SQL Server 2016 以降でユーザー構成ファイルを適用すると、App-V Server の公開が失敗する可能性がある

概要

仮想アプリケーション パッケージには、パッケージのすべてのコア情報と既定の設定を提供するマニフェストが含まれています。 特定のユーザーまたはグループに対してこれらの既定の設定を調整する場合は、ユーザー構成ファイル (UserConfig) を作成および編集できます。 UserConfig ファイルを使用すると、パッケージのカスタム設定を指定または変更できます。 これらの設定は、App-V クライアントを実行しているコンピューターにパッケージが展開されるときに、特定のユーザーに適用されます。

現象

SQL Server 2016 以降でのデータ型の処理方法の変更により、App-V 管理コンソールを介した UserConfig ファイルを持つ仮想アプリケーション パッケージの公開が失敗する可能性があります。  この変更の詳細については、KB4010261 を参照してください。  この問題があるパッケージには、タイムスタンプに「2019-12-30T14:41:57.7433333」などのミリ秒の 7 桁の数字が含まれます。  正常に公開される可能性が高いパッケージには、タイムスタンプに「2019-12-30T14:41:50.58」などのミリ秒の 2 桁の数字が含まれます。

この問題が発生すると、詳細ログで次のエラーが表示される場合があります。

5756 [7]14D4.4320::12/10/19-08:28:34.9973489 [Microsoft.Windows.AppMan.AppV] LOGLEVEL=1, MESSAGE=Catalog: Failed to set the last modification time on policy file 'C:\Users\sgern\AppData\Roaming\Microsoft\AppV\Client\Catalog\Packages\{1D45F06B-874D-4A85-86EF-2330B430E47D}\{DB5DE6F6-15E8-4932-A7CF-2DA12EA5B068}\DynamicConfiguration.xml. Error code: 0x0FD0A725-00000057, FUNCTION=AppV::Client::Catalog::DocumentStoreImpl::SavePolicyDocumentToFile, LINENO=1078, UTCReplace_AppSessionGuid=true

エラー 0x0FD0A725-00000057 は Windows から戻ってきており、「間違ったパラメーター」を意味します

回避策

この問題を軽減するには、次のいずれかを実行する必要があります。

  • PowerShell を使用してパッケージを公開する。

  • データベースの互換性レベルを 130 未満に変更する。

  • タイムスタンプに使用される列のデータ型を変更する。

タイムスタンプに使用される列のデータ型を変更するためのスクリプトの例は以下にあります。  注: ご使用の環境に合わせて、スクリプト内の DB 名を調整する必要があります。 重要: スクリプトを実行する前に、DB のバックアップを作成することをお勧めします。

USE  AppVManagement
GO
ALTER TABLE dbo.PackageEntitlements ALTER column UserConfigurationTimestamp datetime2(3)
GO
ALTER TABLE dbo.PackageVersions ALTER column TimeAdded datetime2(3)
GO
ALTER TABLE dbo.PackageVersions ALTER column TimeChanged datetime2(3)
GO
ALTER TABLE dbo.PackageVersions ALTER column TimeEnabled datetime2(3)
GO
ALTER TABLE dbo.PublishingServers ALTER column LastPublishingAttempt datetime2(3)
GO


注: PowerShell を使用して仮想アプリケーション パッケージを公開する場合、この問題は発生しません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×