Outlook 2010 の修正プログラム パッケージ (Outlook x none.msp): 2011 年 7 月 11 日

この修正プログラム パッケージが利用可能ではありません。以下に記載されているすべての問題に対する修正プログラムのパッケージを入手するには、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

Outlook 2010 の修正プログラム パッケージのの説明 (x64 Outlook-x-none.msp; x86 Outlook-x-none.msp): 2011 年 10 月 25 日

概要

この資料では、2011 年 7 月 11 日は日にリリースされた修正プログラム パッケージで修正される Microsoft Outlook 2010 の問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 次のような状況を考えます。

    • キャッシュ モードでは、Microsoft Outlook 2010 にオンライン アーカイブ メールボックスの検索を実行するとします。

    • 検索結果にアイテムを開くしようとするとします。

    このシナリオでは、アイテムを開くことはできません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    このアイテムを開くことができません。


    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 29936 (OfficeQFE)

  • この修正プログラムは、Office 365 環境では、次の問題を解決します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 30224 (OfficeQFE)


    • この修正プログラムは、Outlook 2010 が MSO の IDCRL 認証から基本認証に切り替え時の応答を停止する問題を解決します。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 850304 (Office14)

    • この修正プログラムは、 AllowNegoCapabilityHeaderレジストリ キーの既定値を更新します。したがって、ヘッダーは、Exchange サーバーに送信されません。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 850342 (Office14)

    • この修正プログラムは、Outlook 2010 が Office 365 環境での空き時間情報を取得するときに応答を停止する問題を解決します。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 844483 (Office14)

    • この修正プログラムは、Outlook 2010 が Office 365 環境で電子メール メッセージを送信するときの応答を停止する問題を解決します。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 846054 (Office14)

    • この修正プログラムは、WinHTTP のリクエストのログ情報を追加します。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 848927 (Office14)

    • この修正プログラムは、Outlook 2010 Office 365 環境でプロファイルが作成されたときに応答を停止する問題を解決します。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 847028 (Office14)

    • この修正プログラムは、RPC の ETW ログ情報を取得するリング バッファーをオンにします。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 847123 (Office14)

    • この修正プログラムは、Outlook 2010 が Office 365 環境で、[アラーム] ダイアログ ボックスを使用するときを応答を停止する問題を解決します。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 837113 (Office14)


  • ビジネス生産性・ オンライン スイート (BPOS) の環境にメールボックスを移動することを想定しています。ただし、Outlook はユーザーの Outlook のログオン ユーザー名とユーザーのユーザー プリンシパル (UPN) を生成されません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 30225 (OfficeQFE)

  • BPOS の環境に、メールボックスの移動を前提としています。定期的な会議の例外を開くには、Outlook 2010 では、重複した出席者は、会議のインスペクターで [宛先] フィールドに表示します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 30226 (OfficeQFE)

  • Outlook 2010 では、オンライン アーカイブ メールボックスに関連付けるアカウントを使用してにログオンするときを応答を停止します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 30227 (OfficeQFE)

  • Outlook 2010 では複数のアカウントがあることを想定しています。たとえば、Exchange Server アカウントと IMAP アカウントがあります。IMAP アカウントにアカウントを送信する既定値を変更すると、次の問題が発生する可能性があります。

    • ブラウザーから、または Outlook からは、mailto リンクをクリックするとデフォルトのアカウントの送信は、IMAP アカウントではなく Exchange Server アカウントです。

    • 新しい電子メール メッセージを作成すると、IMAP アカウントではなく Exchange Server アカウントが選択されます。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 30334 (OfficeQFE)

  • 次のような状況を考えます。

    • Outlook 2010 で電子メール メッセージを作成します。

    • 読み取り受信確認を要求] オプションを有効にするとします。

    • Visual Basic for Applications (VBA) のスクリプトなどのスクリプトを実行するを保存し、電子メール メッセージを送信します。


    このシナリオでは、受信した開封確認メッセージは送信済みの電子メール メッセージには関係ありません。さらに、投票の応答機能は動作しません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 30339 (OfficeQFE)


  • 自動検出がのみ基本認証をサポートしていることを想定しています。このような場合は、Outlook が Exchange メールボックスに接続する Outlook を使用して Windows 認証の資格情報を使用しようとする場合があります。このような場合は、Outlook 2010 では自動検出が正しく動作しませんしません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 29957 (OfficeQFE)


    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 844259 (Office14)


    注 この修正プログラムをインストールした後は、自動検出がのみ基本認証をサポートする場合、基本資格情報を入力するプロンプトが表示されます。レジストリ エントリまたはポリシーの設定が、資格情報のプロンプトをブロックされていないことを確認します。たとえば、DisablePWDialog レジストリ エントリ、資格情報のプロンプト表示されません。

  • Outlook 2010 で電子メール メッセージが表示されることを想定しています。電子メール メッセージは、MAPI 以外のアカウントから送信され、添付ファイルが含まれています。このような場合は、添付ファイル アイコンと添付ファイル自体は表示されません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 29590 (OfficeQFE)

  • 別のユーザーの予定表を表示しようとするとき、outlook 2010 がクラッシュします。具体的には、この問題は、Outlook 2010 で [ファイル] タブの [ほかのユーザーのフォルダーをクリックして別のユーザーの予定表を表示するときに発生します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 29744 (OfficeQFE)

  • 次のような状況を考えます。

    • 作成し、署名された電子メール メッセージを Outlook 2010 内の受信者に送信します。

    • 電子メール メッセージの形式をリッチ テキスト形式 (RTF) として指定します。

    • 受信者が開き、電子メール メッセージを表示します。


    このシナリオでは、電子メール メッセージのフォーマットしないを保存するか HTML 形式に変換します。代わりに、電子メール メッセージの形式は、プレーン テキスト形式に変換されます。

  • この問題が発生した複数のシナリオがあります。この問題は、具体的には、メッセージの本文に rtf 形式でエンコードされた HTML テキストが含まれている場合に発生します。ベスト本文ロジックは、エンコードされた HTML テキストを認識しないし、プレーン テキストの本文が唯一の有効な本文であると見なされますので、この問題が発生します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 29362 (OfficeQFE)

  • Outlook 2010 のメールボックスが Exchange Server 2003 サーバー上のサイズの制限に達したことを想定しています。キャッシュ モードでは、Outlook 2010 で電子メール メッセージを送信しようとすると、電子メール メッセージが送信トレイに残って、メールボックスの整理ウィザードが起動しません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 29406 (OfficeQFE)

  • 詳細情報と予定表を Outlook 2010 では、iCalendar のデータ ファイルとして保存することを想定しています。ただし、iCalendar のデータ ファイルを開くと、予定表の予定の終了時刻が正しくありません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 29408 (OfficeQFE)

  • 次のような状況を考えます。

    • Outlook 2010 と別の MAPI アプリケーションを実行しているコンピューターがあります。

    • Outlook プロファイルを作成し、2 つの Exchange アカウントを追加します。

    • これら 2 つの Exchange アカウントを Exchange キャッシュ モードを無効にします。

    • MAPI アプリケーションを起動して、ユーザー名とパスワードを必要とする [認証] ダイアログ ボックスを閉じます。

    • Outlook 2010 を起動するとします。


    このシナリオでは、Outlook 2010 にログオンすることはできません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 29465 (OfficeQFE)

  • Outlook 2010 では、2 つのメールボックスを追加することを想定しています。サイド バイ サイドの 2 つのメールボックスの予定表を表示して 2 つのカレンダーでは、同じ名前を持つ他と区別することはできません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 29011 (OfficeQFE)

  • Outlook 2010 を Office 365 サービスに接続するとき、[認証] ダイアログ ボックスは、ユーザー名を入力するために使用する必要があります形式について十分な情報を行いません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 30275 (OfficeQFE)

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 847893 (Office14)

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 851143 (Office14)

  • Outlook 2010 では、会議出席依頼を表示すると、[宛先] フィールドで重複する出席者が表示されます。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 30275 (OfficeQFE)

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 847958 (Office14)

  • Exchange サーバー上の複数のメールボックスに接続する Outlook 2010 を構成すると、メールボックスがプライマリ メールボックスではないのは、[自動返信] ダイアログ ボックスが表示されないことができます。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 30275 (OfficeQFE)

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 850213 (Office14)

  • ヘブライ語バージョンの Outlook 2010 では、下のフレームにを使用するアドレスの選択:フレームから [名前の確認] ダイアログ ボックスが表示されます。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 29885 (OfficeQFE)

  • IMAP アカウントを使用する Outlook 2010 を構成することを想定しています。IMAP アカウントの受信トレイから電子メール メッセージを削除しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    削除済みアイテム フォルダーでは使用できません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 29848 (OfficeQFE)

  • 次のような状況を考えます。

    • Outlook 2010 では、キャッシュ モードでプロファイルを構成します。

    • 共有フォルダーのキャッシュ機能を無効にするのにには、グループ ポリシーを使用します。

    • Outlook 2010 を起動し、共有の予定表を表示するとします。


    このシナリオでは、Outlook 2010 が取得し、Exchange サーバーからのすべての予定表の詳細を表示することはできません。代わりに、予定表ビューで空き時間情報のみ確認できます。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 29821 (OfficeQFE)

  • Outlook 2010 で多数の予定を持つ共有の予定表を印刷しようとすることを想定しています。印刷スタイルとして月間スタイルを選択して数か月からの印刷範囲を設定すると、Outlook 2010 がクラッシュして、次のエラー メッセージが表示されます。

    Microsoft Outlook では、作業を停止しました。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 30579 (OfficeQFE)

  • 次のような状況を考えます。

    • ファイルを右クリックして、メールの宛先に送信] コマンドを選択します。

    • 読み取り受信確認を要求] オプションと Outlook 2010 で [投票ボタンを使う] オプションを有効にします。

    • 受信者に電子メール メッセージを送信するとします。

    • 受信者は、電子メール メッセージを読み取るし、投票を送信します。


    このシナリオでは、Outlook 2010 で投票結果を追跡することはできません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 30580 (OfficeQFE)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×