一般的な理由があります。

  • サーバー (Exchange または Office 365) は、HTTP プロトコルを使用して MAPI を有効または無効にします。 この変更は自動検出プロセスで Outlook に表示され、プロトコル スイッチは Outlook で行います。

  • HTTP サポートを使って MAPI を制御する次のレジストリ サブキーは、コンピューターで構成されています。キー

    : HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Exchange
    DWORD: MapiHttpDisabled
    Value: 1


注: 問題が発生した後、もう一度 HTTP プロトコルを使用して MAPI を有効または無効にしても、問題は解決しません。 代わりに、「回避策」セクションで説明されている更新プログラムをインストールするか、新しい Outlook プロファイルを作成する必要があります。


HTTP 接続で MAPI を使用するかどうかを確認するには、次の手順を実行します。

  1. Outlook を実行している状態で Ctrl キーを押し、タスク バーの Outlook アイコンを右クリックします。

  2. [接続状態] をクリックします。

  3. プロキシ サーバー、サーバー名、プロトコルの各列を表示します。

  4. HTTP 接続を使用して MAPI を使用している場合、プロキシ サーバー列は空で、サーバー名列には実際のサーバー名が含まれるので、[プロトコル] 列には HTTP が表示されます。

    代替テキストRPC over HTTP 接続 (Outlook Anywhere) を使用している場合、プロキシ サーバー列にはサーバー名、サーバー名列にはサーバーの GUID が一覧表示され、[プロトコル] 列には

    RPC/HTTP が表示されます。


HTTP 接続での MAPI の詳細については、次の Microsoft TechNet Web サイトを参照してください。

MAPI over HTTP

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×