RxDTree オブジェクトからルールを抽出する方法

RxDTree オブジェクト内のルールを印刷するための直接の関数はありませんが、最初オブジェクトを変換する rxDTree と同じ rpart オブジェクトとのおもちゃのパッケージから asRules() を呼び出すことによってルールを抽出することができます。

例:

library(rattle)set.seed(1234) 
# classification 
iris.sub <- c(sample(1:50, 25), sample(51:100, 25), sample(101:150, 25)) 
iris.dtree <- rxDTree(Species ~ Sepal.Length + Sepal.Width + Petal.Length + Petal.Width,  data = iris[iris.sub, ]) 
iris.dtree 
asRules(as.rpart(iris.dtree))

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×