SharePoint Server 2010 の修正プログラム パッケージ (Wss x none.msp): 2013 年 10 月 8 日

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

概要

この資料では、2013 年 10 月 8 日は日にリリースされた Microsoft SharePoint Server 2010 の修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • SharePoint Server 2010 サイト内の添付ファイルが含まれているリスト項目を使用するいると仮定します。リスト アイテムを削除すると、ストレージの評価尺度のページはサイズの変更を更新しません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 893747 (Office14)

  • 次のような状況を考えます。

    • 夏時間 (DST) を使用する SharePoint Server 2010 で、[予定表] ボックスの一覧があります。

    • 予定表] ボックスの一覧では、メールが有効な。

    • 予定表リストに、DST の移行を含む定期的な会議出席依頼を送信するとします。

    • 予定表] ボックスの一覧で、新しい会議アイテムが作成されます。

    このシナリオでは、終了時刻は 1 時間後 (1 時間前) より元の会議出席依頼します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 893806 (Office14)

  • によってリソースの内訳構造 (RBS) Microsoft Project Server 2010 サイト上にグループ化されたリソースを表示しようとするとの試みが失敗した場合、次のエラー メッセージが表示されます。

    読み込み中にエラーが発生しました。クリックして再試行してください.


    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 894191 (Office14)

  • SharePoint Server 2010 において、ディスカッション掲示板に件名が".com"で終了する電子メール メッセージを送信するときに、電子メール メッセージは新しいディスカッションとしては追加されません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 894209 (Office14)

  • SharePoint Server 2010 のホーム ページでは、既定投稿の Web パーツにはが含まれているブログ サイトを使用するいると仮定します。ホーム ページに新しい投稿の Web パーツを追加すると、特定の投稿のタイトルが正しく表示されません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 894223 (Office14)

  • SharePoint Server 2010 サイトの外部リストがあることを想定しています。折りたたみオプションが有効になるビューを適用しようとすると、一覧の項目が期待どおりにない折りたたまれます。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 894489 (Office14)

  • 500 以上の定期的なイベントは、SharePoint Server 2010 サイト上の予定表リストに追加できません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 894503 (Office14)

  • キーボードを使用して SharePoint Server 2010 サイトを参照することを想定しています。[設定] ページでアイテムの編集に移動し、Enter キーを押して、キーボード フォーカスは、新しく開かれた個人設定の編集] ダイアログ ボックスに変更するのではなく元のページに残っています。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 894556 (Office14)

  • キーボードを使用して SharePoint Server 2010 サイトを参照することを想定しています。アクセス権の要求に選択範囲を移動し、Enter キーを押して、キーボード フォーカスは、新しく開かれたアクセス権の要求] ダイアログ ボックスを変更するのではなく元のページに残っています。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 894568 (Office14)

  • 次のような状況を考えます。

    • SharePoint Server 2010 のドキュメント ライブラリがあります。

    • [ドキュメント ライブラリ設定>バージョン管理設定ドキュメントを編集する前にチェック アウトを必要としてメジャーとマイナー (下書き) バージョンのオプションを有効にしました。

    このシナリオでは、ブラウザーで Office オンラインを使用してドキュメントを編集するときに、リボンの [保存] ボタンをクリックするともドキュメントをチェックインが予期せずします。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 894589 (Office14)

  • Windows のナレーターなど、支援技術ツールとキーボードを使用して SharePoint Server 2010 サイトを参照することを想定しています。"H"または「Shift + H」は、キーボード ショートカットを使用して、ディスカッションの件名に移動することはできませんチーム ディスカッションのディスカッション アイテムを参照すると、

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 894660 (Office14)

  • 次のような状況を考えます。

    • 会議のあるワークスペース サイトが 2 つまたは複数のドキュメント ライブラリが含まれています。

    • 各ドキュメント ライブラリには、1 つのフォルダーが含まれています。

    • サイトのメイン ページの場合は、各ドキュメント ライブラリの 2 つまたは複数の Web パーツがあります。

    • Web パーツのいずれかのフォルダーを開きます。

    このシナリオで、他のドキュメント ライブラリの web パーツ内のフォルダーを開くときに元の web パーツ内のフォルダーは閉じられますが予期せず。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 894749 (Office14)

  • SharePoint Server 2010 サイトのリストにワークフローがあることを想定しています。タスクの進捗状況サイト内の列を編集すると、ワークフローは、作業を停止します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 894969 (Office14)

  • SharePoint Server 2010 サイトのリスト ビューのしきい値よりも他のアイテムを含むリストを使用するいると仮定します。リストのビュー内の列にフィルターを適用するとします。フィルターを解除しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    フィルターの値を表示することはできません。フィールドをフィルター処理できない場合があります。 または返された項目の数は、管理者によって適用されるリスト ビューのしきい値を超えています。


    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 895030 (Office14)

  • 次のような状況を考えます。

    • ワークフローを含む SharePoint Server 2010 サイトがあります。

    • サイトをサイト テンプレートとして保存するとします。

    • 新しいサイトを作成するには、サイト テンプレートを使用します。

    このシナリオでは、いくつかのワークフローの設定が不足している可能性があります。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 895078 (Office14)

  • LINQ クエリを使用してリスト データを表示する SharePoint Server 2010 サイトを使用するいると仮定します。2 人のユーザーが同時にサイトにアクセスしようとすると、サイトのページが正しく表示されない可能性があります。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 895195 (Office14)

  • SharePoint Server 2010 のデータベースに対応するstsadm-o databaserepairコマンドを実行すると、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。

    主キー違反が発生します。


    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 895256 (Office14)

  • ListData.svc を使用して SharePoint Server 2010 リストのクエリを実行しようとすると、結果が正しくない場合があります。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 895425 (Office14)


詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみこの修正プログラムを適用します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×