SharePoint Server 2010 の修正プログラム パッケージ (osrchwfe x none.msp): 2010 年 8 月 31 日

概要

この資料では、2010 年 8 月 31 日の日付は、SharePoint Server 2010 の修正プログラム パッケージで修正される Microsoft SharePoint Server 2010 の問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 以下の事例で説明します。中国語デュアル検索 web パーツを使用すると、ドキュメント ライブラリの検索機能を使用して検索を実行して、検索結果を表示します。このシナリオでは、リンクをクリックするか、リンク上にマウス ポインターを移動すると、JavaScript がトリガーされます。

  • NOINDEXメタ タグとタグが付けられた HTML ドキュメントをクロールするときに HTML ドキュメントを高速コネクタと SharePoint の検索サーバーのコネクタの間で異なる方法でインプリメントします。

  • マイクロソフト検索サーバー 2010 高速でセキュリティで保護されたストア サービスを管理しようとすると、ページ上の次のエラー メッセージが表示されます。

    この製品の試用期間の有効期限が切れています。

  • 以下の事例で説明します。既定では、SharePoint Server 2010 サーバーには、60 日間の変更ログを保持するポリシーが含まれています。SharePoint Server 2010 サイトから外部リストをオフラインを実行します。このシナリオでは、変更ログの最初の操作はポリシーによって削除されます。変更ログに SharePoint サーバーが、クライアントのインストール パッケージを再構築するかどうかを判断できません。したがって、60 日後に再度オフライン リストを使用できません。

  • 以下の事例で説明します。内部ドメインに Microsoft SQL Server データベースがあります。Web フロント エンドが配置されている外部ドメインからデータベースに接続するには、SQL 認証を使用します。このシナリオでは、検索サービス アプリケーションを構成することはできません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    "SPEnterpriseSearchServiceApplication で新しい: 検索アプリケーションを作成するときにデータベースの例外が発生しました: Windows NT ユーザーまたはグループ 'SPDomain\search.account' が見つかりませんでした。名前を再確認します。」

詳細

修正プログラムの情報


サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×