目次
×

説明 4 の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド番号: 12.0.5540.0) Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 2 (SP2) のです。 修正する SQL Server の 2014 SP2 のリリース以降後にリリースされたこの更新プログラムが含まれます。

累積的な更新プログラム

累積的な更新プログラム (CU) は、Microsoft ダウンロード Center.Only、最新の CU 2014 SP2 の SQL Server 用にリリースされたが利用可能なダウンロード センター」にします。

  • 最新の CU には、インストール済みの SQL Server バージョン/Service Pack 用に前回の CU に含められていた修正プログラムがすべて含まれます。

  • 予防措置として、CU のリリースごとに継続的にインストールすることをお勧めします。

    • SQL Server CU は Service Pack と同じレベルに認証されるため、同じ信頼レベルでインストールする必要があります。

    • 過去のデータは、リリース済みの CU で既に解決されている問題が多数のサポート ケースで扱われていることを物語っています。

    • CU には、修正プログラムの他に 付加的な機能 (サポータビリティ、管理性、信頼性の更新ファイルなど) が含まれることもあります。

  • SQL Server Service Pack の場合と同様に、CU を実稼働環境に展開する前に CU をテストすることをお勧めします。

  • 2014 の SQL Server の最新のサービス パックには、SQL Server のインストールをアップグレードすることをお勧めします。

この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法

以下の更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。

2014 SP2 の Microsoft SQL Server の最新の累積的な更新パッケージを今すぐダウンロードします。ダウンロード ページが表示されない場合マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。注:2014 SP2 の SQL Server の将来の累積的な更新プログラムがリリースされた後この CU をあるし、 Microsoft Windows Update カタログからダウンロードできます。 ただし、マイクロソフトは、最新累積的な更新プログラムをインストールすることを推奨します。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれる追加の修正プログラム

VSTS バグ番号

サポート技術情報番号

説明

修正領域

状態

9237344

3205935

2014 年の SQL Server の修正プログラム: エラー RPC からテーブル値パラメーターを受け取るストアド プロシージャを実行すると 2809 を呼び出します

SQL パフォーマンス

9237310

3067968

修正: メモリはページ アウト columnstore インデックス クエリが大量の 2014 年の SQL Server のメモリを使用する場合

SQL サービス

9290829

4010162

修正: システム アサートが発生する、Transact SQL に格納されている場合は、TVP 引数を持つプロシージャは、SQLCLR プロシージャから呼び出されます。

SQL サービス

9097478

3212318

データベースが変更履歴の記録の一部ではこれまでの場合、部分的包含するデータベースを設定できません。

SQL サービス

9237297

3030352

修正: 表の変更は、注文が間違って更新された行の Microsoft SQL Server 2012 または 2014年データベースの変更データ キャプチャを有効にした後

SQL サービス

9222228

4010344

FIX、sp_msx_enlist が格納されている手順が失敗したサーバー名が長すぎる場合、SQL Server の 2014 年のマスター サーバーに対象サーバーを登録するのには

管理ツール

9237320

3208244

SQL Server 2014 AlwaysOn 可用性グループの読み取り可能なセカンダリ レプリカでクエリを実行するときの FIX: アクセス違反

SQL パフォーマンス

9367820

3045321

SQL Server 2012 サービス パック 2 の GDR のセキュリティ更新プログラムの MS15-058: 説明: 2015 年 7 月 14 日

Reporting Services

9367851

3206912

修正: 資格情報の設定が失われる PowerPivot ブックのデータ更新のスケジュールを設定するとき

Analysis Services

9368260

3211304

修正: エラーが含まれるプライマリ レプリカ上で DBCC CHECKDB を実行すると 5262 が SQL Server 2012 または 2014 内のデータ ページを修復します。

高可用性

9288607

3213703

修正: 常にセカンダリ レプリカが切断状態に入ります

高可用性

9237360

3208179

FIX MDX クエリ エラーが返されます 2014 分析サービスの SQL Server では 256 よりも大きい場合は MaxRolapOrConditions の値

Analysis Services

8850850

3159748

FIX は、2016 の SQL Server または 2014 内のミラー サーバーにフェールオーバーした後、名前付きインスタンスに接続できません。

SQL 接続

9295434

3212214

FIX は、インプレース アップグレード インスタンスの SQL Server で DBCC CLONEDATABASE コマンドを実行するのには失敗します。

SQL サービス

9237315

3196877

修正: インクリメンタルの統計情報を使用して実行より正規の統計情報のサンプル レートが高い統計が作成または、SQL Server の 2014 年の更新時

SQL パフォーマンス

9237338

3208245

2014 年の SQL Server の検索条件内では変数を使用する場合に不適切なクエリの結果を修正:

SQL パフォーマンス

9006268

4010500

修正: Sys.dm_tran_commit_table DMV と CHANGETABLE 関数誤った結果を返す場合は、SQL Server が予期せずシャット ダウン

SQL サービス

9227284

4010159

修正:「呼び出し sqlcmd"コマンドレット クエリ ステートメントを複数回実行 2014 年の SQL Server のエラーが発生した場合

管理ツール

9367816

3212193

FIX は、レポート ビルダーまたは SQL Server データ ツールのパラメーターを変更した後、SSRS レポートに保存できません。

Reporting Services

9367860

3025408

FIX: アクセス違反が発生を実行し、SSAS のパーティションで個別のカウント クエリのキャンセル

Analysis Services

9367825

3213240

修正: データ型を変更して、4,000 人以上のレコードを持つテーブルを更新すると、データベースの破損

SQL サービス

8981327

4009839

FIX MDX クエリ結果を返しますが正しくない SSAS 2014 表形式モードで

Analysis Services

9237349

3209442

2014 MDM の SQL Server レポートに「いいえデータ使用可能な」SQL Server のメモリ使用量のページを修正します。

管理ツール

9316686

4010710

修正: メモリ リークが発生しないための十分なアクセス許可がある 2014 年の SQL Server のクエリを実行するとき

SQL セキュリティ

9325579

4010990

修正: 多くのデータベースが含まれている 2014 を SQL Server のインスタンスに修正プログラムをインストールすると SQL Server が停止しました

セットアップとインストール

この更新プログラムについての注記

ハイブリッド環境への展開

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、およびミラー化) などのハイブリッド環境に修正プログラムを配置するときは、修正プログラムを展開する前に次の資料を参照することお勧めします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×