Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

概要

SQL Server 2016 の新しい Referential Integrity Operator における自己参照制約のサポートを追加する更新プログラムを入手できます。

詳細

この更新プログラムは、SQL Server 2016 の Service Pack 1 に含まれています。

注: SQL Server 2016 では、(互換性レベル 130 に) 新しい Referential Integrity Operator が導入されました。これにより、特定のテーブルの主キーまたは一意キーへの外部キー参照 (着信参照) を持つ他のテーブルの数に対する制限が 253 から 10,000 に引き上げられます。この新しいクエリ実行演算子は、変更された行と参照元テーブルの行を比較することで、参照整合性チェックを一括で実行します。この実行により、変更によって参照整合性が壊れないことを確認します。この結果、このようなプランのコンパイル時間が非常に短くなるのに対し、同程度の実行時間が維持されます。この更新プログラムを適用すると、新しい Referential Integrity Operator は自己参照制約もサポートします。

SQL Server 2016 の新しいビルドには、以前のビルドに含まれていたすべての修正プログラムおよびセキュリティ修正プログラムが含まれています。SQL Server 2016 の最新ビルドをインストールすることをお勧めします。


関連情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×