Outlook 2016 (KB3114387) は 2015 年 12 月 8 日更新

この資料では、2015 年 12 月 8 日にリリースされた Microsoft Outlook 2016 年お KB3114387 の更新プログラムについて説明します。この更新プログラムには、必要条件があります。

ダウンロード センターで更新プログラムが Microsoft インストーラー (.msi) に適用されることに注意してください-2016 年の Office のエディションのベースです。など、Microsoft Office 365 ホーム 2016年クイック実行の Office のエディションには適用されません。(確認する方法は?)。

機能強化と修正

  • 契約条項の内容が正確かどうかを確認するのには複数の言語でのいくつかの用語を変換します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 2602788 (OfficeMain)

  • 次の問題が修正されます。

    • 2016 の Outlook で、HTTP トランスポート プロトコル上で MAPI を使用すると、再接続を何度も試行があります。X PendingPeriod ヘッダー フィールドが尊重されていないために、この問題が発生します。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 2535160 (OfficeMain)

    • 2016 の Outlook の連絡先フォルダーから移動した後、スクリーン リーダーが実行されている場合に Outlook 2016 がクラッシュする可能性があります。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 2654341 (OfficeMain)

    • 数日間 Outlook 2016 を実行した後は、GDI オブジェクトのリークがあるためパフォーマンスが低下します。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 2654344 (OfficeMain)

    • Outlook 2016 が断続的にクラッシュします。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 2674079 (OfficeMain)

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

Microsoft Update

更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールするには、を使用します。

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動でダウンロードおよびインストールすることもできます。

  • Download

  • Download

実行しているプラットフォーム (32 ビットまたは 64 ビット) がわからない場合は、 を参照してください 。さらに、を確認してください。

マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

更新プログラムの情報

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、インストールされている Microsoft Outlook の 2016年が必要です。

詳細

Office のインストール方法が、クイック実行または MSI ベースのどちらであるかを確認するには、以下の手順を実行します。

  1. 2016 の Office アプリケーションを起動します。

  2. [ファイル] メニューで、アカウントを選択します。

  3. 2016 クイック実行の Office インストールでは、更新オプションの項目が表示されます。MSI ベースのインストールでは、更新オプションの項目は表示されません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×