概要

この資料では、2011 年 10 月 25 日は日にリリースされた Microsoft SharePoint Server 2010 の修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • プロパティの一意の値ごとにフォルダーを自動作成機能が有効になっていると仮定します。このような場合は、コンテンツ オーガナイザーを使用してドキュメントをアップロードすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    このページのセキュリティ検証が有効ではありません。Web ブラウザーの [戻る] をクリックし、ページを更新、操作をやり直してください。


  • 設定情報管理ポリシーを持つドキュメント ライブラリを構成するとします。この動作が原因で例外をスローするサイト テンプレートです。

  • 次のような状況を考えます。

    • ドキュメント ライブラリを作成するとします。

    • ボックスの承認ワークフローを追加するとします。

    • このワークフローを開始する保持ポリシーを定義するとします。

    このシナリオでは、ワークフローは、開始に失敗します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    強制型変換に失敗しました: の入力をこの型の強制変換の場合、null にすることはできません。

  • この修正プログラムを有効にするには、次の手順を実行します。

    1. SharePoint 2010 管理シェルを起動します。

    2. 次のコマンドを実行します。

      $webApplication = Get-SPWebApplication http://<SiteName>
      $webApplication.Properties["PolicyUseAssocDataAsInitData"] = 'true'
      $webApplication.Update()

      注 プロパティを設定する対象の web アプリケーションでは、修正プログラムが有効です。


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×