RoleTailored クライアントがクラッシュするは、ページを実行し、COMMIT 文とし、ページを使用するアクションを実行します。Microsoft Dynamics NAV 2009 sp1 では、RUNMODAL ステートメント

テンプレート: CPR のナビゲーションバーの修正プログラム

BUG #: 134614 (コンテンツ管理)バグ #: 58592 (Vedbaek SE)

この資料では、すべての国と言語ロケールのすべての Microsoft Dynamics NAV に該当します。

現象

カスタム ページを実行し、アクションを実行すると、 COMMITステートメントは、ページを使用します。RUNMODAL文の Service Pack 1 (SP1) と Microsoft Dynamics NAV 2009 年の RoleTailored クライアント、次のエラー メッセージが表示します。

サーバーへの接続が失われました。アプリケーションを終了します。


また、RoleTailored クライアントがクラッシュします。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールした場合、またはその他のテクニカル ・ サポートのご質問がある場合、パートナーにお問い合わせくださいまたは場合は、マイクロソフトから直接サポート プランに登録すると、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡して新しいサポート要求を作成します。 これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

https://mbs.microsoft.com/support/newstart.aspxこれらのリンクを使用して、国の特定の電話番号を電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。 これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

パートナー

https://mbs.microsoft.com/partnersource/resources/support/supportinformation/Global+Support+Contactsお客様

https://mbs.microsoft.com/customersource/support/information/SupportInformation/global_support_contacts_eng.htmかかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。

この修正プログラムではない正式に公開された (つまり、この資料でこの修正プログラムの入手先の URL が設定されていません)、配布には、技術責任者、エスカレーション チームのメンバー、または管理者の承認が必要で、次の情報が適用されます。

  • 修正プログラムを受信するには、「現象」に記載されているバグが発生していること必要があるとします。

  • これを送信し、(service pack がリリースされた) 場合に使用可能になったら、次の service pack の提供は、顧客を追跡する必要があります。

この修正プログラムは、Microsoft Dynamics NAV 2009 のサービス パックに含まれる予定はありません。



Microsoft Dynamics NAV の修正プログラムを入手するか、ファイルを更新する方法

Microsoft Dynamics NAV の修正プログラムを要求すると後のハイパーリンクを電子メールに送信されます。


電子メールのハイパーリンクとパスワードが含まれます。ハイパーリンクを使用すると、Microsoft Dynamics NAV の修正プログラムまたは更新プログラムのファイルをダウンロードします。ハイパーリンクをクリックすると、ファイルのダウンロード-セキュリティ警告] ダイアログ ボックスが開きます。次に、実行、保存、またはダウンロードをキャンセルする求められます。


実行をクリックすると、ファイルはダウンロードし、抽出処理を開始します。新しいファイル用のフォルダーを指定し、パスワードを入力し、必要があります。


保存] をクリックする場合は、圧縮されたファイルを保存するパスを指定する必要があります。保存したファイルを開くと、ファイルのパスを指定するのには求められます。電子メールに記載されているパスワードを入力する必要があります。


[キャンセル] をクリックする場合、ダウンロード処理を停止します。



Microsoft Dynamics NAV の修正プログラムまたは更新プログラム ファイルをインストールする方法

Microsoft Dynamics NAV のプラットフォームの修正プログラムおよび更新可能に 1 つのファイルとなります。Microsoft Dynamics NAV の修正プログラムまたは更新プログラムをインストールするには、Microsoft Dynamics NAV のインストールで既存のファイルの修正プログラムまたは更新プログラムのファイルを置き換える必要があります。そのためには、以下の手順を実行します。

手順 1: Microsoft Dynamics NAV の従来のクライアントのインストールでファイルを置換します。

Microsoft Dynamics NAV の従来のクライアントのインストールでは、修正プログラムまたは更新プログラムのファイルを使用して、次のファイルを交換してください。

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Dbm.dll

6.0.31143.0

427,848

04-Jun-2010

15:34

x86

Fin.exe

6.0.31143.0

12,630,344

04-Jun-2010

15:39

x86

Finhlink.exe

6.0.31143.0

452,432

04-Jun-2010

15:39

x86

Finsql.exe

6.0.31143.0

12,752,208

04-Jun-2010

15:39

x86

Nc_netb.dll

6.0.31143.0

96,592

04-Jun-2010

15:34

x86

Nc_tcp.dll

6.0.31143.0

98,640

04-Jun-2010

15:34

x86

Nc_tcps.dll

6.0.31143.0

141,136

04-Jun-2010

15:34

x86

Ndbcs.dll

6.0.31143.0

1,350,480

04-Jun-2010

15:33

x86

Slave.exe

6.0.31143.0

152,400

04-Jun-2010

15:34

x86

Microsoft Dynamics NAV の既存のファイルを置き換えるには、次の手順を実行します。

  1. Microsoft Dynamics NAV の従来のクライアントを終了します。

  2. Microsoft Dynamics NAV の従来のクライアントのインストール ディレクトリを検索します。Microsoft Dynamics NAV のクラシック クライアントは通常、次のディレクトリにインストールされます。

    C:\Program ファイル Dynamics NAV\60\Classic

  3. ダウンロードしたファイルをコピーします。

  4. Microsoft Dynamics NAV の従来のクライアントのインストール ・ ディレクトリにダウンロードしたファイルを貼り付けます。

  5. はいディレクトリ内のファイルを上書きする] をクリックします。

手順 2: は、Microsoft Dynamics NAV RoleTailored クライアントのインストールでファイルを置き換える

Microsoft Dynamics NAV RoleTailored クライアントのインストールでは、修正プログラムまたは更新プログラムのファイルを使用して、次のファイルを交換してください。

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Microsoft.dynamics.framework.patterns.dll

1.3.10803.224

71,656

04-Jun-2010

06:30

x86

Microsoft.dynamics.framework.ui.dll

1.3.10803.224

698,328

04-Jun-2010

06:30

x86

Microsoft.dynamics.framework.ui.mapping.dll

1.3.10803.224

104,424

04-Jun-2010

06:30

x86

Microsoft.dynamics.framework.ui.navigation.dll

1.3.10803.224

34,800

04-Jun-2010

06:30

x86

Microsoft.dynamics.framework.ui.ux2006.dll

1.3.10803.224

88,040

04-Jun-2010

06:30

x86

Microsoft.dynamics.framework.ui.ux2006.winforms.dll

1.3.10803.224

63,480

04-Jun-2010

06:30

x86

Microsoft.dynamics.framework.ui.windows.dll

1.3.10803.224

83,944

04-Jun-2010

06:30

x86

Microsoft.dynamics.framework.ui.winforms.controls.dll

1.3.10803.224

2,115,584

04-Jun-2010

06:30

x86

Microsoft.dynamics.framework.ui.winforms.dll

1.3.10803.224

690,152

04-Jun-2010

06:30

x86

Microsoft.dynamics.nav.client.builder.dll

6.0.31143.0

198,544

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.dynamics.nav.client.exe

6.0.31143.0

149,376

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.dynamics.nav.client.interop.communicator.dll

1.0.559.183

75,688

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.dynamics.nav.client.serviceconnection.dll

6.0.31143.0

104,352

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.dynamics.nav.client.ui.dll

6.0.31143.0

509,824

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.dynamics.nav.client.winforms.dll

6.0.31143.0

337,808

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.dynamics.nav.client.winforms.tlb

該当なし

2,644

04-Jun-2010

12:06

該当なし

Microsoft.dynamics.nav.language.dll

6.0.31143.0

1,992,576

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.dynamics.nav.types.dll

6.0.31143.0

567,160

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.dynamics.nav.watson.dll

6.0.31143.0

42,880

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.office.interop.outlook.dll

10.0.4504.0

395,136

04-Jun-2010

15:34

x86

これらのファイルを置き換えるには、次の手順を実行します。

  1. Microsoft Dynamics NAV RoleTailored クライアントを終了します。

  2. Microsoft Dynamics NAV RoleTailored クライアントのインストール ディレクトリを検索します。Microsoft Dynamics NAV RoleTailored クライアントは通常、次のディレクトリにインストールされます。

    C:\Program ファイル Dynamics の NAV\60\RoleTailored クライアント

  3. ダウンロードしたファイルをコピーします。

  4. Microsoft Dynamics NAV RoleTailored クライアントのインストール ・ ディレクトリにダウンロードしたファイルを貼り付けます。

  5. はいディレクトリ内のファイルを上書きする] をクリックします。

手順 3: Microsoft Dynamics NAV のサーバーのインストールでファイルを交換します。

Microsoft Dynamics NAV のサーバーのインストールでは、修正プログラムまたは更新プログラムのファイルを使用して、次のファイルを交換してください。

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Httpcfg.exe

5.2.3790.0

22,352

04-Jun-2010

15:34

x86

Microsoft.dynamics.nav.language.dll

6.0.31143.0

1,992,576

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.dynamics.nav.ncl.dll

6.0.31143.0

608,120

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.dynamics.nav.server.exe

6.0.31143.0

141,184

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.dynamics.nav.service.dll

6.0.31143.0

145,280

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.dynamics.nav.service.runtime.dll

6.0.31143.0

75,664

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.dynamics.nav.service.webservices.dll

6.0.31143.0

145,304

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.dynamics.nav.types.dll

6.0.31143.0

567,160

04-Jun-2010

15:23

x86

Microsoft.dynamics.nav.watson.dll

6.0.31143.0

42,880

04-Jun-2010

15:23

x86

Nclcsrt.etx

該当なし

89,525

04-Jun-2010

08:28

該当なし

Nclcsrt.stx

該当なし

91,724

04-Jun-2010

08:28

該当なし

Nclcsrts.dll

6.0.31143.0

1,485,136

04-Jun-2010

15:34

x86

Ndbcs.dll

6.0.31143.0

1,350,480

04-Jun-2010

15:34

x86


これらのファイルを置き換えるには、次の手順を実行します。

  1. Microsoft Dynamics NAV のサーバーを停止します。

  2. Microsoft Dynamics NAV のサーバーのインストール ディレクトリを検索します。Microsoft Dynamics NAV のサーバーは通常、次のディレクトリにインストールされます。

    C:\Program ファイル Dynamics NAV\60\Service

  3. ダウンロードしたファイルをコピーします。

  4. Microsoft Dynamics NAV のサーバーのインストール ・ ディレクトリにダウンロードしたファイルを貼り付けます。

  5. はいディレクトリ内のファイルを上書きする] をクリックします。

  6. Microsoft Dynamics NAV のサーバーを起動します。

手順 4: Microsoft Dynamics NAV のアプリケーション サーバーのインストールでファイルを置換します。

インストールされている Microsoft Dynamics NAV のアプリケーション サーバーを使っている場合は、以下のファイルの修正プログラムを使用して、Microsoft Dynamics NAV のアプリケーション サーバーのインストールまたは更新プログラムのファイルを交換してください。

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Dbm.dll

6.0.31143.0

427,848

04-Jun-2010

15:33

x86

Nas.exe

6.0.31143.0

2,270,536

04-Jun-2010

15:34

x86

Nassql.exe

6.0.31143.0

2,368,848

04-Jun-2010

15:34

x86

Ndbcs.dll

6.0.31143.0

1,350,480

04-Jun-2010

15:34

x86

Slave.exe

6.0.31143.0

152,400

04-Jun-2010

15:33

x86

ファイルを置き換えるには、以下の手順を実行します。

  1. Microsoft Dynamics NAV のアプリケーション サーバーを停止します。

  2. Microsoft Dynamics NAV のアプリケーション サーバーのインストール ディレクトリを検索します。Microsoft Dynamics NAV のアプリケーション ・ サーバは通常、次のディレクトリにインストールされます。

    C:\Program ファイル Dynamics の NAV\60\Application サーバー

  3. ダウンロードしたファイルをコピーします。

  4. Microsoft Dynamics NAV のアプリケーション サーバーのインストール ・ ディレクトリにダウンロードしたファイルを貼り付けます。

  5. はいディレクトリ内のファイルを上書きする] をクリックします。

  6. Microsoft Dynamics NAV のアプリケーション サーバーを起動します。

必要条件

Microsoft Dynamics NAV 2009 Service Pack 1 インストールこの修正プログラムを適用する必要があります。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されている マイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

この問題が発生した場合、アプリケーション ログには、次のエラー メッセージが含まれています。

Microsoft.Dynamics.Nav.Client.NavClientClosingException メッセージを入力します:: サーバーへの接続が失われました。アプリケーションを終了します。スタック トレース: で Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ExceptionHandler.DoExecute (Func'1 を実行) で、System.Windows.Forms.UnsafeNativeMethods.DispatchMessageW (メッセージおよびメッセージ) で、System.Windows.Forms.NativeWindow.Callback (IntPtr hWnd、Int32 メッセージ、IntPtr wparam、IntPtr lparam) で System.Windows.Forms.Control.ControlNativeWindow.OnThreadException (例外 e) で System.Windows.Forms.Control.WndProcException (例外 e) で System.Windows.Forms.Application.ThreadContext.OnThreadException (例外 t) で、Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ExceptionHandler.Application_ThreadException (オブジェクトの送信者、ThreadExceptionEventArgs e) で Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ExceptionHandler.DoRethrowWithCatchException (例外は例外) でMicrosoft.Dynamics.Nav.Client.ExceptionHandler.ExecuteAndCatchExceptions で Microsoft.Dynamics.Nav.Client.WinClient.RunCore() で System.Windows.Forms.Application.Run (ApplicationContext コンテキスト) で、System.Windows.Forms.Application.ThreadContext.RunMessageLoop (int32 型のため、ApplicationContext コンテキスト) で、System.Windows.Forms.Application.ThreadContext.RunMessageLoopInner (int32 型のため、ApplicationContext コンテキスト) で、System.Windows.Forms.Application.ComponentManager.System.Windows.Forms.UnsafeNativeMethods.IMsoComponentManager.FPushMessageLoop (int32 型の dwComponentID、int32 型のため、int32 型の pvLoopData) (Func'1 を実行) Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ExceptionHandler.DoExecute で (Func'1 を実行) Microsoft.Dynamics.Nav.Client.WinClient.Run() ソース: Microsoft.Dynamics.Nav.Client

---------------------
Microsoft.Dynamics.Nav.Types.NavConnectionLostException メッセージを入力します:: サーバーへの接続が失われました。アプリケーションを終了します。スタック トレース: で
Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ExceptionHandler <> c_DisplayClass2。 < DoRethrowWithCatchException > b_0()。
Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ExceptionHandler.ExecuteAndCatchExceptions に (1' の関数を実行)
ソース: Microsoft.Dynamics.Nav.Client
----------------------
Microsoft.Dynamics.Nav.Types.NavConnectionLostException メッセージを入力します:: サーバーへの接続が失われました。アプリケーションを終了します。スタック トレース: Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ConnectionStateManager.HandleCommunicationFailure[T に] (CallServerMethod'1 callServerMethod、例外 e、int32 型の messageNumber 文字列のセッション Id) Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ConnectionStateManager.CallServer[T に] (CallServerMethod'1 callServerMethod) Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ServerInvocationHandler.CallServer[T に] (CallServerMethod'1 callServerMethod) Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ServiceConnectionBase.CallServer[T に] (CallServerMethod'1 callServerMethod) が Microsoft.Dynamics.Nav.Client.Actions.InvokePageTriggerAction.InvokeTrigger (Microsoft.Dynamics.Nav.Client.DataBinder.NstDataAccess.ActionMethod (文字列のトリガー) で、Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ServiceConnection.ActionField (NavRecordState と状態、NavDataSet recDataSet、controlTriggerMethodName の文字列) でLogicalControl logicalControl、UISession uiSession) で Microsoft.Dynamics.Framework.UI.Windows.ActionControlAdapterBase.DefaultInvokeAction (LogicalControlAdapter ・ アダプター) で、Microsoft.Dynamics.Framework.UI.Windows.ActionControlAdapterBase.DefaultInvokeAction (LogicalControlAdapter アダプター、ActionControl actionControl) で Microsoft.Dynamics.Framework.UI.ActionControl.Invoke() での Microsoft.Dynamics.Framework.UI.Action.DoInvoke (LogicalControl logicalControl、UISession uiSession) で、Microsoft.Dynamics.Framework.UI.Action.InvokeCoreWithErrorHandling (ブール型の非同期、LogicalControl logicalControl、オブジェクトの状態、UISession uiSession) で、Microsoft.Dynamics.Nav.Client.Actions.InvokePageTriggerAction.InvokeCore (ブール型の非同期、LogicalControl logicalControl、オブジェクトの状態、UISession uiSession) でMicrosoft.Dynamics.Framework.UI.Windows.ActionControlAdapterBase.OnInvoke()
Microsoft.Dynamics.Framework.UI.WinForms.ActionPaneActionControlAdapter < InitializeNativeControl > b_0 (オブジェクトの送信者、EventArgs e)。
Microsoft.Dynamics.Framework.UI.WinForms.Controls.ActionItem.OnButtonClick() System.Windows.Forms.NativeWindow.Callback(IntPtr hWnd, Int32 msg, IntPtr wparam, IntPtr lparam) ソースで、System.Windows.Forms.Control.ControlNativeWindow.WndProc (メッセージ & m) で、System.Windows.Forms.Control.ControlNativeWindow.OnMessage (メッセージ & m) で、System.Windows.Forms.Control.WndProc (メッセージ & m) で、System.Windows.Forms.Control.WmMouseUp (メッセージ & m、MouseButtons ボタン、int32 型のクリック) で Microsoft.Dynamics.Framework.UI.WinForms.Controls.ActionButton.OnMouseUp (MouseEventArgs e) である: Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ServiceConnection

-----------------------
タイプ: System.ServiceModel.FaultException
アクション:
http://schemas.microsoft.com/net/2005/12/windowscommunicationfoundation/dispatcher/fault
メッセージ: サーバーは内部エラーのため要求を処理できませんでした。 エラーに関する詳細については、いずれかの例外情報をクライアントに送信または Microsoft.NET Framework 3.0 SDK のマニュアルに従ってトレースを有効にしてサーバーのトレース ログを検査するためにサーバーで有効にする IncludeExceptionDetailInFaults (または ServiceBehaviorAttribute から < serviceDebug > の構成の動作から)。
スタック トレース: サーバー スタック トレース: System.ServiceModel.Channels.ServiceChannel.HandleReply で、System.ServiceModel.Channels.ServiceChannel.ThrowIfFaultUnderstood (メッセージの返信、MessageFault の障害、文字列操作、MessageVersion バージョン、FaultConverter faultConverter) で (ProxyOperationRuntime 操作、ProxyRpc & rpc) System.ServiceModel.Channels.ServiceChannel.Call で (アクション、ブール型の一方向、ProxyOperationRuntime 操作、オブジェクトの文字列をオブジェクトのアウト、TimeSpan タイムアウト) System.ServiceModel.Channels.ServiceChannel.Call で (アクション、ブール型の一方向、ProxyOperationRuntime 操作、オブジェクトの文字列 ins は、オブジェクトのアウト) System.ServiceModel.Channels.ServiceChannelProxy.Invoke (IMessage メッセージ) で、System.ServiceModel.Channels.ServiceChannelProxy.InvokeService (IMethodCallMessage 解凍、ProxyOperationRuntime 操作) で


[0] に再スローされる例外。
System.Runtime.Remoting.Proxies.RealProxy.HandleReturnMessage (IMessage reqMsg、IMessage retMsg) で Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ServiceConnection の Microsoft.Dynamics.Nav.Types.INavService.ActionField (FieldRequest fieldRequest、NavRecordState dataSetState) で、System.Runtime.Remoting.Proxies.RealProxy.PrivateInvoke (MessageData と msgData、Int32 型) であります。<> c_DisplayClass46 < ActionField > b_45()。
System.Runtime.Remoting.Messaging.StackBuilderSink.PrivateProcessMessage (RuntimeMethodHandle md、オブジェクトの引数、オブジェクト サーバー、int32 型の methodPtr、ブール型の fExecuteInContext、object[] & outArgs) で、System.Runtime.Remoting.Messaging.StackBuilderSink._PrivateProcessMessage (IntPtr md、オブジェクトの引数、オブジェクト サーバー、int32 型の methodPtr、ブール型の fExecuteInContext、object[] & outArgs) で Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ServerCallContext'1.InvokeCall (オブジェクトのインスタンス) に
System.Runtime.Remoting.Messaging.StackBuilderSink.AsyncProcessMessage (IMessage メッセージ、IMessageSink replySink) で
[1] に再スローされる例外。
System.Runtime.Remoting.Proxies.RealProxy.EndInvokeHelper (メッセージの reqMsg、ブール値の bProxyCase) System.Runtime.Remoting.Proxies.RemotingProxy.Invoke (オブジェクトの使用されていません、MessageData および msgData) を Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ServerInvocationManager.CallServer[T に System.Threading.WaitCallback.EndInvoke (IAsyncResult 結果) である] にある (CallServerMethod'1 callServerMethod) Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ServerInvocationHandler.CallServer[T に] (CallServerMethod'1 callServerMethod) Microsoft.Dynamics.Nav.Client.ConnectionStateManager.CallServer[T に] (CallServerMethod'1 callServerMethod) ソース: mscorlib


詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/events.asp のヘルプとサポート センターを参照してください。

注 これは、マイクロソフト サポートの組織内から直接作成した「高速公開」の資料です。ここに含まれる情報は、新たに発生している問題に応じて現状のまま提供されています。速やかに利用できるようにした結果として、内容には誤植が含まれている可能性があり、事前告知なしで改訂する場合があります。その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

作成者: johane
ライター: v ・ jozhen
Tech Reviewer: johane
エディター:

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×