概要

この資料では、2014 年 8 月 12 日付の Microsoft Project 2013 の修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • Project 2013 で VBA のユーザー フォームやコントロールを使用すると、次の問題のいずれかが発生することがあります。

    • 次のエラー メッセージが表示される場合があります。

      システム エラー & H80070057 (-2147024809)。パラメーターが正しくないです。

    • Project 2013 がクラッシュする可能性があります。

  • Project 2013 でのレポートのページ内のテキスト ボックスに 2 バイト文字 (たとえば、日本語または中国語の文字) を入力するとき、文字が重複しています。

  • エンタープライズ プロジェクト内の空の行の後は、タスクを挿入することを想定しています。プロジェクトを Project server に発行するときに作業の時間配分が正しくない場合があります。

  • 実績作業時間の保護機能が有効になっている場合は、実際の達成の列の値を変更できません。

  • 次のような状況を考えます。

    • ルックアップ テーブルを参照するエンタープライズ ユーザー設定フィールドを作成します。

    • プロジェクトにエンタープライズ ユーザー設定フィールドを挿入するとします。

    • 新しいプロジェクトを作成して、最初のプロジェクトとしてサブプロジェクトを挿入します。

    • そのソース プロジェクトからサブプロジェクトのリンクを解除するとします。

    このシナリオでは、エンタープライズ ユーザー設定フィールドの値は失われます。


  • Project 2013 の展開されたサブプロジェクトを持つプロジェクトを開くを開始することを想定しています。リソース配分状況]ビューに [作業時間] フィールドで時間単位のデータを更新すると、操作が失敗する可能性があります、または Project 2013 がクラッシュする可能性があります。

  • グループを作成して、割り当てをグループ化、タスクではなくオプションが有効になっていることを想定しています。時間配分の基準コストのコストの値と、数量単価型リソースがタスク配分状況およびリソースの配分状況ビューのグループ化の行にプログラムのロールアップしない場合があります。

  • Project 2013 でのスケジュールの機能を高度な状況報告日後の完了部分の終了を有効にすることを想定しています。作業時間の達成率] フィールドまたは [実績作業時間] フィールドの値を更新しようとすると、プロジェクトがクラッシュする可能性があります。

  • Project 2013 での新しい名前でプロジェクト ファイルを保存する名前を付けて保存を使用することを前提としています、ファイルを閉じます。新しいファイルを開くと、時間配分の実績作業時間の値は異常。

  • 評価のためのプロジェクトを Project Server からプロジェクトを開くし、プロジェクトがエンタープライズ プロジェクトの種類のユーザー設定の期間フィールドを含むことを想定しています。フィールドに入力した値が間違って保存される場合があります。たとえば、5、"d"の値を入力して、保存し、プロジェクトを閉じる] をクリックし。プロジェクトを再び開くと、値が"0 d"が表示されます。

  • 実績作業時間の保護機能を有効にし、開きの評価のためのプロジェクトを Project Server からプロジェクトを編集することを想定しています。割り当ての開始、終了、および残存作業時間を変更しようとするとします。このような状況では、「実績作業時間とタイムシートから更新された実績作業時間がとれていない状態になるこのプロジェクトでその操作があることがあります」メッセージが表示されます。

詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみこの修正プログラムを適用します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support 注: 「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラム パッケージをインストールするには、Project 2013 のインストールが必要です。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムのいずれを使用するにも、レジストリに変更を加える必要はありません。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルが含まれていない可能性があります。この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を解決するのには必要なファイルのみが含まれています。
この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンは、修正プログラム パッケージをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルが記載されている世界協定時刻 (UTC) で次の表にします。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換します。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×